忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    西新宿のセンチュリーハイアットホテルのレストラン、「カフェ」って名前のオールデイダイニングなんだけれども、週末だけバフェをやってて、そこで昼。



    ココ10年で「バフェ」って業態は数もバリエーションも豊富になった。
    食べ放題やオーダーバイキングとかっていうのまでバフェの定義を広げていけば相当な数のお店が現在、ボクらの周りには存在している。
    バフェというのは「究極の明朗会計」…、だから人の気持ちが価格に対して厳しい時代や環境でうれしいサービスとして受け入れられたりするのでしょうネ。
    ただ、そういうお店が増えれば当然、競合も激しくなって特徴のない店だったり値頃感を感じぬお店はなくなっていく。



    最近の傾向をみてると「なんでもあるバフェ」は苦労していて、特定のテーマに合わせて適度に料理を絞り込んでいるお店に人気が集まる傾向があったりする。
    例えば和食だけのバフェとか、パスタにテーマをしぼった店とか。
    そこに「出来たて」「作りたて」っていう要素があれば、なおよしっていう感じかなぁ…、でもって今日のこのお店。
    イタリア料理を基本にし、肉をたのしむっていうのがテーマのバフェづくり。
    店舗の真ん中にライブキッチンが設えられてそこをぐるりと囲むようにカウンターが造られている。
    サラダ野菜も沢山あるなか、イタリア的なる前菜料理が色鮮やかに用意されてて気持ちがあがる…、お皿に盛る手にも力がはいるというものざんす。

    カボチャのマリネにカプレーゼ、白いんげんのサラダがあるのがウレシクて、それからサラミやボロニアハムと肉がふんだん…、お腹が次の準備をします。



    生の野菜ばかりでなくてグリル野菜や茹でた野菜も多彩でたのしく、特に今はとうもろこしの季節であります…、手づかみしながらシャクシャク食べる。
    それからパスタ。
    手打ちの自家製半生麺を使って目の前で作ってくれる。
    からすみパスタやキノコをくわえたペペロンチーニ…、バッサリとして硬質なパスタの食感がたのしくて、いろんなソースや具材であれこれ作ってもらいたくなってしまう。
    大きなパルミジャーノの塊をカンナで削いだように削ったモノが用意されてて、それをタップリ、ラザニアにかけ贅沢味にして食べる。

    そしてここのメインの料理…、ローストビーフ。



    脂控えめで赤身のきれいな塊肉を、見事なロゼに仕上げたものを、見事な手際で削いでくれるのだけど、ほのかな酸味が肉の旨みをひきしめる。
    丁寧に作られたグレービーソースとホースラディッシュを添えて味わう、典型的なる英国的なローストビーフ。
    最初は薄切り…、口の中でハラっと歯切れてグレービーでシットリとした食感となる英国式を味わって、それから二枚目。
    分厚く切っていただけませんか…、とお願いをしてもらったゴチソウ。
    肉のジュースが口にみなぎり、クチャっと歯茎を撫で回す、色っぽさすら感じる肉肉しさにウットリします。



    あまりに肉がおいしくて、それでちょっと一工夫。
    カレーがあった…、ホタテやイカにエビがタップリ入ったホテルメイドの上等作りのカレーでそれをソースに見立てたローストビーフカレーを作る。
    分厚いローストビーフを一口大に切り分けて、サフランライスの横に添えカレーをとろんとかけまわし、食べると、あああああ!
    ココロの中で叫び声あげ、ウットリしながら手は止まらない。
    これが今日のメインディッシュと呼んでもいいなぁ…、と思ってニッコリ。
    バフェという場所…、イマジネーションを発揮させつつクリエーションの労をいとわずたのしめば、こんな料理を作り出すこともできる場所なり…、オモシロイ。



    そしてデザート。
    みつけてしまうと絶対手を出すシュークリームにエッグタルト、ケーキをいくつかにアイスクリーム。
    いやはや、これらもキチンとおいしい。
    夏のデザートというコトで韓国風のパッピンス…、あずきをのせたかき氷がありそれでシャキッとお腹の中をひきしめた。

    それにしてもこのお店…、テーブルを立ち上がる度に使ったナイフやフォークを新しいのに交換してくれているのですネ。
    飲み物もドリンクバーじゃなくってお店の人にお願いをして持ってきてもらうシステム…、セルフサービスではあるけれど大切なところのサービスは端折ることなく働く人とお客様とのコミュニケーションをしっかりととる。
    ステキだなぁ…、って思います。
    料理も良くて、おいしくないものがなにひとつない…、かなりオキニイリなバフェであります、また来よう。


    関連ランキング:イタリアン | 都庁前駅西新宿駅西新宿五丁目駅

    拍手[1回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    喜怒哀楽 HOME 午前中
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]