忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さぁさ、夜を軽呑みします。

    46531b4f.jpeg夕刻の仕事が少々、気持ちささくれ立つようなヘビーな仕事でござりまして。
    それでちょっと飲みたくなった。
    沢山、飲むわけではございませんで、こった気持ちをほぐす程度。

    筋肉痛や肩こりは、血行不良で血が滞るコトが原因。
    だから軽い運動やお風呂に入って体をほぐすと、楽になる。
    ココロのコリはゴキゲン不足がおこす症状。
    おいしいモノやたのしい会話でココロをほぐすと楽になる。
    それで居酒屋。
    「紅とん」にくる。

    小さなお店。
    宴会場がなく、個室も無し。
    客席の中に高い仕切りもなくてだから、他の人達の飲んでる姿や雰囲気を共有しながら飲むお店。
    こうしたお店って、ゴキゲンな人たちがゴキゲンな人を呼ぶ。
    飲んだくれてる人もいないし、愚痴っぽく湿った酒を飲んでる人もほとんどない。
    だから今日みたいな日にはとてもウレシイ、アリガタイ。
    気のきく馴染みの女性スタッフが、「いらっしゃいませ、お疲れ様でした」って笑顔でボクを出迎える。
    この子が持ってくる料理って、不思議とおいしく感じるのです。
    厨房の中から料理がでてくるカウンターの前に陣取り、いただきますといたします。
    31b24aef.jpegいつもの料理をあれやこれやと、えらんでたのむ。
    赤ウィンナーを串にさし、油で素揚げにしたモノに、ケチャップそれからマスタード。
    実はメニューがちょっと変わった。
    品揃えが変わっただけじゃなくて料理の作り方、提供仕方がちょっと変わってちょっと前までウィンナ蛸さん状だった、これが普通の串刺しウィンナーになっていた…、味は変わらず、まぁ、それはそれ。
    たのんでから豆腐を揚げてつくる厚揚、それから鶏のささ身串。
    どちらも来るたびたのむモノ…、サクサクとした豆腐の表面、ムッチリとしたレアなササミとどちらも食感独特で、それでかなりのオキニイリ。

    340ea0a4.jpegメニューが変わって、いくつか新商品がやってきた。
    中のいくつか。
    丸腸ホルモンのスタミナ炒め。
    博多の焼肉屋さんなんかにいくと、食べることができる丸腸。
    筒状の腸をそのままに、網にのっけて焼いたモノ。
    プチュンとしかもネットリで、おいしいったらありゃしないそれ。
    さすがに短く切り分けられてはいるけどそれを炒めて一緒に、キャベツ、それからニンニクの茎。
    薄切りニンニクをたっぷり入れて、匂いだけだとペペロンチーノ。
    夏のこれから。
    暑いときにはこうした素材や味付けの料理がピッタリと思われる。

    それからとん平キャベツ。
    みためまるでお好み焼きで、焼いた豚バラを玉子でとじて焼きあげる。
    クレープ状とでもいいますか。
    そこに千切りキャベツをタップリ。
    山盛りにして、上から再び豚バラ玉子を焼いたもので蓋をする。
    ソースとたっぷりマヨネーズ。
    削り鰹をフワッとのっけて、それで食べると、なんともおいしい。
    フワフワしてて、キャベツがシャキシャキ最初は生でそれがどんどんしんなりしてくる。
    お好み焼きに比べて食感、軽くって、お腹にたまらぬところがステキ。
    千切りキャベツが好きなボクにはたまらぬほどのゴチソウなりな、オゴチソウ。

    f5173227.jpegここに来るたび感心するのが、基本的なサービスがシッカリしてるとこ。
    飲み物たのむとすぐやってくる。
    ホッピーなんて、中身をたのむと腰にぶら下げたボトルの焼酎を、即座にチュチュっと注いでくれる。
    飲んでるときに、追加ドリンクを待たされると会話のリズムまで崩れてしまう。
    それからおつまみ。
    すぐ出るおつまみがいくつかあって、例えばポテトサラダや揚げたウィンナーや漬物なんか。
    注文すると、間髪いれず大きな声で厨房の方に注文通す。
    だから注文を取り終えたタイミングにて、もうやってくる。
    大衆的な居酒屋で、良いサービスはこうしたスピード。
    元気な笑顔に明るい雰囲気。
    何度も気軽に通える値段。
    それらをシッカリ守ってる、悪くないなぁ…、って思ったりした、またこよう。

    ところでこれ。
    マジックキューブって言うコロンとかわいいこの物体…、かなり気になるスグレモノ。

    a9dc52f3.jpeg一番長い高さ一辺でたった75ミリという小型サイズ。
    これがなにかといいますと、キーボードなのでありますネ。
    目玉状の丸い穴。
    ここからレーザービームを照射して平らな場所にキーボードを投影させるという仕組み。
    つまり「バーチャルキーボード照射マシン」というワケなのです…、オモシロイ。
    しかもモードが2つ用意されていて、マウスモードにするとそこがトラックパッドのようにもなります、まずは動画をゴランクダサレ!…、未来です。



    iPhoneやAndroidマシンにもBluetoothで接続できて、平らな場所であればどこでもキーボードになる…、しかもほぼフルサイズのキーボード。
    キーレイアウトも自然なQWERTYタイプだし、いいなぁ…、これ。
    ボクのiPhoneが快適な文書入力マシンになっちゃう。
    なによりカッコイイではないの!
    遠くから見たらテーブルを叩いているようにしかみえないけれど、実はそこにキーボードがあるというこのステキ…、ビームを消したり付けたりがワンアクションでできるというのも洗練されてる。
    SF映画の世界に一歩、ボクらも近づく…、そんな感覚。
    このサイトにて、予約販売スタートしてます。
    値段は2万円をちょっと切るほど、未来が変える値段と思えば高くないかもしれません。

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ついにこんなものが!
    電脳コイルの世界みたい。
    チキンさん / 2011/08/12(Fri) /
    電脳コイル
    > チキンさん
    これに入力したモノが投影されるサンバイザーのようなディスプレーをセットにすれば、まさに電脳コイルの世界。
    なんだかスゴイですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/12(Fri) /
    バーチャルキーボード?
    このキーボードいいですね!
    ちっちゃなポッチの付いたシールがあれば
    ホームポジションの手がかりも出来ますね。
    未来のiPhoneには標準で搭載されそうなガジェットですねぇ。
    れきさん / 2011/08/12(Fri) /
    たしかに
    > れきさん
    キチンとタッチできると音が鳴るとか、いろんなオプションが考えられそうですよね。
    iPhoneのフェイスカメラからキーボードが投影できるようなギミック。
    いいかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/12(Fri) /
    バナナ片手に行ってきます! HOME 天一・天丼・通り雨
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]