忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりに「花彫酒家」でランチをとります。



    新宿三丁目の伊勢丹のほど近く。夜、にぎやかな飲食店がズラリと並ぶ小さな路地の雑居ビル。2階にあって、いつもニギヤカ。
    ランチ時には、伊勢丹の男子社員御用達レストランのごとき、細身のスーツを着こなしたオサレ男子で一杯になる。
    今日もかなりのにぎやかさにて、お店の隅の小さなテーブル。席と席の合間をぬって、ごめんなさいよと、やっと座ってランチとす。



    このお店。何が有名って「ラー油」が有名。
    赤唐辛子や山椒の粒がたっぷり沈んで、容器の中の小さなしゃもじが動かず直立するほどで、味わい濃厚。辛味だけじゃなく旨みも感じる名品で、なにしろ伊勢丹が惚れたラー油というのがスゴい。
    旨みと香りが際立ったオリジナルのと、辛味をドスンと効かせた辛口。2種類そろってテーブルに並んでいるのに気持ちがあがる。



    ラー油を心置きなくたのしむための、料理の名物。
    それが担々麺でありまして、ほとんどの人の目当てがコレ。ハーフサイズの担々麺に0.7人前ほどのチャーハンがセットになったのが一番人気。
    10種類ほどあるランチメニューで、堂々「1番」と番号ふられて、みんな「1番ひとつ」って注文をする。
    ボクも1番!
    まずは担々麺がやってきて、しばらく経って、できたてチャーハンが追いかけてくる。待つのもたのしい、オゴチソウ。



    まずはスープをそのままゴクリ。胡麻と胡桃やあれこれナッツをすりつぶし、スープに混ぜてトロリとさせた味わい深さ。ナッツの渋味がキリッと旨みをひきしめて濃厚味にウットリします。
    そこにラー油をタップリと。
    油と一緒に、下に沈んだ赤唐辛子や山椒をタップリ。ラー油というより煮込んだスパイス。ポテンポテリとのっけて味わう。
    スッキリとした辛い香りと痺れがキリッと味をひきしめ、細めの縮れた卵麺にからんでなんとも味わい深い。



    ちなみにココのチャーハンもパラリと焼けてて好きな味。ほんの少しの旨み調味料と塩と脂で味が整う素直な味で、玉子やネギまでよく焼けていて香ばしい。
    そこにもラー油。
    ピリッと辛くて旨みがフワッと膨らむようで、噛むとフカリとお米の粒が潰れる食感が顎に伝わる。口の中が騒々しくなる、オゴチソウ。
    麺を食べきり、スープにラー油を再び落とし辛辛スープにして、チャーハンスープの代わりを果たさす。腹いっぱい。
    食べてるうちにどんどんお腹が活性化して、体が中から動き始めるような気がする夏にうれしいオキニイリ。しこたま汗をかきました!


    関連ランキング:中華料理 | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    Tuna Melt HOME お好み焼きからマキアート
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]