忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を幸永で焼肉にする…、最近、オキニイリのお店であります。
    大久保地区に昔からある、コストパフォーマンスの高い焼肉で知られた店で、ずっと慢性的に予約が取れないお店だった。
    去年できた西武新宿駅の近くのこの店はキレイでしかも駅から近い便利なお店…、チェーン全体として客席数が増えたからでしょう、比較的予約が取りやすくなったよう。
    aff95ec2.jpgとは言え今日は満席で、ウェイティングまでかかってた。
    繁盛しているお店で食べる料理はおいしい…、ただ炭で焼く焼肉だからそこらじゅうで七輪の網が火を噴いて煙たくなるのはしょうがないとこ。
    今日の仲間は「東京コロコロ隊」の人たち。
    コロコロした体型の人たちが集まって、東京をコロコロ歩きながらコロコロ食べる。
    食べてますますコロコロになる…、をコンセプトにしたユニット(笑)でその中の一人が海外留学をして一時期活動していなかった。
    そこに一名…、その人は体型スリムで体はコロコロではないけれど、気持ちがコロコロよく食べよく飲みよく笑う人が参加して、コロコロ隊のセカンドバージョンとしての活動再開しました。

    1aa1c075.jpg活動再開といっても結局、飲み食いするだけで(笑)…、それで今日は肉祭り。

    壁に貼られたおすすめメニューをみるとなんと「コロコロ」って商品がある。
    どんな料理なんですか?って、聞いたらホルモンをそのままぶつ切りにした物だという。
    コロコロって名前に控えれてたのもうかと思いもしたけど、同じホルモンならばやっぱり名物「極ホルモン」を食べたいよねぇ…、と結局それをたのんだ。

    他にもロースやハラミにミノ。
    おいしいところをあれこれもらって焼いてお腹におさめます。
    ココの焼肉はどれも肉が程良くていい。
    良すぎる肉…、つまり脂がのっていてコッテリとしたうま味の肉は食べてるうちにお腹がはって量を沢山食べられなくなる。
    けれどココの肉は赤身がおいしくて、しかもタレがやさしい味わい。
    タレ自身が主張しすぎると肉のうま味がひきたたず、しかも舌がつかれてしまう。
    その点、ココのタレは身の程しった味わい。
    特に塩ダレ。ニンニクの風味がガッチリきいていて、焼いてる間に肉の旨みや脂と混じっておいしくなってく。
    豚トロ、それにぼんじりや、鶏の首の肉。
    セセリを塩でもらって食べる。
    炭の香りをまとわせながら、こんがり焼くとコリコリとした歯ごたえと、プリプリ奥歯をもちあげるような筋肉質でしまった肉がおいしくなってく。
    脂につかれた舌をサラダでスッキリさせつつ、食べ飲み、そして喋ってニッコリ。

    c2da437b.jpg実はココではずっと肉を食べてばっかり。
    せっかくだから、今日はスープも食べてみたいな…。
    そう思って、辛いスープをたのんでみます。

    やってきたのはユッケジャン。
    けれどココのお店でこれは「辛いスープ」という名前。
    わかりやすいです。
    韓国料理のお店はときに日本の人にわかりにくい料理の名前を自慢気に使ってよしとすることがある。
    こうした親切…、いい感じ。
    中にタップリ、よく煮込まれてスプーンで軽くおして潰れる牛すじ肉や、大根、ニンジン、わらびがタップリ。
    ドッシリ辛い。
    しかし辛さよりも骨太のスープのうま味がきわだって、とてもおいしい。
    感心します。

    肉が自慢のお店に限って、こうした食事商品がおざなりになってるお店が多いのだけど、ココはこうしたメニューも一切手抜きなし。
    そういえば、最初来たときにたのんでたちまち好きになってしまった激辛チヂミも、キッパリ辛くて鮮やかな味…、よくできていた。
    それなら冷麺はどうなんだろう…、と、たのんでみたらこちらもスープの味わい濃厚、水キムチのつけ汁のもつ酸味を使ってハッキリとした味のメリハリ見事な一品。
    なんだかますます好きになっちゃう…、オキニイリ。
    f398096b.jpgそれにしてもこの店は何度来ても安さにビックリ。
    好きなモノを思うがままにあれこれたのみ、クーポン使った1000円飲み放題っていうのをつけても一人3500円…、ビックリします。
    飲み放題だと思った途端に、親の仇をうつがごときの勢いでグイグイお酒を飲む人たちがなんだかとてもたのもしく、来て良かったなぁ…、ってしみじみ思う。
    ボクらが出るときにはもう3組ほどが待っていて、ココのウェイティングの席は外。
    寒い中を待ってくれてる人たちを気遣いお店の人が何度何度もも、熱いお茶の入ったカップをもって表に出て行っていた…、そうしたところも繁盛店になるために重要なとこなんだろうって思いもしました、またこよう。



    関連ランキング:焼肉 | 西武新宿駅新宿西口駅新大久保駅


    ところでゴキゲンなミュージックビデオを発見しました。
    新曲を発表するたび、趣向に富んだオモシロミュージックビデオを作ってくれるので有名な、シカゴ出身のロックバンド「OK Go」の「Needing/Getting」って曲ののMVで、ロサンジェルス郊外の砂漠に1000個以上の楽器をセッティングして、それをメンバー自身が運転する車で演奏しながら歌を歌うというモノ…、スゴいです。



    シボレーとの協力で製作されていて、車には格納式の空気圧で動くアームが取り付けられているんだけど、スゴいですよね。
    古いピアノがズラッとならぶところなんて、馬鹿馬鹿しくて爽快で。
    ビデオを撮影に要した自家kは4ヶ月の準備期間と、4日間の撮影期間。
    緻密な計算と試行錯誤の結果のビデオなんだろうけど、少年っぽさを失わない彼等らしい見事な仕掛けに、まさsにロックンロールだなぁ…、って感心します、オキニイリ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ハハノンキダネ~
    だっさいジャンプスーツの兄さんたち。呑気なPVに癒されました~。ピタゴラスィッチの実物版という感じですねぇ
    つりぃさん / 2012/02/11(Sat) /
    たのしみながら
    > つりぃさん
    イケメンはだれひとりいない、なのにかっこいいこのグループ。
    自分たちがまず何よりもたのしんでいる姿がステキですよね。
    オキニイリです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/11(Sat) /
    グレースの朝 HOME 昼にわいわい、お好み焼き
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]