忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、ちょっとだけ移動をします…、移動の途中で朝ご飯。



    東京駅で体にやさしい朝はないかと考えて、それでそうだと、リゾット食べる。
    恵比寿で「野菜がおいしいイタリア料理」で有名な、カノビアーノがプロデュースした、リゾットの店。
    自分で自分は病人じゃないと、一生懸命言い張りたい。けれど口や喉にやさしい料理を食べたくて、病人ならば「お粥」や「おじや」。同じようなお米の料理ではあるけれど、リゾットとなると病人っぽくはなく感じてそれで(笑)。
    地下の改札口の横にある、カンターだけの小さなお店。すべてがリゾットと短時間においしく作れるように用意されている。



    まずはサラダがやってくる。
    ハーブ野菜にオリーブオイルと塩、胡椒。ほんの少しのレモンを搾って味を整え仕上げるサラダ。ドレッシングなんか使わないのが専門店的。ボクは好き。
    だって、最近のサラダはドレッシングを食べるようなものが多くて、野菜の本当の味や香りを台無しにして平気な人がかなりいる。
    自分でサラダを作るときも、最近、こうしてドレッシングを使わず作ることが結構多くなった。オリーブオイルの香りが爽やか。朝の体が生き返る。



    そしてメインの今朝のリゾット。トマトの風味で仕上げたお米に、小柱に海老、それから九条ねぎという組み合わせ。
    イタリア料理でありながら日本の野菜。特に京都の野菜を主役に使った、おそらく東京でも一番最初のシェフがカノビアーノのシェフだから、ある意味、このリゾットはカノビアーノ印の料理。
    ホツホツとしたご飯の食感、トマトの酸味にスープの味わい。
    シャキシャキ、歯切れて甘みを発するネギの存在感も心地よく、朝のお腹がやさしくたのしく、満たされた。


    関連ランキング:イタリアン | 東京駅京橋駅大手町駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    エレガンス HOME 火曜日の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]