忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅の近所で軽く打ち合わせ…、それでランチを近所でとります。



    パニーノジュストというお店。
    東京駅前にあるオアゾっていうビルコンプレックスの一階にある。吹き抜け広場の一角で、そこだけちょっとイタリアみたいな空気が漂う。
    この季節、吹き抜けのある大きなビルではここぞとばかりに趣向を凝らしたクリスマスツリーを作って飾る。ココはネズミ王国のキャラクターが踊るキラキラしたモノで、後ろの壁画のゲルニカと好対照にて、なかなか趣深い景色を作り出してる。



    そしてパニーノジュストの店内。
    生ハムがぶら下がるショーケース。マホガニーを基調にした重厚にして古典的なる造作に、気持ちがススッとイタリア半島へと向かってく。
    店の中が少々くらく、外の光が差し込んでくる。影が随所にできるところが深みになって、大人な雰囲気。オキニイリ。



    50種類ほどのパニーニが揃うメニュー。ランチタイムはその中から10種類ほどが選ばれ、それをたのむとスープかサラダ、飲み物がつく。
    サラダは普通のグリーンサラダで、スープはミネステローネというからそちら。イタリア的に甘くはなくて、出汁の中に野菜とマカロニ、刻んだトマトがほのかに色をつける程度。チーズをたっぷりふりかけて、塩味とコクを借りてくる。
    飲み物はエスプレッソ系が選べず普通のコーヒーだけで、かわりにサンペリグリノが選べるステキ。迷わずたのんで、ランチとす。



    タルトゥーフォというここの一番売りのパニーニ。
    半分紙でくるんで手づかみしやすくなっていて、具材タップリ。24ヶ月熟成の生ハムどっさり。ブリーチーズにトマトにルーコラ。ソースは使わず具材の味の組み合わせだけで味わう趣向。
    アルバ産白トリュフオイルをほどこしていて、お皿の上から切ない香りが漂ってくる。生のトマトがあまり好きではないので、それで今まではトマトの入らぬ別のパニーニを選んでた。けれど甘みの強いトマトが潰れて、トマトソースのようになってく、そのなめらかはなかなかのモノ。



    それにしてもうつくしきハム。脂がキレイで口でとろける。
    それになによりパンがおいしく、サクッと歯切れてしばらく噛んでるうちにとろけてなめらかになる。
    塩の旨みがほどよくて、具材の味を整えていく。こんがり焼けた香りも上等。あっという間にお腹の中にすべてが消える。
    グラスの中にはサンペリグリノの泡がビッシリ。プチプチはぜて、こうして見てるとまるでシャンパン飲んでるみたいな気持ちになれる。
    仕事であります…、ちと移動。


    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    立ち食いそばに回転寿司 HOME バーキン的朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]