忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    丸の内にて用事があってそれで朝食、ディーンアンドデルーカにする。



    そもそもこの界隈が舶来気分に溢れてて、この店のニューヨークっぽさを引き立てる。その外観から店の中、ショーケースの中に至るまでニューヨーク的であることに、ウットリします。
    数あるディーンアンドデルーカの中、大きなコトでは六本木のミッドタウンのお店が一番…、けれどどう気取ってもショッピングモールのテナント感はいなめず舶来趣味のクイーンズ伊勢丹みたいな様子。
    オフィスビルとコマーシャル、そして人が住む場所が渾然一体となって作り出しているニューヨーク的なミッチリとした空気感は、この丸の内のお店が一番濃厚。
    丸の内に人が住めるようになったらもっとニューヨークっぽくなるのになぁ…、もしそうなったら住みたい街の最右翼。



    ツナとほうれん草のサンドイッチを選んでたのむ。
    ショーケースの中にズラッと並ぶサンドイッチやキッシュやサラダ…、日本のパン屋さんの店先にもこういうショーケースがあるけれど、サンドイッチの具材が徹底的にアメリカ的でここならではの景色を作る。
    ターキーブレストやコットハム、厚切りベーコンなんて具材のセレクション。
    あるいは野菜がルッコラだったりキュウリの代わりのズッキーニ…、葉っぱ野菜をトルティアの生地でギッシリ巻いたラップなんかが並ぶところは、見ているだけでもウキウキします。
    そんな中でもツナサンドっていうのはかなり凡庸で、けれどそれをパラフィン紙でくるんでザクッと二つに切り分け、断面上に盛り付ける…、このスタイルは日本離れしていてたのしい。



    胚芽のパンがザクッとしていて、噛むとボロボロ崩れるような食感なのも日本じゃないのネ。
    その儚さが、ツナのムッチリした食感となめらかにして濃厚な、サンドイッチスプレッドの舌触り感を引き立ておいしくしてくれる。
    パンそのもののおいしさじゃなく、挟んだ具材とや塗られたモノと一つになってはじめておいしさ発揮する…、そういうパンが日本にゃ少ない。
    例えば鮭のおむすびを、ぼた餅用に調味した餅米ご飯で作ったらそれはすでにおむすびじゃない。
    白いご飯に塩をほどこしふっくらやさしくむすぶからこそ、鮭もおいしくご飯がパラリとほどけて口に散らかっていく。
    ちょうどここの今日のコレ…、前歯ですでにボソッと崩れハラハラ口を散らかって胚芽の切ない香りをツナの風味がおいかけひとつにしていく。ボクの好みのオゴチソウ。



    季節の飲み物一緒にたのむ…、ラズベリーとカシスの酸っぱいレモネード。
    やさしい酸味のレモネードをカップの底にまず注ぎ、上にそっとベリーのシロップをのせたモノ…、黄色と赤が二層にわかれてやってくる。
    よく混ぜてお飲みくださいって言われてそれでも勿体無くて、そっとストローやさしく挿して下だけ飲むと酸っぱいだけで、上だけ飲むとメイシーズの入り口みたいな匂いがするだけ。
    つまり化粧品臭くて甘ったるいのでありまして、急いで混ぜてチュチュっと飲んで気持ちを明るくしてやった。

    それはそうと色の名前…、赤い、黒い、白い、青いというけれど黄色や茶色は「黄い」「茶い」と言わずに黄色い、茶色いという。
    一方、緑は「緑い」とも「緑色い」とも言わない不思議。
    もしかしたら日本の人がかつて色として認識したのは赤青白黒と言った色だけだったのかも…、緑って言葉はもっとあとからやってきた、新参者かもしれないネって思ったりする…、オモシロイ。


    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅



    色つながりで、大好きな曲…、「トゥルーカラーズ」を貼っておきます。
    日本のどこかのテレビ局が音楽番組で放送したんでしょうネ…、日本語の歌詞がサブタイトルで画面の下に入ってる。
    気持ちの入らぬ直訳調の歌詞がちょっと哀しいけれど、まぁ、それはそれ。
    名曲です。



    好きな曲をあげなさいって言われたら、必ずトップ5にコレが入るでしょう…、それもまず確実にトップを争うオキニイリ。
    もうこの歳になると自分の色でしか生きられないってコトがわかりはするのだけれど、自分の色で生きるコトが大変だってこともキチンとわかってる。
    とは言え自分の色があるってうれしいコトだと、そうも思って一緒に歌う。
    それにしても最後の画面にスポンサー企業の名前が入るんだけど、そこに山一證券の名前を見つけてギクリとします。
    1997年に経営破綻をした会社…、だから97年以前の映像なんでしょう、時代をしんみり感じる朝とあいなりました、トゥルーカラーでまいりましょう。

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    私は、
    「Time after Time」
    がお気に入りです♪
    キョーコさん / 2013/08/22(Thu) /
    それも名曲
    > キョーコさん
    いい曲ですよね…、Time after Time。
    特に最近、セルフカバーしたバージョンがなかせます。
    サカキシンイチロウさん / 2013/08/22(Thu) /
    always true colors
    今年のtony awardsで歌ってましたね。
    声があまりにも瑞々しくかわいいので、驚愕しました☆

    http://www.youtube.com/watch?v=-TaRMUtdWjM

    並びが変わりますが、私はここ2,3日culture club漬です(笑)
    たばきちさん / 2013/08/24(Sat) /
    カルチャークラブ
    > たばきちさん
    ボーイジョージの半生を描いたタブーってミュージカル。
    ボーイジョージ自身が出演していた舞台をみて、あぁ、やっぱりこの人は本物なんだって感心したことがあります。
    いい時代でした。
    サカキシンイチロウさん / 2013/08/24(Sat) /
    雲林房に海ぶどう HOME ストーンにロイホ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]