忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を東京駅ではじめる月曜…、最近、キッチリとしたボクのルーティン。
    d6ca0b2e.jpegそれで寿司清…、これもほぼ週の初めの習慣として定番化しつつあるオキニイリ。
    ココに来て、朝に食べるものといえば漬け丼かお茶漬け…、魚で言えば「マグロ」を選ぶか「鯛」を選ぶかという選択肢。
    週末、家でマグロの漬けを作って食べたので、それでお茶漬け。
    昨日までとうってかわって朝から暑い今日であります…、食欲不振というわけではなくけれどサラサラ、喉を洗うようなゴチソウがおいしく感じる。

    bdc40b2a.jpeg鯛の胡麻和えの定食と、一緒に追加で「刺身の盛り合わせ」。
    実はとある企みをもって追加で、いただきました。

    ネットリとした鯛の切り身にコッテリとした胡麻ダレがたっぷり絡んで口の中へとやってくる。
    刺身と違った、胡麻の風味で強調される鯛の食感、歯ごたえがドッシリ奥歯にからみつく。

    刺身はかなりの盛りだくさん。
    イカにサーモン、カンパチに鯛。
    キハダマグロの赤落ちに赤身の部分がたっぷりと。
    どれも握りにするには少々、分厚かったり細かったりといわゆる端材で、けれど味わいに遜色はなし、醤油と山葵で食べるとこちらは、魚の香りがスキッと鮮やか…、潔い。
    ご飯のお椀に出汁を注いで茶漬けにしちゃうと、刺身とご飯のよき相性をたのしめなくなる。
    それで小さな茶碗をもらって、ご飯を半分、そちらに装う。
    ご飯も出汁も、まだ熱々のところに鯛の切り身をのせて、出汁を注いでチリッとさせる。
    d2fb75e1.jpegあられに海苔をあしらって、サラサラ茶漬けを書き込むと、出汁のうま味と胡麻の風味にスベスベご飯の食感たのしくて、それを汁にしてご飯を味わう…、ご飯をおかずにご飯を味わう(笑)、なんともたのしい朝の贅沢。
    それから刺身のマグロを鯛の胡麻ダレにたっぷりつけてそして味わう。
    醤油だけだと感じぬマグロの酸味とネトッと舌にまとわりつく食感が、胡麻の力を借りてマグロにやってくる。
    これが小さな企みで、企み通りにおいしくたのしく、朝のお腹がにぎやかになる。
    そして移動と相成りましてございます。



    関連ランキング:寿司 | 東京駅大手町駅二重橋前駅

     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    一週間のスタートにこんな素敵な朝ごはんなんて、いいことがどんどんやってきそうな感じがします♪
    キョーコさん / 2012/07/23(Mon) /
    良い一週間
    > キョーコさん
    今週は良い一週間になりそうな予感です!
    サカキシンイチロウさん / 2012/07/23(Mon) /
    勝烈庵 HOME お昼の〆のお魚ランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]