忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を寿司清…、東京駅で始める朝のたのしい定番。

    ee2ad494.jpeg今年にはいってはじめてのコト。
    最近、かなり混雑するようになっていた。
    お店が入るグランスタという施設自体がにぎわっているコトが多くて、時に通路の床が見えなくなるほど、人が歩いて集まってくる。

    昼をすぎるとこの店の、向かい側にある「牛たんの利久」が一番人気。
    連日、スゴい行列できる。
    けれど朝には牛たん焼きは売らないのです。
    代わりに麦とろがメインの定食、あるいは牛たんカレー。
    だからそれほど混んではいない。

    朝の人気はこの寿司清が独占状態。
    ときおり相席をお願いされるほどに混んでるコトもある…。
    のだけれど、今日は不思議なほどに静かで、お客様はボクひとり。
    こういう時もあるんですね…、街のバイオリズムを感じる不思議な朝にノンビリ、ゆったり、鯛の出汁かけをたのみます。

    88df1ad5.jpeg陶器の鉢に鯛の胡麻和え、熱々ご飯に甘い卵焼き。
    干大根の醤油漬け。
    それに熱々の出汁にアラレに海苔がお膳の上にズラッとならんで一揃え。

    分厚い切り身。
    ブリブリの鯛。
    弾力があり、歯に抵抗するがごとき強靱にしてたくましき肉。
    これを焼いたり炊いたりすると、ネチッと粘り気持った身質に変わって仕上がる。
    熱でこれほど味わいや食感が変わる魚もなかなか珍しい。

    それをタップリ。
    七切れほどもゴマだれであえてどうぞとやってくる。
    まずは熱々ご飯にのせてそのままパクリ。
    ゴマの香りが鼻から抜ける。
    しばらくご飯の上に乗せ、熱を通すと鯛の表面に熱が入って、ブリブリ感からネッチリ方向に食感変えてくるのがたのしい。
    とは言え、切り身の芯の方はブリブリ生で、奥歯を撫でて逃げていく。
    なかなか歯切れぬもどかしさ…、それもゴチソウ、オモシロイ。
    わさびをかなりの分量のせて、パクリとやるも辛みがツーンっとこないほど鯛に脂がのっていて、胡麻の油と一緒になってわさびの辛味をうま味に変える。
    c2d45979.jpeg三枚ほどをそのまま食べて、それから出汁をかけまわす。
    一枚だけをご飯の上に。
    残りは全部、ご飯の下に埋めて上から出汁をチョロリと。
    上一枚がチリチリ、表面色を変えご飯が軽くゴマだれ色に染まったところをハフッと食べると、ダシの風味が口いっぱいに広がって、鯛の旨味とネッチリ感とブリブリとした食感すべてがバランスとっておいしくなってく。
    残りの出汁をザザッと一挙にかけまわし、ザブザブ一気に口の中へとかき込み、ゴクリと食べあげる…、おごちそうさま、また来よう!



    関連ランキング:寿司 | 東京駅大手町駅二重橋前駅



    移動先までやってきて、ちょっと時間があったのでスタバでお茶。
    b3d7f39f.jpeg熱いソイラテ、エスプレッソを追加でもうワンショットとカスタマイズ。
    サイズはショートでお願いします。
    「ホットでよろしいですか?」と再び確認されて、はい、熱いのでって言ってニッコリ。
    ソイラテって冷たくして飲む人の方が多いの?って聞いたら、そうなんですよ…、冬でもソイラテは冷たいモノが多く出ますってお店の人がそう言った。
    確かにボクもソイはずっと冷たいのばかり飲んでいたけど、熱いソイも結構おいしい。
    豆のポッテリした味わいと緑の風味が一層強く主張する。
    エスプレッソの豆の風味と香ばしさに華麗なフリルがついて輝く…、そんな味わい、今年の冬のオキニイリ。
     

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    遅ればせながらあけましておめでとうございます。
    今年も元旦から、サカキさんのブログを楽しませていただいております!

    ソイラテおいしいですよね。大好きです。
    ところで、先日某所のスタバで、ドリンクを頼む際名前を聞かれました。
    渡しミスを防ぐためでしょうか?
    「じゅんこ様のソイラテでーす」と呼ばれ、嬉しいような気恥ずかしいような不思議な感覚でした。
    どこのスタバでもやっているサービスではないようです。
    サカキさんはお名前聞かれたことありますか?
    じゅんこさん / 2013/01/11(Fri) /
    アメリカでは
    > じゅんこさん
    アメリカのスタバでは普通だったりします…、名前を言って注文をする。
    シンイチロウでは呼びづらいので、Robertっていうアメリカンネームを伝えると、なんだかアメリカ人になったみたいな気持ちになれたりします(笑)。
    スタバネームとかって作るとおもしろいかも…。
    サカキシンイチロウさん / 2013/01/11(Fri) /
    銀座の吉宗 HOME 若鯱家
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]