忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事の前に朝を食べよう…、せっかくだからいつもと違ったお店を選んでみようとそれで、デリフランスへ。
    パンがおいしい…、それが売り物。
    入り口部分にサンドイッチのカスタムメードカウンターがあって、そういやちょっと小腹が空いたように感じる(笑)、それでサンドイッチを注文します。
    パンはフィセル…、細く焼きあがったフランスパン。
    具材のメインはパストラミ、チーズをのせてとお願いしました。



    しばらくお待ちいただけますか、出来たらお席にお持ちしますからと番号札をわたされる。
    しばしボクは「273」番さんになるわけでして、昔はこういうコトがあんまり好きじゃなかったのネ。
    名前じゃなくて番号になる。
    なんだか寂しく、お店の人との距離がスゴく遠くなったみたいな気がした…、お客様の顔と注文された商品が結びつかないようでは本当のサービス業とは言えないよねっても思いもしたけど、今じゃぁ、これも普通のコトです、しょうがない。

    そしてやってきたコレ…、パストラミとチーズのサンドイッチ。



    なかなかでした。
    具材タップリ、なによりチーズがスライスチーズなんかじゃなくてうま味、酸味に渋みも確かな大人味…、パストラミは少々、牛肉臭さが強くってちょっとだけでも温めてくれれば、もっとおいしくなるのにって。
    でも眺めてるとまるで薔薇の花をパンにはさんで食べてるみたいで、ウットリします。
    パンはサックリ、しかもドシンとかなり力強い噛みごたえ…、それそのもので十分おいしく、なのにマヨネーズソースがタップリ添えられていて、結局、ソースを食べてみるたいな気持ちになっちゃう。
    日本の料理はどれもおいしくしすぎるところが良くもあったり、悪くもあったり。
    そんなコトを思って日本の人の真面目を感じてニッコリしました、さて、仕事。

    そしてお昼を後楽そば。



    有楽町の駅の北側…、東京駅に向かう方向の山手線のガードの下。
    有楽町側から丸の内側をのぞくとまるで、タイムトンネルみたいな感じで、確かに空気も変わって感じる。銀座から流れてやってくる華やかでウキウキとした空気がトンネルくぐるとキリッとビジネスモードになっていく。
    その出口のとこにある立ち食いのそばのお店で、オキニイリ。
    昔は歌舞伎町の中にもあって、よく行ってたけど一年ほど前になくなっちゃった。
    それでココが唯一の店。



    いろんな特徴をもった立ち食い蕎麦屋の中でも、ココが突出しているとこがお店の一番目立つところに鉄板がある。
    そこでジュウジュウ焼きそば焼いているところ。
    ソース焼きそばで、これが結構旨いのですネ…、しかも本日、暑いからなんでしょう、そばやうどんを食べる人より、焼きそばを食べる人の方が多いみたいでニッコリします。
    そもそも夏…、お祭りシーズンに食べたいモノはソース焼きそば。
    お店の前を通るとソースが焦げる匂いが漂ってきて、お腹が思わずグーッとなるほど…、まるでうなぎの蒲焼き効果でござります。



    シットリとしたやさしい仕上がり、具材やキャベツとモヤシ、挽肉で青のりパラリととてもシンプル。
    それにイカの天ぷら追加するのがいつものスタイル。
    揚げ置き天ぷらを熱々のそばツユにトプっと浸してお皿にのっけてくれる…、天ぷら衣がシットリとして、姿テロンと情けなく、情けないほどおいしくなってく。
    それにかけそばの出汁が一杯、お椀にスープ代わりにくるのがまたおいしくて、そこに天ぷらトップリ再び浮かべて食べる。
    油が滲んだ汁がおいしく、クニュっとイカが歯切れて粘る。
    ネギをタップリ焼きそばにのせ、一味をパラリとちらしてズルリ…、お腹がたのしく満たされる。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 有楽町駅日比谷駅銀座駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ストーンにロイホ HOME 氷みぞれに麻婆厚揚げ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]