忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を丸の内にてサクリと食べる。



    気になるお店があって、それでKITTEに来ます。
    「銀平」という和歌山に本店があり、大阪なんかに支店をもった和食のお店。一度江坂でおいしい鯛めしを食べたことがあって、東京の店は今日がはじめて。
    どんなだろう…、ってちょっとワクワクしながら来たら、お店に入った途端にお香の匂いがプワーンと。それがおばぁちゃん臭い匂いで気持ちがたじろいだ(笑)。
    景色はいいです。
    お店の雰囲気は接待なんかに適した造りで、けれどお客様はほとんどおばさま。丸の内のちょっと上等なお店っておばさま御用達になっちゃったのかもしれません。



    鯛めしはどのくらいかかりますか?と聞いたら一時間はかかります…、と。それで別の定食たのむ。
    刺身や煮魚の定食が人気というので煮魚定食。
    魚が全部で10種類ほど。鯛やマグロにブリ、カマスといろいろあるなか季節は春です…、鰆をたのんで煮てもらう。
    まずは手作りの豆腐とサラダ。水菜や大根、刻んだ大葉に釜揚げしらすをたっぷりのせて、ジュレに仕立てた三杯酢をのっけて味わうサラダはそこそこ。
    けれど豆腐が入ってた器が盛大に欠けていて、なんとも残念。



    大きな鉢に立派な鰆。分厚い半身で尾頭付きでやってくる。
    鰆の頭は珍しく、案外獰猛な顔をしていていささかたじろぐ。でもこういう魚はおいしい魚。身離れもよく、フックラ味わいしっかりしてる。
    この味付けが水と醤油だけというのがここの売り。和歌山名産の甘くて旨い醤油を使っているからそれで十分味がととのっていく。
    考えてみれば魚が旨味をそもそも持ってる。しかも骨ごと煮るのだから他に味を食わなくても十分おいしくできるのでしょう。



    それが証拠に煮汁が旨い。ご飯の上に身をほぐし、煮汁をかけて味わうと、ザブザブおいしくとまらない。
    上等な店には珍しく、汁の具材がもやしとキャベツ。甘くてしかも具がたっぷりでボリューム不足なメインディッシュを十分おぎないご飯をお腹に収めてくれる。
    あぁ、瀬戸内に飛んでいきたい。そこならもっと安くておいしい魚を食べるコトができるに違いない…、って里心つく、そんな昼。


    関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 二重橋前駅東京駅大手町駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    古くて、けれど新しいモノ HOME ベックスコーヒー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]