忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    友人のお誕生日を寿ぐために、仲間で集まり贅沢ランチ。
    3b7555f5.jpegホテルニューオータニの本館最上階にある「ザ・スカイ」というバフェレストランにやってくる。
    東京にあるホテルの中でも個性的な飲食店が揃っているのがこのニューオータニ…、ハレの食事をどこでしようか?って悩んだときにはまずニューオータニを思い浮かべる。
    とびきりの美食から、男を上げる接待などに適した店がそれぞれあって、そんな中でもカジュアルでおしゃれな会食に適したお店と言えばこの店。

    f9a0f35e.jpegバフェっていうのはみんなが仲良くなるのに適した食事スタイルだと思うんですネ。
    食事の途中に立ち上がる。
    バフェカウンターに向かう道すがら話をしたり、あるいはテーブルに残された人同士で親密な話ができる。
    ちょっとテーブルをちょっと離れるだけで気持ちがリセットされる。
    常に新たな気持ちと話題で、食事がたのしく盛り上がる。
    しかもこの店。
    ビルの上にある円盤状の構造体の中にある。
    その円盤がユックリ回る回転レストランでもあって、外の景色も変わるのですね。
    ホテルのある紀尾井町はまさに東京都心の真ん中で、だから景色も見事。
    退屈をする暇もない。

    円盤の回る周りの部分が客席。
    回らない中心部分にキッチンがあるという構造。
    そのキッチンのところまで料理をとりに行くのだけれど、料理をとってる間に当然、客席部分は動くわけです。
    来たはずのところに自分のテーブルがない。
    あら、どうしたことかとウロウロしているお客さんがチラリホラリといるのがたのしい。
    ボクらも迷子にならないように、目印覚えて、まずは寿司。
    ネタの種類は決して多くはなくて一揃え分を握ってもらう…、カンパチ、赤身、赤イカ、ホッキ、エビにカブの千枚漬けにイカキュウ巻き。
    77d6716f.jpeg江戸前的に赤酢でしめたシャリがおいしく、食欲そそる。
    それから鉄板焼きコーナー…、肉を焼いてもらうところと魚を焼いてもらうところが隣り合わせに並んでて、そこを行ったり来たりしながらあれやこれやと。
    サーロインに鶏のむな肉。
    どちらも焼き加減が絶妙で、サーロインは中がロゼ、鶏は皮目をパリッと焼いて肉はシットリ、風味豊かでそれに合わせるソースを選んで楽しむコトができるのがいい。
    魚はイカにホタテにサーモンと、こちらもプルンと見事に焼いてパクリと食べる。

    f214e67f.jpeg焼くだけなのに、プロが焼いて装うと専門料理のようになるのがオモシロイ。
    しかも分厚い鉄板は素材を本当においしくさせる。

    それから天ぷら。
    魚や野菜と全部で10種類ほどのネタが揃っているのだけれど、天ぷらと言えばやっぱりエビでしょ。
    それでエビだけ、三本揚げてくださいな。
    こういうわがまま言えるところがバフェのたのしいところでござる。
    ちょっとお行儀悪いかなぁ…、と思っていたらボクの前で待ってた人。
    オージーなまりの英語をしゃべる大きな人がエビだけ20本ほど。
    お皿の上に山盛りにしてニッコリしてた。
    まだまだボクは日本人(笑)。
    塩とレモンでパクリと食べると、中から湯気がフワッと出てきて甘くてプリプリ。
    10本くらいは食べられたのに…。

    料理が並んでいる、いわゆるバフェ的カウンターもある。
    そこにはサラダやオードブル。
    あるいは中国料理や洋食系の料理が並ぶ。
    それを好きに選んでいくのも楽しいけれど、注文してから作ってもらうコーナーもある。
    例えばヒレかつをトーストブレッドで挟んで作ってもらうサンドイッチ…、揚げ立て、挟み立て、切り立てというこれぞ「三立」、なんとも旨い。
    黒ゴマ担々麺やパスタも注文してから目の前でシェフがひとつひとつ作って仕上げる、手際を間近にみられることが、またゴチソウだったりするのであります。
    503a1bc2.jpeg金華ハムとネギと玉子で作ったチャーハン。
    そこに蟹とスナップえんどうの塩あんかけをかけて食べたり、あるいは麻婆豆腐をかけたりといろんな味をためして食べる。
    カウンターの上に並んだ料理をあれこれアレンジして、自分なりの料理を作って食べるのもバフェのたのしみのひとつであります…、シェフ気分。
    白菜を甘酢で漬けた中国風の漬物がこれまた絶品…、シャキシャキ食べるとお腹がすきっとリセットされて次の料理に気持ちが向かう。

    2時間制にてせわしないかというとかなりユッタリ時間をたのしめて、お腹ばかりでなくて気持ちも満たされる。
    e0e8545e.jpeg贅沢な空間、東京という街の景色になによりココを満たすお客様たちの高揚感が、お腹をたのしく満たす手伝いをしてくれるのでしょう…、かなりお腹が膨れてけれど食後の別腹は忘れずに。
    ホテルメードのフックラとしたパンケーキ、アイスクリームやケーキや果物。
    小さなイチゴがタップリ用意されていて、プチュっと食べるとみずみずしくてどれもがキチンと甘くて酸っぱい、香り高くてお腹が潤うオゴチソウ。
    そうそう、ホテルの庭の桜の木が一本だけだけど花が満開…、小さな春にニッコリしました、今日の昼。



    関連ランキング:バイキング | 永田町駅赤坂見附駅麹町駅

     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ボート
    ここは 女子力それ程でもなく 落ち着いて 景色も楽しめる私も大好きなレストランです。
    プロのシェフ技を堪能もでき 顔の見えるお付き合いができますね。
    海老好きとしては 次回 8匹くらいにチャレンジしてみます。笑
    お腹満たされた後は 庭園散歩に弁慶橋ボート散歩も忘れずに。
    ここの、ボート 都会の静寂も味わえて 詩的な妄想もできますよ。
    ゆかさん / 2013/03/18(Mon) /
    それにしても
    > ゆかさん
    赤坂プリンスホテルがあの形のまま背が低くなっていたのにビックリしました。
    つい最近まで見上げていたビルを見下ろすたのしさ。
    東京の街って生きてるんだなぁって思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/03/18(Mon) /
    ゴケミドロ HOME 紀ノ国屋的朝の今朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]