忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夕方、東京駅の近くでちょっと野暮用があり、それのついでに頂上麺。

    7542bbaa.jpeg東京駅の駅ソトにある飲食店の集合体。
    キッチンストリートの中の不動の一番店。
    開店当初から揺るぎない。
    開業してから5年が経って、大々的にテナントの入れ替えが始まったようで、アルポルトがやっていた「ドンアルポルト」がとうとう撤退。

    テナントリーシングのルールのために同一エリアで同じ商品を扱うコトが許されず、パスタやピザのお店があるからココはイタリア風の丼の店でやってきた。
    カポナータ丼とかカルボナーラ丼とか、アイディアはオモシロかったんだけど、さすがにそれじゃぁ、勝負ができない。
    デベロッパーの時代遅れのこだわりで、犠牲になったというコトなのかもしれません。
    どんなお店が後にやってくるんだろう…。
    他にも数店、工事囲いができていた。

    さて、頂上麺。
    筑紫楼が誇るフカヒレを気軽に食べてという趣向。
    土鍋煮込みの麺やご飯が売り物で、けれど今日。
    ちょっと趣向を変えて焼きそば。
    土鍋をぺしゃんこに潰したような陶器のお皿を焼いて蓄熱させたモノ…、そこに蒸した麺を一旦、油で焼いてほんのり焦げたものをのっけてジュウジュウさせて運んでくる。

    そこに熱したフカヒレスープをトロンとかけてさぁ、どうぞ。
    7e695ecd.jpeg熱したお皿であたためられて、たちまちスープが沸騰をして、ブクブク小さな泡を立てつつ、モクモク蒸気を湧きあげる。
    まぁ、熱いです…、熱いのだけど早く食べたくてしょうがなく、スルンと食べると舌を焼きつつそれでもフカヒレスープの旨味が口に広がる。
    コッテリとしたスープの味にオイスターソースの風味が旨い。
    ところどころが焦げてパリパリした麺と、とろみのスープがからむとムッチリ、口の中がフカヒレスープ味で満たされウットリします。
    黒酢をかけて風味と旨味にコクを出す…、冷たいお水で舌をひやして再びツルンと舌を焼く、おいしいゴチソウ、オキニイリ。



    関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅



    家に帰ってちょっとお腹が物足りず蕎麦を茹でます。

    055981e9.jpeg半生麺。
    熱々の蕎麦にしようと思う。
    ちょっと緊張いたします。
    一旦、茹でた麺を冷水でジャブジャブ〆る。
    それを再び茹でて温め、汁をはる。
    台所のガス台を総動員して、お湯を沸かしたり出汁あたためたりと大騒動。

    麺を茹でるという作業の中で、半生の蕎麦を茹でるということが一番そもそも緊張するのネ。
    麺線が細い分、お湯の温度が下がってボヤボヤしてると麺同士がくっついて団子のようになってしまう。
    だから大きな鍋にタップリのお湯をグラグラ沸かして作る。
    蕎麦とは水を喰らう料理。
    そんなコトを実感しつつ、固めに茹でた蕎麦を水でザブザブ洗い、手の中でクッタリしていた麺が徐々にシッカリとしたハリを発揮した頃合いで、熱湯にザブンとくぐらせ温めなおし、タップリのネギ、味付け海苔にちょっと甘めの出汁を注いで、最後にかき揚げ。
    具材の桜えびと玉ねぎが出汁に使ってユックリとほぐれて麺と交じり合う。
    トロンととけた海苔がからんで蕎麦のネットリ感をひきたて、それをシャキシャキ、ネギが歯ざわりくれて、お腹がやさしくあたたまる。

    ところでアカデミー賞が発表されました。



    アメリカの友人が「TEDがプレゼンターをやってますよ」って動画を送ってくれたんだけど、残念ながら著作権の関係であえなく削除。
    相変わらずの下ねた爆裂で、リアルタイムでのCG合成だったんだという。
    ボクとしてはアン・ハサウェイがレ・ミゼラブルで助演女優賞をとったというのがとてもウレシイニュースでござった。

    かなりハードな汚れ役。
    しかも20日間で7キロもダイエットを果たして臨んだ、鬼気迫る演技に圧倒されましたもの…、彼女が歌った「I dreamed a dream」。
    歌詞付きで見るとなおさら感慨深く、胸が熱くなってくる。
     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うるうる…
    アン・ハサウェイが受賞。嬉しいですね~。
    映画を観終わった直後は「ああ、エポニーヌ可哀想だったな」とか、宿屋のサーシャ・Bコーエンがけっこうオイシイな。とか
    脇役の話ばかり盛り上がってたのです。でも日がたつと、思い出すのはアン・ハサウェイの熱演ばかり。本当に素晴らしかったですよねー。
    99さん / 2013/02/26(Tue) /
    同感です
    > 99さん
    最初と最後にでてきただけの、登場時間はとても短かったのに、この強烈な印象。
    名演だったと思います。
    それはそうと…。
    ラッセル・クロウの歌はどうにかならなかったのか…、これも未だに印象的です(笑)。
    サカキシンイチロウさん / 2013/02/26(Tue) /
    シナモンな朝 HOME キッチンステージ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]