忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりの水道橋。
    なつかしい人たちと一緒に、なつかしい店で食事をする。

    新三陽。
    10fbeec6.jpeg昔、会社があった場所の近くで、ずっと当たり前のように出前をとったりたまに宴会をたのしんだりと、していたお店。
    何気なく「新三陽」とGoogle検索をかけたらば、最初にここの店のぐるなびのページが出てきてなんとココ。
    昭和25年の老舗中国料理店だったと言うことを知る。
    近くにいると当然すぎて、本来の価値やありがたみを忘れてしまう。
    ちょっと離れたところから見直すと、良さを再認識したりすることって結構あるなぁ…、って。
    そんなことを思ったりする。

    せっかくだからビールを飲む人はさぁどうぞ…、と、アサヒの大瓶をスポスポ抜いてつまみにあいそな料理をいくつか。
    チャーシューに千切りメンマのネギ和えとそれから餃子。
    開店と同時にお店に入って注文したからでしょう…、皮に包みたての餃子がプルンといつも以上においしくて良い。
    どんな具材を使おうと、どんな皮でくるもうと包みたてのを焼いたばかりの餃子にかなうおいしさはなし…、って納得します。
    オゴチソウ。

    0faf79d7.jpeg料理をいくつか。
    エビチリだったり、アワビの塩あん炒めだったり贅沢料理をいくつか食べるもプロの技ってスゴイよなぁ…、って思う料理は普通の料理。
    例えば、唐揚げ。
    ポッテリとした衣をまとわせ、パリッと揚げたフリッタ風の唐揚げに甘酢のタレをひたして仕上げる。
    余分な油がタレに流されサッパリ、シットリ。
    前歯にクチャッとまとわりつくような、鶏独特のなめらかな肉の食感が肉感的な食べ心地。
    例えば、かに玉。
    ふんわりとしてなめらかな玉子のシットリ。
    スープと油で煮るようにして固め仕上げたからでしょう。
    絶対ボクはこんな風には作れない。
    お酢と醤油で仕上げた甘酢あんをトロンとかけて食べるのだけど、このスタイルが関東風とはずっとボクは知らなかった。
    関西風は塩味のあん。
    甘味控え目でスッキリとした旨みと酸味で味わう玉子料理が西のかに玉。
    西で生まれたボクなのに不思議なコトに田舎でいたときかに玉って料理を食べた記憶がまるでない。
    だからボクにとってのかに玉は関東風の甘酢のかに玉。
    生まれたところの流儀より、育ったところの流儀が勝るコトもあるよなぁ…、って思ったりする、もう50歳。

    08721d38.jpeg〆をワンタン。
    そばやチャーハンを食べる元気はまだなくて、一番喉とお腹にやさしい料理を選んだのがコレ。
    スッキリとした醤油のスープ。
    鶏ガラ味でとてもシンプル、中華料理店のスープというよりそば屋さんの中華そばの醤油スープのようなサッパリ。
    そこにヒラヒラ。
    ワンタンが浮く。
    薄い生地。
    中にはほんの少しのひき肉、すり身のエビと葱。
    スープと一緒にひとひらそっとレンゲにのせてフフッとすする。
    スルンと舌にのっかって、ペロペロ皮が口の隅々なで回し、テロンと喉をかけおりた。
    お腹がやんわり、あったかになる。
    ボクの大好きななるとが一枚、ペロンと浮かんでいるのもシアワセ。
    今日の喉とお腹にはピッタリとくる最高の〆。
    明日は元気になりますように…、そろそろおやすみいたします。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    朝の温麺、ラブココア HOME 風邪っぴきの午後
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]