忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    表参道の視察を終えて、そのまま神楽坂に向かってまた視察。
    小さな路地に面したまるで隠れ家みたいなスイーツショップにご案内して、そこで解散。
    さて昼ごはんを何にしようかと思ってそうだ!

    50.jpg神楽坂にきたらばやっぱり、肉まん食べて帰らなくっちゃ…、と。
    それでココ。
    五十番にやってくる。

    肉まんの専門店というワケじゃない。
    本格的な中国料理がいろいろ揃う、宴会だって出来ちゃうお店で、けれどやっぱり人気は肉まん。
    1階部分に売店がある。
    そこではいろんな種類の肉まん。
    あるいは点心などが揃ってる。
    かなり人気があるようで、次々お客様がやってきてはテイクアウトで買っていく。
    角にあって目立ちはするけど、間口の小さなお店でそこの2階、3階がレストラン。
    厨房の脇を抜けていくような狭い通路を通って、その突き当たりに狭い階段。
    トントン上がって、こんにちは。
    程よいサイズのダイニングホールはランチタイムもほぼ終わりにてノンビリ静か。
    10年以上も変わらぬテーブル、そして椅子…、あぁ、なつかしいとホッとする。

    それにしても神楽坂。
    平日といえども驚くほどに人が集まり、狭い歩道が一杯になるほどの賑わい。
    かつてこの街。
    何か用事がある人だけがやってくる、小さなローカルコミュニティのような街でありました…、のに、最近、ただただ「街を歩くため」にやってくる人が増えてきたような。
    ブームの街になったんでしょう…、大きなビルがほとんどなく昭和の風情が色濃く残る。
    しかも坂のある街という、人の郷愁をそそるいろんなモノが揃っているのでしょうネ。

    a0c271ac.jpgおいしいモノもそのひとつ。
    中国料理にご飯にスープという定食もありはするけど、やっぱり肉まんをたのしむセットをもらいます。

    坦々麺に肉まん。
    それに杏仁豆腐がついたセットで、ここの名物の一つであります。
    かなりドッシリした肉まん。
    底の面は手のひら大。
    そこからクルクル、よじれるように天をつく塔のような雄々しい姿。
    買ってかえって温めても、味は同じなんですよ…、ってお店の人はいうけれど、この大きなのをしっかりとおいしく温めるのはやっぱり家ではむつかしい。
    下手すると表面ベタベタになっちゃったりする。
    お店で食べるとそんな心配、無用なところがいいところ。

    それにしても肉まん。
    関西的には豚まんで、今でもどうしても「豚まんください」っていってしまう。
    関西圏で「肉」といえばそれはすなわち牛肉で、だから肉まんといえば中に牛挽肉をいれてつくらなくちゃいけなくなっちゃう。
    だから豚まん。
    けれど関西の豚まんはほどよき大きさのモノがほとんど…、関東に来るとそれがどんどん大きくなって、例えばここの肉まんはそんな中でも最大規模!っていう感じ。
    手に取りそっと持ち上げてみると、ズッシリ重たく、中にタップリ豚ひき肉が入ってるんだとまずは右手が思い出し思わずゴックン、喉が鳴る。

    f9280462.jpgそのままカプリとかぶりついてもいいのだけれど、ボクの食べ方。
    まずひっくり返す。
    底の真ん中、中の具材に押し付けられて薄くなったところに両手の親指を、当ててパクッと二つに分ける。
    空気を含んで蒸しあがってくまんじゅうのその性質上、上に行くにしたがって生地はふっくら、分厚く仕上がる。
    天地を逆にして割る。
    中にたまった肉汁が空気をタップリ含んだ上半分の生地にしっかり受け止められる。
    おいしいモノを台無しにせぬひと工夫。

    ぱっくり割れた大きな肉まん。
    中からドッシリ、小さなハンバーグくらいの大きさの豚ひき肉の塊がドンっ!
    中華スパイスの香りと肉の匂いがフワンと飛び出してきて、そこに醤油をほんの少々たらして食べる。

    それからココの坦々麺。
    ピーナツと胡麻の風味がかなり濃厚。
    なのにスープはポッテリ系じゃなくて、サラサラ…、味の基本は日本人にウレシイ中華そば的醤油の風味。
    うま味がかなり強烈で、これをゴクゴク飲みながら、肉まんの生地を口にふくむとシットリさせてこれがおいしい。
    大きな饅頭は当然、生地も分厚く大量。
    その大量がスープと一緒に食べると苦も無く、ペロリとお腹に収まっていく。
    硬くてゴジっと歯ごたえのある独特の麺、粗めに叩いたひき肉に干したエビがタップリはいったスープというよりまるでおかずのような味わい。
    ひさしぶりにして、かなりゴキゲン、堪能す。



    関連ランキング:肉まん・中華まん | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    お! おいしそう!! 私、五十番の肉まん食べたことないんですよ! 死ぬまでに一度たべたいなー。そういう目標(?)があるのもしあわせですよねー。
    みやはらさん / 2011/10/07(Fri) /
    五十番の肉まん!!
    どもです。
    五十番の肉まん!ご近所の不二家ペコちゃん焼きとともに、子供の頃はオヤツでありました。
    子供の頃は肉まん、まるまる1個は多かったので父親と半分個。
    そんな父は、芥子を溶かしたウスターソースをチョコンとつけて食べるのが好きでした。

    この五十番は春巻きも美味しいです。ココの春巻きのおかげで今でも春巻きが大好きです。
    これも父は芥子ウスターソース。そして今は私も芥子ウスターソースでいただきます。
    久しぶりにまた、神楽坂・五十番に行きたくなりました。
    CIANさん / 2011/10/07(Fri) /
    おいしい目標
    > みやはらさん
    全ての食べたいものを食べつくしたら、あとは死ぬだけかもしれませんものね。
    ボクも死ぬまでに食べておきたい物が山ほどあって、まだまだしばらく死ぬに死ねない状況だなぁ…、ってモティベーションをあげています!
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/07(Fri) /
    ウスターソース
    > CIANさん
    なるほど。
    たしかにココの肉まんにはウスターソースがあうように思います。
    かなり強烈な肉の香りをウスターソースが和らげて、酸味が甘みを引き立ててくれるように思います。
    ボクはずっと芥子醤油で食べていたので、今度ためしてみることにします。
    ペコちゃん焼き。
    ボクはカスタードがやっぱり一番好きであります!
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/07(Fri) /
    ご、五十番!
    わわ、五十番、懐かしい!
    ここのカスタードまんが好物で、学生の頃よく食べに行きました。肉まんも食べたいから、ミニサイズと一緒に。

    それにしても表参道甘味といい五十番といい、うらやましすぎてかるく動悸息切れが・・・。
    doramiさん / 2011/10/07(Fri) /
    無題
    結婚した頃、主人の実家へ仕事を手伝いに行くと、
    お義母さんがお昼ごはんを用意してくれたんですが、
    時々お皿の上にドンとこの肉まんが乗っていたことを思い出します。
    初めて見たときはあまりの大きさにびっくりでした。
    そういえば最近食べてないなぁ。
    toncyanさん / 2011/10/07(Fri) /
    スイートな今日
    > doramiさん
    たしかに今日は充実しすぎたといってもおかしくないほどに、スイートな一日でありました。
    ぜひ、ご一緒に、甘いもの巡りをしたいものであります!
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/07(Fri) /
    大きなシアワセ
    > toncyanさん
    ボクも初めてココの肉まんに遭遇したときに、あまりの大きさにビックリしました。
    ずっと、肉まんなんて小腹を満たすおやつとばっかり思っていて、ところがココのは立派な食事。
    ひさしぶりに見た今日のコレも、あまりに大きく、胸がドキドキたかなりました!
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/07(Fri) /
    どれくらい大きい?
    大きい肉まんと聞いて、横浜中華街サイズを想像してます。
    それよりは小さいですよね(笑)

    柿安、上海肉マンさんの大きさでしょうか。
    あの大きさと、あのお値段と、プラパックに2個入ったときの愛らしさに負けて、買って帰ってしまいます。

    朝ごはんにちょうどいいんだもの。
    mio さん / 2011/10/07(Fri) /
    かぎりなく
    > mio さん
    ここの肉まん。
    限りなく横浜中華街サイズだと思います。
    ただ、生地がかなりふっくらしていて、蒸しパンみたいなやわらかさなので、これがペロッとお腹の中に収まっちゃうんです。
    困ったものです(笑)。
    この肉まんも、ボクの食欲も困りモノ!
    サカキシンイチロウさん / 2011/10/07(Fri) /
    花てまり HOME 甘いお仕事
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]