忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    晩ご飯を家で作って食べる夜。

    hamcabespa.jpg家の中にキャベツがドッサリ。
    しかもちょっと葉っぱがしんなりなりはじめてる。
    それにハム。
    あるいはベーコン。
    週末、サンドイッチに使ったハムや、あるいはスープの味出しのために使ったベーコン。
    あるいはもうすぐ賞味期限がきれそうになるパックに入ったロースハム。
    それらを使ってなんとか料理にしてみましょうか…、と。
    それでパスタを作ることにする。

    まずはハムやベーコンきざみます。
    ベーコンは風味を出すためそのまんま。
    フライパンに入れ、油を入れずにそのまま弱火でジックリと焼く。
    脂がじわっと出てきます。
    それと一緒にベーコン特有のこんがりとした香ばしい、燻した香りがやってくる。

    ハムはそのまま使うと嫌な匂いが残る。
    それで一旦、熱湯かけて脂と独特の臭みを落とす。
    それからトントン、包丁で細かく刻む。
    パスタを茹でます…、タイマー設定を袋に書いてる標準時間より1分短め。
    あと2分というところでザックリ切ったキャベツを投入。
    一緒に茹でて、タイマーピピッとなったらベーコン焼いたフライパンに入れ、ハムと合わせてジャジャっとしていく。

    hamspapasta.jpg塩を入れます。
    それからほんの少しの醤油。
    タバスコ、それから最後にレモンを軽く搾って出来上がり。

    茹でたキャベツがキュッキュとなります。
    芯のところはホクッとちょっとお芋のような食感もあり、外側の緑の部分はカリッとちょっとハリを残して仕上がっている。
    パスタを茹でるお湯にタップリくわえた塩がキャベツをおいしく、同時に色鮮やかにしてくれる。
    炒めたハムはちょっとホロッと繊維がほぐれる。
    口の中でひき肉みたいな食感になる。
    ちょっと固めのアルデンテに出来たパスタのおいしいコトに、ニッコリします。
    我ながら、パスタを茹でる腕があがった…、ってニンマリ笑う、夜となる。

    それから餃子…、母が送ってくれたモノでもともと軽く焼かれていたけど、それを再び焼いてみた。

    hamgyoza.jpgフライパンに油をひいて、そこに餃子。
    強火でバチバチ、熱湯をザバっ。
    蓋して蒸らして、余分な水をザザッと捨てて再び油を周りに軽くかけまわしつつ、底をこんがり焼いて仕上げた。

    …、つもりだったのですけれど思い切り焦げちょっとビックリ。
    ただ食べてみたらば決して苦くはなってなく、お皿に移して胡麻をパラリとちらしてそれから黒酢をタップリかけてパクッ。
    油臭さを黒酢がなだめゴマがプチリと奥歯で壊れて焼けた餃子を香ばしくする。
    それにしても…。
    食べ終わって、食べ終えたものを思い出してみると、オー、マイ!
    パスタは炭水化物でござる。
    餃子も皮は炭水化物。
    炭水化物をおかずに炭水化物を食べるという、かなりメタボなメニューでござった。
    無意識ながら、こうした献立。
    かなり反省…、それでリンゴをカプリと齧って、それを今夜の免罪符。

    ringo.jpg青森からきたお客様。
    たのしい仕事のお話で、ひさしぶりに御目文字しました。
    お久しぶりの挨拶がわりにと、袋いっぱいのリンゴを持って来てくれた。

    その人がエレベーターを降りオフィスに入ってこられた瞬間に、オフィスの中がりんごの甘酸っぱい香りで一杯。
    胸が切なくなるような、ステキな香りに仕事の話も軽やか、そしてゴキゲンになる。
    大きなリンゴ。
    真っ赤なリンゴ。
    いろんなリンゴがある中で、ボクが好きなのは小さめであまりツヤのない触るとちょっとやわらかなモノ。
    ほんのり酸っぱく、そしてボクっと少々、間抜けな音がしてザラッと繊維を感じる、つまり、昔のインドりんごのようなリンゴが好きで、ボクが選んだリンゴがまさにそんなリンゴでニコリとなった。
    いいお仕事ができますように…、と家でちょっとまとめもの。

    ところでこんな動画を一本見つけます。
    パスタのゆで方…、しかもフライパンで短時間にパスタを茹でる方法という、タイトルだけはとてもステキで、けれど実際、見るとビックリ、本当にいいの?って内容のコレ。



    衝撃的でございます。
    何しろフライパンにまずパスタを入れ、そこに冷たい水を注いで火をつける。
    水が冷たいままだと、水が少なくても麺と麺がくっつかなくていいという…、茹で加減をチェックしながら程よいところで引き上げればいい。
    そうかもしれないって思いはするけど、動画の中で紹介されてるパスタがあまりにまずそうで、説得力が無いのが哀しい。
    そういえば。
    かつてとある料亭の調理長が、乾燥蕎麦を茹でるのにまずは冷たい水につけ、それから火をつけ沸騰させるととてもおいしく茹で上がるんだ…、って言ってたコトを思い出す。
    ためしてみようか…、って今日も思いはしたけれどやっぱり勇気が出なかった(笑)!
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    りんごとフランスとつがる
    りんごときいて思い出すことがひとつ。
    もう10年位前に、青森のりんご農家の人がパリの街頭で、フランス人につがるりんごを試食させるというテレビの企画がありました。
    そしたらフランス人は、つがるが甘すぎてダメだって言うんです。とくにりんごの中心にある蜜が苦手。果物=甘ければ甘いほどよい。と考えていた私にとって、それは印象的なお話でした。
    しかし最近では、柿がフランスを含むヨーロッパで人気と聞きます。
    しかもじゅくじゅくに完熟したのを 食べると聞いてびっくり。
    今再びフランス人につがるを食べてもらったらどうなるのか、気になります。
    さとこさん / 2011/11/08(Tue) /
    Big Apple
    って言う愛称が、NY に付いてた気がしますが…。
    で、その繋がりなんですが、ほぼ日の最近の連載を読んでいると、いかにサカキさんのお母様が人生を楽しむ術を多くお持ちなのかが分かる気がします…。私もNYなんかでドレスアップして食事してみたいなぁ…。でも海外に行く機会がなかなか無いのが哀しいところですね~。
    りりこりあさん / 2011/11/08(Tue) /
    フライパンパスタ
    山歩きでのごはんは、サラスパを
    フライパンで茹で上がりにお湯が
    なくなるように、茹でますよ。
    (炊飯と同じ)
    外で食べるせいか、おいしいです。
    echigoyaさん / 2011/11/08(Tue) /
    じゅく柿
    > さとこさん
    実は…。
    じゅくじゅくの柿が大好きなんです。
    スプーンですくってたべなきゃいけないほどに熟したのをキーンと冷やして食べる。
    リンゴも蜜がでちゃうとダメだし、もしかしたらボク、フランス人なのかもしれないって思いました。
    食べるモノに対する国民性。
    オモシロイですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/08(Tue) /
    大きなリンゴ
    > りりこりあさん
    大きなリンゴ。
    人を魅惑してやまない、ちょっと危険でステキな街。
    ニューヨーク。
    ボクも長い間、いってないなぁ…、がんばらなくちゃってモティベーションがあがります。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/08(Tue) /
    なるほど!
    > echigoyaさん
    ご飯を炊くように、パスタを茹でる。
    なるほどです。
    そういえば、スペイン料理にはパスタをフライパンで仕上げる麺を使ったパエリアがありました。
    ますます、なるほどです。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/08(Tue) /
    パスタ
    このパスタの茹で方はフォークでブツブツ切れる
    缶詰のパスタのあるイギリスなんかだと
    合理的で良さそうですね。
    彼らだと途中でトマトソースを加えて
    グズグズに煮そうで怖いですが。。。。
    れきさん / 2011/11/08(Tue) /
    イギリスパスタ
    > れきさん
    イギリスに初めていったとき、パスタをフォークに巻きつけず、ナイフで短く切ってまるでマカロニみたいにして食べているのをみて、衝撃を受けたことを思い出しました。
    彼等ならこのパスタの方が便利でしょうね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/11/08(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    亜麻亜亭 HOME かつ吉の昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]