忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝にサンドイッチを作る朝…、土曜であります、しかも今日から12月。

    4b9ba5f8.jpegオキニイリの食材が見事に揃った朝でもあります。
    スモークサーモン。
    ディルの香りをつけた脂ののったキレイな切り身で、それを今日のメインとします。

    それ以外の具材は玉子。
    玉ねぎを甘くなるまで焼き上げて、それを包み込むようにして、スクランブルエッグを作ってく。
    よく溶き玉子にバターをタップリ。
    それから食パン。
    小さめ、しかも軽く焼けてる正方形に近いパンの1センチ厚に切ったもの。
    それをこんがりトースターにて、片面だけを強めに焼く。
    そこにケチャップとマヨネーズをまぜたソースを塗りこんで、カーリーリーフ。
    卵をのせて、そこにズラッとスモークサーモンを並べて蓋する。
    ザクッと切って出来上がり。

    熱々玉子で葉っぱ野菜も、スモークサーモンもちょっとだけ熱が入って食感変える。
    葉っぱは繊維なめらか、甘みがでてきて、スモークサーモンは玉子にふれたとこだけが固めになって歯ざわりホロリ、香りも風味も強くなる。
    フックラとした玉子の食感、カサリと砕けるパンの歯ざわり、とてもたのしい朝のコト。

    ところで昨日…、夜を鍋にいたしましょうと。
    c48d9c61.jpeg実は見事なワタリガニが、凍ってはいたけれどかなり値ごろな価格で売られていたのでそれを使っておいしい料理をと思って最初に思い浮かんだのが鍋でござった。
    スンドゥブチゲ用のスープがあって、それを使って作ればいいや…、と。
    しかも太ったタラが売られてて、タラコも一緒にもらってそれにネギに豆腐にエノキに春菊…、それぞれキレイに下処理をして鍋でクツクツ煮込んでく。

    5b008ec5.jpeg青い甲羅のワタリガニ。
    それが徐々にオレンジ色にかわってく。
    新鮮なタラの身がブリン。
    きめ細やかなハリのある肉、しかもうま味がドッシリしてて、なんとも旨い。
    栗の香りでスベスベとした蟹の身を、ハフハフ指でせせりつつ冬の夜をたのしく過ごす。

    それからコンニャクを炒り煮にします。
    不揃いにできたコンニャク。
    お湯を沸かしてそこでアクとり。
    お湯を切ったら鍋に入れ、カラカラ乾煎り。
    湯気がユックリ蒸散しながら、コンニャクの中の水気が抜けてく。
    最初はジリジリ、足踏みするように体を揺らし、そしてそのうちブシュブシュ湿った音がする。
    それもかまわずフライパンに押し付けながら焼いてくと、キュッキュ、ピーピー、何かが叫んでいるような甲高い音をたててブルブル震える。
    そこに出汁。
    それから醤油を震えるコンニャクがひたひたになるまで注いで、クツクツコトコト。
    水分がなくなりはじめたら、そこにおかかをタップリいれて鍋の中の水分をとり炒めたコンニャクにからませる。
    クニュクニュしてて、いくら食べてもお腹が重たくならないと思うとウレシイ。

    それから〆をちゃんぽん麺…、鍋のスープを濾してそれをベースに作る。
    b315f345.jpegサンヨー食品が作ってる袋麺のちゃんぽんの麺。
    麺はそのまま固めに茹でて、中に入ってた粉末スープを半分だけ…、鍋の残りのスープとあわせてそれから具材をジャジャっと炒める。
    長崎から送ってもらったちゃんぽん用の練り物パック、豚ばら肉にキャベツにシーフードミックスを油で炒めてそこにスープを流し込み、麺を移した丼にそれをザザッとそそぎ胡椒をカッカッで出来上がり。
    この袋麺…、スベスベツルツル、ちゃんぽん麺に独特の丸い断面の歯ざわり、喉越したのしい麺でしかもスープもかなりの本格風。
    それに鍋のうま味がくわわりドッシリとした冬の〆。

    ところで、今日みたいな朝に欲しいなぁ…、って思ったキッチンガジェット。
    クラックポットっていう名前の、玉子を割りほぐすために最適化されたボウルというモノで、手で握る部分はグリップ、底は滑り止めを兼ねたラバー製。
    しかも玉子を割るための部分には、刃が取り付けられているという。



    いいなぁ…、って思いますよね。
    スマートな上にカラフルでかわいらしい…、特定の目的以外に使えぬモノって潔くってその分、デザイン的にも引きしまっていくのでしょうネ。
    それにこの画像。
    玉子を割って、ほぐしてかき混ぜるといういつもやってる一連の作業を、この角度からみたことって今までなかった…、とても新鮮、うつくしい。
    ちなみにこれ、「Fusionbrand」っていう通販サイトで12ドルなり
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    冬の七條 HOME ローマ軒
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]