忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、スパゲッティを作ります。
    シラスと鮭とブロッコリ。
    それぞれの素材のうま味と持ち味だけで作った和風スパゲッティ。

    sirasu.JPG焼いた鮭の切り身をほぐす。
    小骨、軟骨が混じらぬように丁寧に、焼き身をほぐしてお酒をかけて風味をつけとく。
    よぉく茹でたブロッコリ。
    ゴマ油にてジャジャッといためて、塩とほんの少々のニンニクで味ととのえてスタンバイ。
    細目の麺を固めに茹でます。
    タップリのお湯にちょっと強めに塩を入れ、麺に味をしっかりのせる。
    そのゆで汁をちょっと拝借。
    ちりめんじゃこにかけ回し、温めながらじゃこをフックラやわらかにする。
    ピピピピピッとタイマーなって、茹で時間がやってきてブロッコリを炒めておいた鍋に麺をザザッと移してそこに鮭、ジャコを加えて軽く炒めて皿に盛り、千切った梅干し、パパッとちらしてできあがり。
    すべての素材の持ち味だけで麺がしっかり味をたもって、なかなかの出来。
    パスタと一緒に食べておいしい野菜の、ナンバー1はブロッコリ…、ボクは勝手に思っています。
    芯のコリッと固い歯ごたえ。
    蕾の部分のハラハラ、カラコロ、たわむれるような食感のコントラストがたのしくて邪魔にならぬ存在感がオキニイリ。

    夜もお部屋で。
    ひさしぶりに母が送ってくれた田舎の味をありがたく…。

    1c0e4979.jpeg瀬戸内の海老。
    立派に太った車海老をざっと茹でただけのを20本ほど、パック詰めしてくれたもの。
    それをそのまま殻むきながら、ポン酢の風味をかりながらプチュン、ムチュンと静かに味わう。
    ご飯を食べるときもずっと、誰かが何かを話してるサカキの家の食卓に海老や蟹が殻ごとやって来たときだけが静かになった。
    みんな黙々、誰よりも速くキレイに剥いてやれ…、って一生懸命。
    別に競争なんかしなくていいのに、誰が一番多くの殻を積み上げるかなんてコトを競っていたりした。
    負けず嫌いさんばっかの晩餐(笑)。
    なつかしい。
    広島のプックラとした太った牡蛎をフライにしたの。
    ソースと芥子マヨネーズにてカプっと食べる。

    355d99e0.jpeg瀬戸内地方の練り物あれこれ。
    いろとりどりに10種類ほど送ってもらったモノの中から、じゃこ天。
    それから、殻付き小海老と豆腐で作った海老の天ぷら。
    その二種類をまるごとペロンと石綿網の上にのっけて、強火であぶる。
    「天ぷら」と名前をもらっている通り、その表面には油がじんわり滲んでて、それが直火でジリジリ焼ける。
    焦げつつ油が燃えて蒸発していって、パリッと焼ける。
    匂いはまるで焼き魚。
    生姜醤油でそれを食べると、プチュンとした練り物独特の食感のぞけばまるで魚の一夜干しを焼いて食べてるみたいな味わいがある。
    まぁ、原料はそもそも魚で、だから魚の味がするのは当たり前。
    魚の味がしない練り物が関東に来ると多すぎるのが不思議なコト…、ってそう思う。

    7fa36c63.jpeg漬け物。
    それから野菜の料理をいくつか食べます。
    一人暮らしで一番、おろそかになってしまうのが野菜と果物を食べること。
    だから野菜の料理をもらうのって、とてもうれしい。
    中でも「ニンジンのきんぴら」が今日の料理のオキニイリ。
    細切りにしたニンジンをゴマの油で煎り付ける。
    もし野菜にもアルデンテって状態があるとするなら、まさに今日のこのニンジンはアルデンテ。
    外はシャクッと火が通ってて甘味と香りがとても良い。
    ところが芯はコリッとしてて、生のニンジンみたいな歯ごたえ。
    みずみずしくて、とてもおいしい。
    とろろ昆布で汁を作って、ご飯と一緒にぱっくり食べます。
    お腹も気持ちもあったかい。

    感謝しながら、夜とする。

    ところで今日。
    夕方、暇をもてあましそれでDVDを一本みました。

    rent.jpgレント。
    ブロードウェイミュージカルの「レント」のステージパフォーマンスをDVD化した作品。
    映画バージョンの「レント」も公開されて、それはそれでいい映画ではありました。
    けれど、オフブロードウェイから始まったとても小さな世界の深い話を描いた作品。
    映画にするとその切なさがかなり薄まる。
    舞台ならではのパッションと、ライブパフォーマンスならではの緊張感とエネルギーの爆発が何度も何度も撮り直しながら作り上げていく映画世界では丸まっていく。
    それがちょっと残念だなぁ…、と思ってみてた。
    やっぱりライブでみなきゃいけないモノなのか…、って思っていたら、なんとステージを撮った作品がある。
    それで借りて観てみたら…。


    良かったです。
    ブロードウェイの数多くの作品の中でもボクとしてはこれが一番、共感できる作品で、どうだろう…。
    10回ほどは観ましたか。
    そのときどきの感動と、そのときどきのボクの状況、境遇が観ながらジンワリよみがえってきて、ちょっとウルっと来てしまう。

    一年を分で計れば、525600分になる。
    けれど愛で計るとどうなるんだろう…?
    …、ってこのミュージカルのテーマソングのような歌「Seasons of Love」。



    一緒になって歌いながらやっぱりちょっと泣きました。
    愛の季節がめぐりめぐって間もなく春へ…。
    待ち遠しい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    レント
    実は金曜日にヒルズ横のTSUTAYAで、レントのDVDを発見して、おっ!と思って手を伸ばしたのですが、その横にマシューボーンの名作3本(白鳥の湖、くるみ割り人形、ザ・カーマン)をまとめた3枚組のDVDを発見してしまい、そちらを買ってしまいました。
    この春、またあの白鳥の湖がやって来ます!!今まで4~5回見てますが、また行きたいな~と思いつつ本日観賞してました。
    レントも同じく何度観ても胸が熱くなる名舞台ですよね。「シーズン~」は稀代の名曲、間違いないですね。
    オレンジさん / 2010/02/07(Sun) /
    マシューボーン
    > オレンジさん
    マシューボーン。
    ステキですよね。
    特に白鳥の湖。
    今年は青山劇場なんですね。
    程よいサイズのどの客席からもステージを近く感じることができるあの舞台。
    機会があれば…、って思いました。
    レントのこのDVD。
    第一幕はカメラワークが雑であまり好きではありませんが、第二幕は素晴らしい。
    ライブ以上の臨場感を感じました。
    お勧めです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/07(Sun) /
    賛成:ブロッコリ+パスタ
    昨夜はおうち蟹しゃぶで、まったく静かなものでした(笑)

    椎名誠さんの『岳物語』定本版に岳さんご本人のエッセイが載っていて。
    何十回読んでも目が赤くなります。
    そういう、心をつねって浄化してくれる作品、
    ありがたいですね。
    たばきちさん / 2010/02/08(Mon) /
    蟹しゃぶ
    > たばきちさん
    蟹しゃぶは特に静かになります。
    ときおり、「あちっ」って言う声が出るくらいでしょうか…。
    下手をすると最後の〆の雑炊までただただひたすら食べ続けるなんて食事になっちゃいます。
    それもまたたのしでありますけれど。

    心をつねってくれる作品。
    確かに、音楽でも映画でも、そして小説でもそうした作品に巡り合えるのはとても幸せなことであります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/08(Mon) /
    Seasons of Love
    去年の夏、赤坂でやっと見ました。名曲ですよね。泣きました。そして心が温かくなりました。
    帰り道、目に入る何気ない風景が、とてもきれいに見えました。
    みっちさん / 2010/02/08(Mon) /
    特別じゃない特別
    > みっちさん
    大げさな舞台装置がある訳でなく。
    非日常的な舞台設定という訳でなく。
    ボクらの隣で明日おこっても決しておかしくないようなそんな出来事。
    だからこそ心にしみるステキな物語りになったんだろうなぁ…、って。
    最近、気付けばこの歌を口ずさんでいたりしますよ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/02/08(Mon) /
    復活せしめり、モスのスパイシー HOME 焼いた玉子サンドとコーラな携帯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]