忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年もおせちを2つ買う…、ひとつはお世話になっているオキニイリの日本料理店の手作りおせち。もうひとつは年越し用の酒がおいしい大人のおせち。



    雑誌のdancyuさんがプロデュースしたものを去年に続いてたのんで酒を飲む。
    昔、田舎にいた頃はおせち料理をみんなで作り、正月用はキレイにお重につめて残りの料理を紅白みながら食べていた。
    そんな感じの年越しおせち。ユックリできるのがアリガタイ。
    しかもこのおせち、一段目はすぐに食べたい正月料理。二段目にはびん詰になった酒の肴が何種類も詰まってて、しばらくじっくりたのしめるのもいい感じ。

    年越しおせちのお供にチャチャッと、今年最後の料理をつくる。



    活きの良さそうなサザエが売ってて、それを熱したスキレットに置き焼きつつそこに出汁醤油。
    熱が入ると蓋がパクンと持ち上がり醤油を注ぐとビックリしたように、再び蓋がスポンと閉じる…、生きているのにゴメンナサイって思いながらもクツクツ煮込む。
    串でグルンと引っ張りだすと、キレイに先のワタの部分までもがスルンときれいに切れずに出てくる。
    年の最後になんと縁起のいいコトか…、ってニッコリ思う。



    えのきを油でよぉくいためて、トロミがついてきたとこで乱切りキャベツとしゃぶしゃぶ用の薄切り豚肉をくわえて炒める。
    塩と胡椒にオイスターソース、それからバターをくわえて味付け…、エノキのトロミのあんかけ効果で味がすべての素材にキレイにいきわたる。
    それから薄切り茄子とししとうを多めの油で炒め揚げ。
    その熱々とそばつゆ程度の濃さにうすめた麺つゆの中に落として、ジュジュっとさせる。人肌程度に覚ましたところで一味と胡麻をタップリかけて食べるだけ。
    油がしみた茄子がトロリと甘くて、お酒がすすむ味。

    そして年越しそばをゆがいて、今年の〆をすることにする。



    冬のお水は冷たくて、蕎麦がギュギュッとしまってスルンとおいしくなってく。揚げた野菜を浸したあとのツユをつけダレの代わりにつかう。
    シシトウの緑の香りと油の風味が、いつもの蕎麦をドッシリ味にしてくれる。
    天一さんの天ぷら添えてゴチソウにする。
    実は今から30年以上も前のコトになりますか…、父が事業に失敗し、一家離散の危機の中にて年越しをする年があった。年越しそばを作る心の余裕がなくて、暗くなってから気付いてカップ麺を買って済ませたコトがある。
    さすがにさみしく、明るい新年がやってきそうな気がしなかった…、こうしてしっかり丁寧に年越しそばを食べる気持ちの余裕があること、感謝であります。
    今日が終わるともう来年…、しばらくユックリいたしましょ。

    ところで紅白歌合戦…、最近は名前も知らぬ人たちと、一人じゃテレビの画面がもたない人たちと、かつてのスタァの生存確認の場所のようになってしまっておりますけれど、昔はよかった。
    昔はよかったと言ってしまえる年齢になった自分をカワイイなんて思いつつ、かつての紅白歌合戦で一番思い出深い曲を貼っておきます。



    ちあきなおみの「夜へ急ぐ人」…、1977年の紅白歌合戦で歌われた曲で、家族みんなで見ていてビックリしたものでした。
    ちなみにWikipedia曰く。
    「彼女の鬼気迫るパフォーマンスが視聴者の度肝を抜き、総合司会の山川はこれに関して「何とも気持ちの悪い歌ですねぇ〜」と返した」…、そうな(笑)。
    赤組司会者は佐良直美という時代。
    歌がうまい人っているんだなぁ…、って感心もした。今ではボクの持ち歌のひとつでもある。正月カラオケで歌わなきゃ!

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    よいお年をお迎え下さい
    こんばんは。

    サカキさんとは同年なのですが、ちあきなおみのこの唄は知らなかったなぁ。
    父が亡くなった年なので、いろいろと記憶が抜けていたのかもしれません。

    今年はサカキさんに影響されて、週末の朝食をちょっと大事に出来た感じがします。

    オススメの映画はどれも面白かったし、おかげでスパイスの程よく効いた料理のような楽しい一年でした。

    今年一年、ありがとう&お疲れ様でした。
    どうぞ佳いお年をお迎え下さい。


    紅野さん / 2013/12/31(Tue) /
    77年
    > 紅野さん
    ボクにとっても1977年は子供ながらも人生の大きな転換期でもありました。だから心に余計残っていたのかもしれません。

    来年もよろしくお願いいたします。
    ゴキゲンな一年が過ごせますよう。ありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2014/01/01(Wed) /
    ハッピーバースデー・ニューイヤー HOME 年越し準備
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]