忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、家でご飯。

    950eedb0.jpeg今日は本当に寒かった。
    朝からずっと冷たく気温も上がらなかった。
    東京では風がなかったのが唯一の救いのような一日で、けれど今日はほとんど一日、外回り。
    水道橋から江戸川橋を経由して、それから牛込柳町。
    河田町までずっと歩いて、電車に乗って西新宿へ。
    新宿駅を中心にして、グルグル歩いてそれから四ツ谷と都合、3時間ほど歩いてた。
    普通だったら汗をかくところ。
    けれどほとんど汗もかかずに、エッチラコッチラ…、手の指先がかじかまぬよう両手を時折、こするようにして歩いて一日、終えました。

    夜ぐらいはユックリ家であったかく…、ってそれで家鍋。
    最近、ちょっと気に入っているネギをタップリ使った豚の鍋。
    ネギを9本。
    白いとこだけそぎ切って、お水で若干辛味をとってそれを日本酒煮詰めたお鍋にいれる。
    蓋してクツクツ、若干、しんなりしてきたらそこに水。
    クツクツ煮こんでいくと甘みが日本酒混じりの湯に溶けて、おいしくなってく。
    出汁を一滴もつかってないのに、なんともおいしい。
    テーブルコンロに鍋を移して、火をつけて、コトコトコトコト。
    ネギがフツフツ、沸騰する鍋のお湯を蓋してユッタリ上下に動いてる。

    0bcfe279.jpegそこに肉をそっと置きます。
    ネギの上に肉がのっかり、ネギの隙間から上がってくる蒸気で蒸しあがる。
    お湯に直接肉が触れるしゃぶしゃぶと違って、肉のうま味が外に逃げずに、肉の中にとどまっている。
    蒸しあがったら、ネギをクルンと巻き込みながらタレにつけて食べるだけ。
    ネギの甘みとシャクシャク感。
    それがこの鍋の一番おいしいゴチソウ部分で具材は何でも…。
    特に豚の薄切り肉との相性は良し。
    今日は、ローストバラ肉をちょうど半々になるように薄切りにしてもらったモノを用意して、他には小さな魚河岸というかなりシンプル。
    味はポン酢にそばつゆに、練りゴマ、それから食べるラー油を並べて適宜、自分で味をつくりつつ、しゃぶしゃぶクツクツ、ハフハフ食べる。
    オゴチソウ。

    前菜用にエビとアボカド。

    af0a071c.jpeg野菜売場でほどよく熟したアボカドを選ぶためにと一つひとつ、指を軽く押して選んだ。
    あんまり熟したモノがなくって、押しては別のアボカドを押し…。
    ちょっとお行儀悪くて気が引ける。
    客観的にみたらばまるで「毒リンゴを選ぶ魔女」みたいに見えるんじゃないだろうか?って、ちょっと気恥ずかしくはなるけれど、でも妥協もできず売り場にあったほとんどのアボカド触ってやっと一個を手に入れた。
    ゴメンなさいです…、ハルクフーズの係のみなさん(笑)。
    種抜き、実だけをくりぬき、ザクッと切って塩と胡椒で下味をつけ、そこにネリンとマヨネーズ。
    ちょっとタバスコくわえてやると、アボカドの青臭さが不思議と消えて、味もピリッとひきしまる。
    茹でたエビの横にタップリおいて、それをディップにして食べる。
    プチュんと歯ざわりたのしいエビとムッチリとしたアボカドの、相性抜群。
    ちょっと贅沢な夜の一品。

    ムソーって自然食メーカーの作ってる「焼そば用の乾麺」で〆。

    ed94ffad.jpeg100%国内産小麦粉。
    かんすい、油、化学調味料や添加物をつかわず、しかも天日で乾燥させた乾麺。
    名前の通り焼そば用ではあるのだけれど、これを鍋に入れると旨い。
    乾麺独特のコシをなくさず、シコシコとした食感が熱々にしても持続する。
    しかもプルプル。
    その食感をたのしもう…、と、まずはお湯で軽くもどしてほぐしておきます。
    油であげていないからでしょう。
    小麦の香りと、日なたの匂いが香ばしい。
    鍋の中のお湯に味付け。
    塩と胡椒。
    そして少々、醤油で味を付けるだけ。
    甘みの強い野菜のうま味と肉の風味がひそかに息づく上等スープ。
    そこに麺を、鍋に放りこみ縮れた麺がまっすぐスルンと膨れて柔らかになるまで煮込む。
    試しに一口すすってみると、麺がやっぱり香ばしい。
    しかも歯ごたえ抜群でスルスルスベスベ、驚くほどになめらかで…。
    ただ味が少々たりなくて、そうだ、秋刀魚の蒲焼缶があったはず。
    それをチョコンと麺にのっけてたぐってみると、これがおいしい。
    魚の油と、風味とそれからコッテリとした醤油味。
    力強い麺の食感にそれらが混じって、スルンスルンとお腹の中に入ってく。
    この麺、かなりの実力で常備菜にしておきましょうと早速思う…、お腹も体もあったかで週末の夜、ゴキゲンよう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    寒い週末ですね。(明けましておめでとうございます、です)
    白ネギ、豚肉、ごま油、塩(水なし)鍋+塩ポン酢が
    お気に入りでよくやるのですが、この寒さの中では
    汁ありが嬉しいですね。締めがこれまた美味しそう!
    一度試してみたいなあと思いました。
    makikoさん / 2011/01/16(Sun) /
    > makikoさん
    鍋を炊くと、温かい湯気がモクモク。
    実際の温度以上に温かく感じるのがうれしいですよね。
    特にネギは体を温め、風邪予防効果もあるお野菜。
    是非、お試しください。
    サカキシンイチロウさん / 2011/01/16(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    マンハッタンな土曜日の朝 HOME 嘉賓でランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]