忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日も夜を家でご飯。家で料理をするのがなんだか最近たのしくて、昼に続いて野菜を食べる。まずはサラダを…。



    カリフロールっていうカリフラワーの茎が伸びたみたいな野菜をみつけて、それをほんの少しのお水と塩で土鍋で蒸し焼き。
    ところどころがちょっと焦げて仕上がって、茎はコリッと固いまま。みずみずしくてくすんだ緑の香りがするのがオモシロく、食感は生のブロッコリ、茎の部分は白アスパラガス、花のところはカリフラワーって感じがなんだかオモシロイ。
    サラダ用のほうれん草と、白アスパラガスの水煮を添えてオリーブオイルと塩とライムで味ととのえた。



    それからかぼちゃ。今日は夏至。当時にかぼちゃは季節の食べ物。とは言え美味しげな南京見つけて、それで食べたくなったワケ。
    これも土鍋にお酒を少々。風味と甘味のために田舎の出汁醤油。赤唐辛子を刻んだモノとパラリと散らして、あとはコトコト。土鍋がおいしくしてくれる。
    ほっこりとした味と風味にウットリします。自然の甘みで気持ちがフワッとやわらかくなる。
    なんだか最近、こういう料理が上手になった。おじぃちゃん(笑)。



    イカゲソ部分の天ぷらと、ブリの切り身の塩焼き作る。
    スキレットをがんがんに焼き、ブリを並べて日本酒パッパ。蓋してしばらく蒸し焼きにして、ヒックリ返して出来上がり。
    味は焼き塩だけという、素材の味を素直に味わう調理法。
    素材が良ければ技術はいらぬ。素材に対する敬意と手早さ。最小限の調味料。素材がおいしくなろうとするのを、邪魔せぬコトがよき調理。

    〆にうどんを茹でてキリッと水で〆、上にあれこれ具材をのっける。



    刻んだめかぶに生の青海苔。削ったばかりのかつお節。出汁醤油をほんの少々、それからライムとこれまた調味料は最小限で。
    だってうどんが塩をそもそも含んでて、噛めば噛むほど小麦の旨味と塩の風味がおいしく口に広がっていく。ライムの酸味はそれらすべてを引き締めるため。
    ズルンズルンと味わい食べる。お腹がたのしく満たされる。

    一年で一番短い夜にこんな夜空の動画。
    十字状のマウントに4台のデジタルカメラに魚眼レンズを装着し、採れた画像をつないで360度の微速度撮影映像にしたというモノで、不思議にキレイ。



    圧倒的な自然の魅力を感じる動画で、場所はユタやモンタナ、ワイオミング。アメリカの国立公園をあちこち回って撮ったんだという。
    こんな夜空が頭の上にあるんだなぁ…、って思うとなんだかワクワクします。夜更かししようと思ったけれど、ちょっと眠たいお年ごろ(笑)。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    このカボチャは!
    スクロールしてカボチャに釘付けです。
    煮崩れしていない、なのに醤油が芯まで染み込んでいる・・この佇まいにやられました。脱帽です。
    主婦歴長い私も、カボチャの煮物は、‘あらっ~~’という出来の時が・・。
    家庭料理だって見た目が美しいのは、大切ですね。
    mohamoraさん / 2014/06/22(Sun) /
    土鍋パワー
    > mohamoraさん
    小さな土鍋で蓋して蒸煮。
    少なめの出汁で蓋をとらずに、鼻をたよりに調理しました。
    自分でもビックリするほどの出来栄えで、褒めていただけるとうれしくってしょうがありません。
    母が作っていたような家庭料理が上手にできるって、本当にシアワセ。
    ウレシイ限りです。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/22(Sun) /
    ホドロフスキーのDUNE HOME 野菜バフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]