忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    家でご飯をユックリします…、野菜を沢山食べましょう!
    b485a963.jpegかぼちゃをあごだしでコックリと炊く。
    味は何もたさずに出汁だけ、ただそれだけでも十分甘くておいしく感じる。
    鹿児島産のミッチリとした小さく、けれど重たいかぼちゃで切ってタネをとってたらスイカのような青い匂いがやってきた…、同じウリ科の野菜だからそれも当然。
    シットリとして口に入れるとトロンととろける…、ムッチリおいしいオゴチソウ。

    98ea828a.jpegそれから熟れたアボカドをエビと一緒にザックリあえる。
    エビを茹でたときの塩味と、ほんの少しのウスターソース。
    それからタバスコ。
    ただそれだけでおいしく味が整っていく。

    夏の野菜のゴーヤがおいしい。
    種とりタンタン、薄切りにして塩でもんだら熱湯かける。
    水をよく切り、ツナ缶、それから塩昆布。
    グイグイ揉んで出来上がりという、ゴーヤスライスのツナまみれ。
    ツナの油でゴーヤの苦味がおだやかになり、うま味もグイッと濃厚になる。
    ゴーヤの料理ではこれが一番好きなモノ。
    シャキシャキパリパリ食感たのしく、みずみずしくて太陽の味がするのがたのしい。
    野菜でお腹がキレイになってく、そんな味わい、味わった。

    それから鶏のむな肉を開いて塩麹をまぶしてしばらく寝かせて、焼いてみた。
    塩麹デビューでございます。
    麹をつけたままフライパンで蓋して焼いてみるとなかなか香ばしい。
    フックラしてて、皮もパリッとキレイに焼けた。
    とは言え何が塩麹らしさなんだろうって一生懸命考えながら食べるんだけど、それがなんだか最後の最後までわからずじまいでなくなっちゃった(笑)。
    付け合せには炒めたピーマン…、青い香りがすがすがしい。
    f76ae70b.jpeg鶏と一緒に食べてみましょと、近所の食料品店で買った海南チキンライス用のご飯の素を使ってタイ米、炊いてみる。
    作り方はとても簡単。
    ジャスミンライスをお釜に入れてチキンライスの素を入れお水で薄めてスイッチポンっであとは炊くだけで炊いてる間、ずっとおいしい生姜の香りが電気釜から吹き出していた。
    炊けたご飯はところどころがまばらに色がついていて、見事にパラパラ。
    しかも鶏の風味とうま味がシッカリしてて生姜の風味もとても上等…、まさに海南チキンライスを食べてるようで食べ始めると止まらない。

    b167e8f2.jpeg半分くらいは残しておこうかって思ってたんだけど、炊いた分だけ、全部食べてしまえそう。
    それでおかずが足りなくなった。
    それで魚を焼くことにする。

    近所の魚久。
    魚の粕漬けで有名な店。
    そこが平日。
    個数限定でご奉仕品を売ってるんです。
    値段は735円。
    鮭や銀だら、さわらにかれいといろんな魚の端材がタップリ。
    「切り落としの盛り合わせ」って名で、一切一切は不揃い。
    いろんな部位が入ってる。

    どんな部位のどんな魚が入っているかはわらかない。
    けれど必ずイカゲソが入ってる。
    通常品ではイカゲソっていうのは売っていなくって、それが結構、美味しかったりするのであります。
    先日買って、冷凍しといてそれで今日。

    流水解凍、キレイに洗って魚焼きのグリラーに入れてコンガリやいた。
    何度かヒックリ返しつつ、皮目をパリッとキレイに焼けて、粕と脂で身はテカテカと、箸で触るとホロッとほぐれシットリうま味と脂がにじむ…、なんておいしい、ご飯が進む。
    サワラの尻尾に近いところは、筋肉質で硬くてけれどうま味が強く、鮭のハラミは脂が強くて口のなかでトロけるようで、端材といえども魚は魚。
    端材でなければ味わえぬ、特別な味であったりもして得した気持ちでニッコリとなる。
    ひさしぶりにユックリ過ごす、土曜日の夜、のんびりと。
     

    拍手[7回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    あごだし
    あまりにもよく登場するので、使ってみたいなあ、と思っていたらありました!契約している自然食品系の生協に。
    コンソメとの相性が抜群とのことだったので、玉ねぎやらズッキーニやらトマトやらでスープを作ってみました。力強い香りのわりに味は品よく、これからの季節、麺つゆや冷汁にも良さそうですね。
    doramiさん / 2012/07/01(Sun) /
    そうなんです!
    > doramiさん
    何か料理を作ろうとするときに、味に迷ったらとりあえずあごだし使ってけ…、ってくらいに重宝します。
    とった出汁とミルク、缶詰コーンで即席冷製コーンポタージュができたりするので、これから登場頻度がますます増えるような予感がします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/07/01(Sun) /
    人形町の!!
    魚久さん美味しいですよね~♪
    子供達がまだちびっこだった頃、
    香りの強い粕漬けは食べなかったのに 頂きものの魚久さんの粕漬けはペロリと1匹食べてしまって(笑)びっくり!
    美味しいものって子供にもわかるんだな~
    と、妙に感心したのを覚えております。
    あぁ~食べたくなってきてしまいました!!
    ばろんさん / 2012/07/01(Sun) /
    お店で食べる!
    > ばろんさん
    人形町の本店と、銀座のお店に食堂がありますよね。
    そこで食べると、自分で焼くより数段おいしい。
    ご飯もおいしくて、おかわりすすんでウレシクなっちゃいます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/07/01(Sun) /
    アサンドイッチ・セロリチャウダー HOME 寿司に麺
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]