忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    オランダから帰ってこられたお知り合いからおいしいお土産をもらいます。
    カレーケチャップっていう調味料…、カレーの風味もあるのだけれど、スパイシーでハーブの香りがたのしいエキゾチックな味が好き。
    ソーセージにかけて食べるのが彼の地風のレシピでそれで、作ってみます。



    白ソーセージを一口大に切り分けて、油をひかぬフライパンでコロコロ炒めて軽く焦げ目をつけてやる。
    火を止めカレーケチャップをプチュっと注いで風味を引き出しお皿に盛る。
    そこにパラリとカレー粉ほどこし、あとはパクリと食べるだけ。
    プチュンと白ソーセージの歯切れる食感、そこにカレーケチャップの甘みと酸味とハーブの香りが混じって口がにぎやかになる。
    しばらくいろんな料理に使ってためしてみようと、感謝いたします、アリガタイ。

    さて本格的な晩ご飯…、家で作ってユックリ食べる。



    徳島県産のすだちの皮を飼料にまぜて育てたという「すだちぶり」の切り身があまりにキレイでかった。
    ツヤツヤしていて、皮はキラッと輝く銀色。
    切り目が角張り、いかにも新鮮、脂ののったさまにうっとりしながら醤油にピトッと漬けると、醤油の表面にキラッと脂の粒がはじける。
    サクッと歯切れて、むっちりとした魚のうま味が広がって脂がじゅわっと舌を汚していくんだけれど、不思議な程に切れが良い…、すだちの皮の効果でしょうか。
    こういうブリを見つけると、もう冬なんだと季節がちょっと先に向く。

    和牛のイチボを焼肉用に切ってもらって、帆立の柱と一緒に焼いた。



    ホットプレートに油も引かずそのままに、塩を胡椒で軽く下味、焼き肉のタレとポン酢を交互に使い分け、ハフっと食べると、あぁ、おいしい。
    赤身の肉のサクッと歯切れ、歯ごたえたのしく肉のうま味がひろがっていく。
    刺身で食べるコトができる帆立は表面だけを焼き、軽くうま味を凝縮させてパクリと食べると海のうま味にウットリします。
    肉を焼くための牛脂をもらってきたんだけれど、肉そのものの味わいをそのままたのしむために使わず、サッパリ、スッキリ味わった。

    ベイビーリーフに、小さなトマトを半割にして刻んだタイムと一緒にオリーブオイルに漬け込んだモノをドレッシングがわりに乗せてサラダにす。
    それを肉でくるんで食べると、シャキシャキとした葉っぱの食感と肉の食感が互いにひきたて、肉がいくらでもお腹におさまる。オゴチソウ。



    茄子が沢山残ってて、試しにチヂミのように作ってみましょうか…、と。
    細切りにした茄子に白出汁をかけてチンしてしんなりさせる。お好み焼きの粉をときネギと一緒に茄子を閉じるように焼く。
    塩と胡椒にだし粉を少々…、胡麻の油で周りをカリッとさせて食べると茄子がシットリ、ネギの風味も味わい深くなんだかたのしい夜のおやつのようになる。

    〆にペンネ…、強めに塩をほどこしたお湯でじっくり茹でてる間に、野菜をたっぷり使った具材を準備する。
    ベーコンを大きく切って油の中でこんがり焼いて、香りや味をうつしておきます。
    皮付きのまま茹でたとうもろこし、実だけをこそげおとして、ベーコン焼いてるフライパンでこんがり、焼き目をつけてやる。



    茹で時間があと一分程というタイミングにて、グリーンアスパラをペンネの鍋に放り込みピピッとなったらザルで取り上げ、ベーコンの鍋に放り込む。
    茹で汁を注ぎながら味をととのえチリペッパーとオリーブオイルで辛みと風味をくわえて仕上げる。
    ちぎったバジル。焼いたとうもろこしで飾ってあとはスプーンで食べるだけであります…、シャキシャキとしたアスパラガスと、ペンネのクニュクニュ、コーンがホツホツ口で散らかりオモシロク、コーンの甘みが口に広がる。
    どこをすくって口に入れてももれなく野菜がいてくれる。体にやさしい料理ができた…、それがなんだかウレシクおいしいオゴチソウ。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    カレーケチャップ
    カレーケチャップイイですネ~
    \(^o^)/

    カレー味の白ソーセージ美味しそう

    なすのチヂミたべてみたいな~

    おんなじ素材でも
    サカキサンがお料理すると
    オシャレで色もキレイで美味しそうになるんですネ~
    たべてみたいなぁ~
    ヽ(^。^)ノ
    つんつんさん / 2013/11/03(Sun) /
    魔法の調味料
    > つんつんさん
    白ソーセージとの相性が抜群なんですが、マヨネーズやソースと混ぜると何にでもあう調味料になるんですよ。

    それから、絵文字、控えめにお願いしますね。
    サカキシンイチロウさん / 2013/11/03(Sun) /
    42 HOME ポウルのサーモン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]