忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は表参道でジックリ仕事をいたします。

    bamboo.jpg原宿。
    あるいは表参道。
    飲食店作りに難儀する場所。
    誰を相手に仕事をするか…。
    それを決めないとコンセプトが定まらないんだけど、これがなかなか難しい。

    遠くからやってくる観光客的お客様。
    特に最近、海外からやってくる人がかなり目立って、そうした人を相手にしているお店が増えた。
    ウェンディーズが日本再上陸の場所にこの街を選んだのも、日本中からいろんな人がこの街を目指してやってくるパワーを信じてのこと。
    かなり悲惨な状況ですけど…。
    開店後の数日間は別として、その後、一度足りとも行列ができたことがない無残な状況。
    こんなはずじゃなかったってコトが起こる確率が、東京で一番高い街もココ。

    地元の人に愛され必要とされるお店を作ろう…、と今日はあれこれ打ち合わせ。
    間もなく原宿のキャットストリート近くに小さなお店が開店する予定。
    鉄板焼きのお店なのに、アジア料理でしかもバルのようなお店…、この近所に住んでる人たちの憩いの場のようになるといいなと思ってる。
    昼ちょっと前からパラパラ雨が降る東京…、昨日まで暖かかった東京も、今日は急に冷たい雨で体が悲鳴を上げるよう。

    fbc7dbbc.jpeg夜は家でご飯とします。
    メインを鶏を焼いてみます。

    鶏の胸肉。
    片側分で一枚300g近くというかなり立派な鶏肉で、ズッシリ、しかもミッチリ、健康的な感じがします。
    スキレットをよく焼いて、皮目をジュジュっと押さえつけ焼く。
    キュッキュッと皮が焼ける音。
    おそらくギュッと皮が縮んで脂が溶け出しているのでしょう…、手を離したら鶏の胸肉がユッタリ自分で統べるように動いてく。
    塩を施し蓋をする。

    軽く蒸し焼き。
    バチバチ、脂が爆ぜる音がして、しばらくするとそれが収まる。
    蓋を開け、ヒックリ返して再び蓋して弱火にし、5分ほどユックリ焼く。
    蓋したまんま火を止めしばらく休ませる。
    指で押し、中まで硬さを感じたら再び強火で皮目をコンガリ焼きあげて、ザクリと切ってお皿に並べ、胡椒をカリッで出来上がり。
    自分の脂だけでやけた鶏の肉。
    だからフックラ、脂臭さがまるで無く肉の内側はまるで蒸しどり。
    けれど焼けた表面はコンガリ焦げた風味があって、サックリとした夜のゴチソウ。

    a43cb4e8.jpeg野菜を食べます。
    最近、体が求めているのか食品店に行くと野菜の売り場がどうにも気になってしまう。
    体が求めるモノはおいしい。
    健康バランスを取ろうと頭がSOSを出しているのかもしれません。
    それでいくつか。

    まずは春のキャベツを買います。
    花が咲いたようにハラリと、葉っぱと葉っぱがまだくっつかずユルリとまるまるやわらかキャベツ。
    濃い塩水をくぐらせて、ビニール袋に放り込み、電子レンジで軽くチンする。
    ホンワカ温かになったところで、鶏を焼いてたスキレットにギュッと表面押し付ける。
    鶏の脂の甘みとキャベツ自体の甘みが、ウットリするほどおいしくて、キュッキュと奥歯が痒くなるような春の味。

    それから菜花。
    今年は菜花に気持ちがグイグイ向かってく。
    何故なんだろう。
    春の苦味と、目に鮮やかな緑色。
    食べると体が目覚めるような味わい深さにどうにもこうにも抗しきれず、今日も買う。
    フライパンで軽く焼きます。
    塩をふりかけ、水を少々…、そして蓋して最後に醤油をササッとかける。
    オリーブオイルで艶と風味をだしてやり、体が喜ぶ焼きサラダのよなたのしい一品、出来上がる。

    f895a632.jpeg〆はペンネ。
    自家製ミートソースで仕上げる。
    牛のひき肉。
    塩をくわえて油をひかぬフライパンで良く焼きあげる。
    脂がどんどん染み出してきて、肉が揚がるように焼けてく…、その脂がキレイにスキッと透き通ったら余分な脂は捨てておく。
    ざく切り玉ねぎ、ニンジン、それからセロリをくわえしばらく一緒に炒めたらトマトホールとローリエ、パセリをくわえて煮込む。
    赤唐辛子にニンニクの香りを移したオリーブオイルを注いでモッタリ濃度をつけてく。

    それからペンネを茹でていきます。
    多めの塩を入れたお湯。
    標準的な茹で時間は10分ですよというパスタを、13分の設定にして余分に茹でる。
    ロングパスタは短め時間でアルデンテ。
    けれど太めにできたショートパスタは長めに茹でた方がムチッと、小麦の食感がなめらかになる。
    だから長めに茹でたのを、ソースであえてお皿に盛って細かくシュレッドしたモッツアレラチーズと刻んだパセリで飾って仕上げ。
    クニュクニュとしたペンネが奥歯や口の隅々撫で回し、ミートソースの肉がホツホツ、大きめに刻んだニンジンやセロリがコツコツ、歯ごたえたのしい、食べ始めると止まらぬ一品。
    パスタが上手にできた夜って、なんだか気持ちがシアワセになる。
    明日は土曜日、小さなイベントいたします。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ウエンディーズ
    やはり、あのウエンディーズは失敗でしたか?!
    オープンまでのドキュメントを見ましたが、??ばかりのコンセプトでしたから。

    表参道。サカキさんがどんなマジカルな計画を立てているのか、期待してます!!
    オレンジさん / 2012/03/23(Fri) /
    やっちまったな!
    > オレンジさん
    ハンバーガーが好きで始めた店じゃなく、ただただお金を集めるためにやったコト。
    フォアグラなんてハンバーガーショップで食べたくはないですものね。
    しんみり静か。
    ただ、コストのコトを考えると世界で一番贅沢なウェンディーズだとは思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/24(Sat) /
    体にやさしいオゴチソウ HOME COVAのラザニア、金曜日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]