忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    実家から届いた野菜を使いきらなきゃ…、と、それで料理をあれやこれやと。
    まずはお好み焼きを作った。
    okonomiyaki.jpgキャベツをザックリざく切りにして、角切りにした讃岐の平天、千切り大葉に細かく刻んだ青唐辛子と紅しょうがを生地と一緒に混ぜて焼く。
    ホットプレートで片面がほぼ焼きあがるタイミングで豚バラ肉を上に乗っけて、ひっくり返して肉をこんがり…、豚の脂がにじんで焼けてそれが生地をサクッとさせる。
    焼きあがったらザクッと切り分け、オタフクソースとマスタードマヨネーズ、それに鰹節をタップリかけてパクリと。
    少量の生地でサックリ焼けて、まるで野菜の料理を食べてるような軽い食感…、魚のすり身の平天がイカを食べてるような気持ちになるのもなんだかたのしい大人のおやつになりました。

    7e6d9712.jpegそれから夜も家ご飯。
    一昨日、昨日と外食続き。
    だから今日は家でご飯を作ってユックリしましょうと。
    昼、新宿に出たついでに食材あれこれ揃えてそれでじっくり作る。

    イカそうめんをまず作る。
    イカのおいしい季節であります。
    ヤリイカを細く細く糸造りにする。
    冷たい水でキリッとしめて、白出汁かけてなじませる。
    大葉を細く千切りにして、よぉくあえて白いイカそうめんに彩りくわえる。
    生姜を皮ごとすってチョコンとてっぺんにのせ、あとはグルンとかき混ぜズルリ。
    ネットリとしたイカの食感。
    イカそのものがたくわえた海の塩味、そして出汁…、大葉が明るい香りをくれて生姜がお腹をあっためる。
    やっぱりおいしい食品って、それそのものが味わい深く調理するとは素材自体のおいしさを引き出し豊かに増幅させる…、ただそれだけのことなんだってウットリ思う。
    なんとステキなオゴチソウ。

    それから今日も茶碗蒸し。

    81581a06.jpeg先日、信田蒸しを作って成功。
    スティームレンジではじめて作って、こんなに上手にできるなんてとちょっとウットリ。
    あれがビギナーズラックじゃなかったという証を、今日も欲しくて作ってみます。

    今日は普通の茶碗蒸し。
    けれど大きなボウルで作る。
    中国料理にみんなで分け合う茶碗蒸しのような料理があって、それをなぞって作って見ることにした。
    具材は鶏肉。
    それからむきエビ。
    切ったかまぼこ、カニカマ、タケノコ。
    季節の野菜をひとつ入れようと、それでそら豆。
    固めに塩ゆでしたものの、皮を剥いてパラっと散らす。
    そしてスティームオーブンで30分ほど…、加熱したうえ蒸らしてそれで出来上がり。
    今日も表面スベスベに、キレイにできた。
    ツルンと表面はりがあり、舌に置くとスベっと滑る…、舌で上顎ちょっと押すと出汁のうま味を吐き出しながらプチュンと潰れて消えていく。
    儚い食感、なんとステキにいとおしい。
    具材もそれぞれ食感豊かで、中でもそら豆がクニュっと潰れる、その食感と味わいが百合根のようでほっこり気持ちがおだやかになる。

    そしてすき焼き…、タップリ野菜を使って作る。
    3943a379.jpeg白菜の芯の部分が沢山冷蔵庫の中に残ってて、それを使って作ってみる。
    白菜は水気がが出るからすき焼きにはあまりしないんだけど、今日は特別…、まずはすき焼き鍋の隅に白菜としらたきをおき、ザラメと醤油で肉を焼く。
    酒を注いでシットリさせて、そのうち白菜から水気がでてきて関西風のすき焼きがどんどん割り下で煮込むタイプのすき焼きになっていく。
    春菊、エノキにタケノコをありあわせのモノを使ってクツクツ煮込んでハフハフ食べる。
    お腹も体もあったまり、日曜の夜がふけていく。
     

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ボンヤリいこう、月曜日 HOME 休日モードの沼津港
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]