忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、冷やし中華ではじめることにいたします。

    41240a27.jpeg広島つけ麺の「なか川」さんの、冷やし中華用の麺を手に入れていて。
    レモン酢のタレ。
    しかも平打ち。
    ココの麺は腰が強くて、さすがつけ麺用の麺づくりが得意なお店。
    冷たくしても小麦の風味が飛んだりしない。
    冷やして食べるためにできてるような麺の食感、風味に味わい。

    ディーンアンドデルーカの店頭にこれを見つけると、必ず買っちゃう。
    アメリカ的なゴチソウ食材をセレクトすることからはじまったディーンアンドデルーカも、今では日本のディーンアンドデルーカになってきている。
    日本中のおいしい食材。
    例えば油や出汁、調味料。
    この麺以外にも蕎麦や稲庭などの乾麺の品揃えが見事でステキ。
    生鮮食品などはないから晩ご飯のメニューを探すことは難しい…、けれどオヤツに夜食に朝食、軽い食事のネタを探すのにとてもいい場所。

    7ab956ca.jpeg便利でござる。
    そのオキニイリの麺に具材をピタッとあわせる。
    ハムにキュウリに卵焼き。
    サンドイッチの具材と同じ。
    それをそのまま薄切りにして揃えると、サンドイッチが出来上がり、細切りにしてあげると冷やし中華の具材。
    それと一緒にベイビーリーフの買い置きがあり、それを使って具材にしよう…。
    そのままだったら麺とのなじみがよくなさそうで、オリーブオイルとマスタードマヨネーズで揉んでしんなりさせて準備する。

    そして麺を茹でひやしてしめる。
    冷たい水でじゃぶじゃぶ洗っているうちにやわらかだった麺がグイっとひきしまる。
    そして、引っ張ろうが押し付けようが少々手荒にあつかってもびくともしない、力強い麺が手に入る。

    お皿に盛って、具材をキレイに飾り付け、そこにスープをそっとそそいで、まずはその姿形を目で味わう。
    色彩豊かで麺がつやつや色っぽく、レモンの風味と醤油の香りがフワッとただよう。
    いただきましょうとグルンとかき混ぜ、ズルズルすすると、ムチムチした麺と具材が口の中でひとつに混じりあい、おいしく涼しく体がシャキッと目を覚ます。

    昼、仕事の打ち合わせをかねて友人がやってきて、せっかくだから食事を一緒に。
    5cd82538.jpegしゃぶしゃぶ用の豚肉かって、昼からしゃぶしゃぶ。
    あごだしはった鍋をテーブルの真中に置き、他の具材は絹ごし豆腐に豆苗、エノキに春菊と鍋の野菜をタップリ並べる。
    タレはポン酢や胡麻ダレ、めんつゆ。
    自由自在に混ぜあわせ、自分ごのみの味に仕立てて食べるだけ。
    昼から鍋はちょっとゴージャス…、けれど調理せずとも素材を用意しとけばあとはみんなが勝手に作ってくれる…、便利でおいしいオゴチソウ。

    f73d8a03.jpegエノキはトロンと粘り気がでる。
    タレとのからみも絶妙で、熱を加えたエノキのうま味ってなんてこんなに強いんだろう。
    漬けたタレまでおいしくなってく。
    それから豆苗。
    青い香りがフワッと鼻から抜けてシャキシャキと。
    温かいのに生の食感がしてオモシロイ。

    凍らせといた牛肉がある。
    赤身がキレイで、あまり脂が乗ってない。
    バラやモモ、ロースといろんな部位が混じってほどよい分量。
    それで炒めて食べましょう…、と。

    フライパンに胡麻油をうすぅくひき、そこでジャジャっと肉を炒める。
    すき焼きのタレを軽くかけまわし、そこに小松菜。
    ザクッと切って蓋するように肉を覆って、そこに日本酒をパパッとかける。
    蓋してしばらく蒸しあげて、タバスコふって出来上がり。
    菜っ葉の中でもシャキシャキ具合が際立っている小松菜で、ムッチリとした牛肉と歯ごたえ違ってとてもたのしい。
    ほんの少しの苦味が味をキリッと引きしめ、なかなかの出来。

    0f132835.jpeg魚売り場で目について、思わずかってしまった昆布。
    切り昆布とでもよぶのでしょうか…。
    分厚い昆布を細切りにして、そのまま食べても十分味があるモノを、ちょっと炒める。
    油をひかぬフライパン。
    昆布を置いて、火をつけてジュウジュウ、しめった音がしてきて磯の香りがやってくる。

    そこで日本酒。
    ポン酢をちょっとかけて酸味と風味をつけて七味と胡麻をふって仕上げる。
    ザクザク歯切れて奥歯でトロンと粘り気をだし、健康的な香りと味が体に染み入るオゴチソウ…、こうしたモノを食べてると体にいいんだって思って食が進むし笑顔にもなる。
    〆は稲庭うどんを茹でて、水でキリッとしめたのをタイ風グリーンカレーに鯖の水煮缶を加えてコトコト煮込んだモノをつけ汁にしてズルンと食べた。
    稲庭うどんのコトをムチムチフォーだと思えばとても自然な一品…、そんな昼。
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    この季節のお鍋もいいですね。
    いつも食べる事に手を抜かないサカキさんは私のお手本です♪
    キョーコさん / 2012/06/17(Sun) /
    どんなときでも
    > キョーコさん
    食べることがおろそかになると、生活そのものがおろそかになるような気がします。
    どんなときでも。
    どんなことがあっても、まずは丁寧に食事をします。
    すると、笑顔になりますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/17(Sun) /
    切り昆布
    実家では、ごま油とお醤油で炒めて食べてました。コクがあって美味しいですよ。
    ポン酢や七味という発想はありませんでした。美味しそうです!食べた~い♪
    Nimamepandaさん / 2012/06/17(Sun) /
    実家では
    > Nimamepandaさん
    にんにくを刻んでごま油と醤油で炒めます。
    竹輪や油揚げなんかを刻んで一緒に煮たりもしますよね。
    昆布のうま味がシッカリしているので、ほんの少しの調味料で料理になってくれる。
    重宝です。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/17(Sun) /
    そいえば
    サカキさんの

    冷やし中華の

    おいしそうさ加減が

    ハンパなく

    ついつい

    まちの

    冷やし中華始めましたに

    やられちゃって

    おかげさまで

    すてきな出会いが

    おきております

    このばをかりて

    御礼申し上げまする〜

    ネコスタさん / 2012/06/17(Sun) /
    出会い
    > ネコスタさん
    新しいお店。
    新しい料理。
    新しい出会いがあるってステキなコトですよね。
    季節に呼ばれるおいしい出会い。
    ボクも探してみることにいたします。
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/18(Mon) /
    なるほど!
    にんにく追加!
    それ絶対ウチの家族好みです♪切り昆布、買いに行かなきゃ~!茎わかめでも美味しそうですね。
    嬉しいアドバイス、ありがとうございました。
    Nimamepandaさん / 2012/06/18(Mon) /
    茎わかめ!
    > Nimamepandaさん
    ボクも茎わかめ…、探します!
    サカキシンイチロウさん / 2012/06/18(Mon) /
    心に響く日曜の夜 HOME 雨の土曜日、寒い今日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]