忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    サンドイッチを作ります。

    e8daa656.jpeg昨日、とても上等なジャンボンブランが手に入った。

    ジャンボンはハム。
    ブランは白。
    つまりフランス風の「白いハム」。
    豚モモ肉を一旦茹でてつくるから、脂が取れてサッパリと、しかも白く仕上がっていく。
    そのまま食べてもしつこさ感じぬやさしい味わい。
    けれどところどころにゼラチン分が、ゼリーのように溜まっててうま味は十分。
    フレンチカフェのサンドイッチは、このハムがあればこそ…、ってモノでもあります。
    それを数枚。
    伊勢丹の地下で買ったら「ありがとうございます、明後日までおいしく召し上がれますから」って一言いわれた。

    実はしゃぶしゃぶ用のお肉を買ったときもそう。
    アンデルセンでパンを買ったときも賞味期限を念を押された。
    ボクが買ったのはわりとデリケートにできてるトーストブレッドで、たしかに賞味期限が気になる食品。
    けれど日持ちしそうなダニッシュなんかを買った人にもいちいち念を押していた。
    百貨店の地下食品売り場全体で、そういうコトになったのかなぁ。
    どうなんだろう…、気になった。

    さて、サンドイッチを作りましょう…、と週末の朝のひと仕事。

    a609d77b.jpeg昨日、作った粉ふきいも。
    それを、よぅく潰します。
    マッシュポテトにならぬよう、若干、塊のこしたままでそれを油を引いたフライパンでまずよく焼きます。
    こんがり両面に焦げ目がついて、香りもこうばしくなったところで卵焼き器にまんべんなく、広げておきます。
    そこに溶いた玉子をそっと流しこみ、ジャガイモとジャガイモの間を埋めるようにする。
    弱火でジックリ。
    薄く伸ばしたスパニッシュオムレツみたいな玉子が焼き上がる。

    トーストブレッド。
    軽く焼きます。
    生地の水気を放り出し、うま味と香りを凝縮させて、焼きあがったら立てかけて蒸気を飛ばしてカサカサさせる。
    そこにバターとマヨネーズをうすく伸ばして玉子焼き。
    ケチャップを軽くほどこし、ロメインレタスをふんわかかぶせ、上にジャンボンブランをを一枚丸ごと、おりたたむようにそっと乗っける。
    空気をタップリ含んでだから、ちょっと揺するとグラグラ揺れる。
    パンで蓋してそのグラグラを崩さぬように、潰さぬように、ザクッと二つに切り分ける。

    ジャンボンブランの上品なうま味、風味がキリッとしてる。
    焦げた香りが甘やかでカサっと歯ざわり軽やかな、噛めば噛むほどムチムチしてくるトーストブレッドもまた旨い。
    けれど焼いた玉子のふんわかしてて、そこにジャガイモのホクホクとした食感が混じるステキが今朝一番のオゴチソウ。

    98a805b2.jpegそれから朝のおめざを一個。
    マルセイバターサンドを食べて、体を潤す。

    北海道の帯広に本店をもつお菓子屋さん。
    そこを代表する銘菓がコレ。
    実は先日、北海道からやってきた友人に「はい、お土産」といただいたモノ。
    冷蔵庫の中で冷やしておいた。
    それを取り出し、一口、カプリ。
    齧って舌の上におく。

    シットリとしたサブレの生地が、ユックリ舌となじんできます。
    冷たくされて縮こまってた、香りが背伸びをしながら鼻から抜けていく。
    味わい、風味がなんとも豪華。

    サブレやビスケットって乾いているのが当たり前…、と昔、ずっと思ってた。
    でもそれを牛乳なんかにひたして食べると、シットリとてもおいしくて背徳感をもってたボク。
    ところがこれに出会って、なぁ〜んだ、濡れたサブレもOKなんだと、思ってそれからハマったお菓子であります…、オキニイリ。
    サブレの間から、トロンととろけるバタークリーム。
    それにクチュっと奥歯で潰れるレーズンと、とてもハイカラな味がする。
    小川軒のレーズンウィッチが元祖なんだよ…、って言う人もいる。
    けれど北の国から飛んできたバターサンドはやっぱり格別、のどかな気持ちの朝になる。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    冷凍庫
    バタサンド、よくお土産にリクエストされます。
    これか同じ六花亭のフリーズドライいちごのチョコがけのやつが多いです。

    先日も実家に帰るときに友人にお願いされたのですが
    その友人が「凍らせて食べるのがすきなんだ」と一言。

    ・・・うーんうーん、クッキーサンドアイスみたいになるのかしら?
    ちょっと怖くてまだ試してません(--;
    setsunaさん / 2011/04/23(Sat) /
    凍らせて
    > setsunaさん
    確かにバターは凍らせても、完全にシャリシャリになることがない。
    もしかしたらより一層、クリーミーになってくれるかもしれません。
    今度、おいしい実験をしてみようかと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/04/23(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    サイゼリヤ HOME 金曜の夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]