忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝にマフィン…、ソーセージエッグマフィンのようなサンドイッチを作ってやろうと、それで具材をいくつか準備。
    328d22fe.jpegまずはモーニングステーキって名前で売ってたソーセージ。
    分厚くムッチリ、焼くと表面がカリカリ焦げて中はフカフカ…、分厚く切られて売っているハム型ソーセージを買って焼く。
    油を多めに温めて、そこで揚げるようにして熱をくわえてスタンバイ。
    それからチーズ。
    エメンタールをシェレッドしたの…、グラタン用に売っていた溶けるチーズをタップリふた掴みほど塩を胡椒をふって味を軽く入れとく…、それから玉子を焼いたもの。

    bfaa38b8.jpegパセリを刻んで玉子に混ぜて、それをよくとき油で焼く。
    フライパンを油になじませ、溶いた玉子を流し込んだらしばらく何もしないでそのまま。
    周りがシッカリかたまったらフォークでペロンとめくって中におりこんでいく。
    固まってない玉子が周りに押し出され、自然と焼けて黄色い玉子のかたまりになる。
    フックラとした卵焼き。
    軽く冷まして休ませる。

    マフィンを焼きます。
    2つに開いて内側をこんがり焼いたら、その半分にチーズをのせて再び焼いて溶かして焦がす。
    溶けたチーズの上にグリルドソーセージ。
    玉子をのっけて出来上がり。
    ザクッと半分に切り分けパクっと味わった。

    トロンと溶けたチーズにプチュンとソーセージ。
    シットリ玉子にときおりパセリが青い香りを吐き出していく。
    ソーセージエッグマフィンもこうして作るとゴチソウ料理…、ニッコリします。
    ただマフィン。
    スーパーで売ってる有名ブランドのマフィンなんだけど、もちもちしてて苦手な食感。
    パンと餅の合いの子みたいな食感でちょっと苦手でそれだけ残念。
    なんでなんだろう…、日本のパンはやわらかでもっちりしているのが上等って誰かが決めたに違いない。

    d5ca775f.jpegマクドナルドのマフィンの食感。
    ちょっと固めでそっけなく、口の中でムチムチしない。
    しかも妙においしくないから挟んだ具材をおいしくしてくれる。
    アメリカだったそんなマフィンがどんなとこでも手に入るのに…。
    マフィンだけでも売ってくれない?…、マクドナルドくんって思ったりする。
    しょうがない(笑)。

    一緒に野菜を食べるコトにする。
    千切りキャベツ。
    キャベツを切りたくなったというコトもあってスタンスタンとキャベツを切ります。
    春のキャベツはやわらかく、みずみずしくて切るだけで緑の香りが鼻をくすぐる。
    キャベツの半分。
    やわらかくて薄い葉っぱだけを選んで千切りにしてそれをビニール袋に入れる。
    そこに昆布の佃煮をいれ、軽く揉んでしばらく休ませ、なじませる。
    昆布のうま味と塩の味…、それがキャベツの中に入って、ちょっとしんなり葉っぱが縮んで色もほんのり昆布の色がうつって来ます。
    お皿にもって胡麻をふり、シャキシャキ食べると歯にくすぐったく、ひと噛みごとにみずみずしさが口に広がる。
    朝に野菜をタップリ食べる…、体の中が潤う感じのオゴチソウ。

    ところで昨日、渋谷の仕事は「ガット」の戦略会議でした。

    905986c8.jpegちょっとづつお客様がつきはじめ、来てくれた人にはとても評判が良いようで、だから一気にこれから攻めに転じましょう…、と。
    できれば今年の早い時期に2号店を作っていろんなコトを検証したくもあって、これからみんなでどんな役割分担をしていこうかとあれやこれやと知恵しぼる。

    ボクらはランチをハンバーガーで済ませた後で、けれど賄い料理を作ってみたので一緒にと…。
    何を作ったの?って聞いたら味噌汁。
    ボンゴレ用のアサリや、ピクルスに入れた端材の大根だったり葉っぱ野菜。
    スープは洋風の海の幸からとったスープでそこに味噌。
    ボンゴレ味噌汁って感じがおいしい。
    ワインをタップリ飲んだあとに、こんなスープを食べたらすっきりするだろうなぁ…、って。
    おいしいモノは国境超えるというコトね。

    それから鮎。
    そろそろ季節の魚が市場に出てくる頃で、それをオリーブオイルで焼いたもの。
    柚子胡椒をそっと添え、香り豊かな魚がなんだかイタリア的なる香りをまといなんだか不思議な風味を醸し出している。
    キンと冷やした白いワインに合わせて食べたらかなりいけそう。
    間もなくメニューに登場しますよ…、と言われて今度また来なくちゃって思ったりする。
    昨日の午後のおいしい仕事のご報告。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    いつも拝見しています。この鮎、その後、私もいただきました。偶然入ったお店だったのですが、プログで拝見したことある気がするなぁと思って、お店の人に尋ねると「15時ごろまでサカキさんいらしたんですよ」とのことでした(笑)。
    サカタカツミさん / 2012/04/23(Mon) /
    そうだったんですね。
    > サカタカツミさん
    なんて偶然。
    ニアミスでしたね。
    この日は真剣な戦略会議。
    その後、ちょっとした用事もあって晩ご飯を食べずに帰ってしまいました。
    どうもありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/23(Mon) /
    無題
    おっ、岩井さんの鮎料理だ。いろいろ作ってもらった。思い出します。
    七輪番さん / 2012/04/23(Mon) /
    独特ですよね
    > 七輪番さん
    そう、日本の春の味覚、鮎も岩井さんの手にかかると独特の料理になりますよね。
    おいしかったです。
    サカキシンイチロウさん / 2012/04/23(Mon) /
    クレッソニエールにて昼の今日 HOME 渋谷珈琲・赤坂牛たん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]