忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仕事を手伝ってもらってた腹ペコ男子がどうにも何かを食べたいという。
    しょうがないなぁ…、と料理を作れるチャンスをもらってウキウキ作る。冷蔵庫の中にはそろそろ賞味期限がやってくる辛子明太子がふた腹ほどあり、それを使ってパスタを作る。



    細め平打ちパスタのリングイネッテ。時間通りに茹で上げて、具材とあえる。
    凍らせていたイカを細切り。白だしで揉みやわらかくさせ、魚卵と刻んだ大葉をまぜる。ピーナツオイルで濃度をだして、そこにパスタをくわえて弱火でグルグル混ぜる。生クリームを注いですべてをキレイに混ぜてお皿に盛って海苔をパパッ。
    味見をしたら、なんとおいしい。
    辛味ひかえめのやさしい味で、カロリーのコトを度外視すればこんなにおいしい夜食はないよ…、と胸張りお皿を渡して、ごちそうさまを待つ夜のコト。

    そして朝…、土曜日の朝。家の朝。



    ドゥヌラルテの焼くとおいしい山形パンを手に入れて、だからサンドイッチじゃなくてトーストをおいしく食べる朝にしようと思った次第。
    きめが細かすぎない痩せたパン。
    なのに小麦の香りが濃厚で、なにもつけずにそのまま食べるとフワッとバターの香りが漂うオゴチソウ。

    それに合わせてニューヨークにあるバーニーグリーングラス的なるスクランブルエッグを焼くコトにする。



    玉ねぎ炒めて、コンガリさせて、スモークサーモンをそこにくわえる。ディルを刻んでパラリとふりかけ、香りをつけたら塩をふる。
    一旦それをお皿にとって、フライパンによく溶き玉子をジャジャっと流す。
    しばらく触らず、周りに熱が入ったところでフォークでそれを剥がすようにしてフライパンの中心にむけ、折りたたむ。
    中心部分にあった生の玉子が端に流れ出し、それも再びかたまって、それを剥がして中心部分へと、繰り返しつつ最後に玉ねぎとスモークサーモンをくわえてペタンとひっくり返して焼き上げる。

    コーンポタージュをお供に作る。なんかシアワセ…、今日の朝。



    ちなみに昨日、デパ地下のスモークサーモンの売り場で「塩味の強いスモークサーモンを探しているんですけれど」と店員さんに聞いてみた。
    「サーモンの味をたのしまれるのなら甘塩の方がいいですよ」と、いうので、いえいえ。玉子と一緒に炒めたいんです…、って説明したらば、いいサーモンは熱を通さず食べるモノ。炒めるのなら塩鮭なんかいいんじゃないのと言い放たれた。
    あぁ、こりゃ駄目だと、一番安いのくださいな…、って、買ってきたのがこのサーモン(笑)。
    食材を売ることばかりに必死になって、その食べ方にまで頭が向かない。
    今、デパートで多分、一番遅れているのは食品売り場じゃないかと思う。他の売り場には提案がある。けれどココにはモノしかないのね…、って思ったりした。
    なやましい。


    関連ランキング:パン | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    さて、このビデオ。
    ニューヨークのロウアーイーストサイドにある「Russ & Daughters」っていう食品店を紹介したものなのだけれど…。



    スモークサーモンはこういう場所で買うべきモノなのかもしれません。
    この店。家族でやってる店で、ニューヨークでもすぐれたファミリービジネスのひとつに選ばれたコトもある。
    この店だけじゃない…、ニューヨークでおいしいお店のほとんどはずっと家族でやってるお店。味の歴史や伝統を守るコトって、やっぱり家族でなくちゃできないってことじゃないかと思いますもん。
    日本の人は日本の食が世界で一番豊かというけど、それは現在、スゴいスピードで過去形になりつつあるかもしれないなぁ…、って思いもします。がんばろう。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    小天地にてシーズン最初の上海蟹 HOME 新記的夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]