忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝にサンドイッチを作る土曜日…、ひさしぶり。
    伊勢丹の地下で、必要な食材を夕方パパッと買って歩いた。街のニギヤカが体の中にやってきて、明るいエネルギーがもらえてニッコリ。



    アンデルセンのトーストブレッドをサンドイッチ用に薄切りにして軽くトースト。
    ジャンボンドパリをこれまた薄切り。薄焼き卵の上にフックラのっけたところにレタスの葉っぱをかぶせてプチュっとマヨネーズ。
    パンで蓋してザックリ切って、出来上がり。
    薄い素材が層をなし、空気を中にたっぷり含んで食感軽やか。カサカサ焼けたトーストが、口の中に散らかる感じもたのしくて、朝が明るくやってくる。

    そしてお昼を沼津港…、ひさしぶりに会う友人もオキニイリの回転寿司で、かなりお腹を空かせて来ます。



    貝のおいしい季節のコト。それで貝をまずはあれこれ。
    はまぐりの煮たのがあって、たのんでみれば大きく立派なはまぐりで、サクッと煮られてプリッと食感とてもなめらか。甘辛のつめをほんの少々つけてもらって、貝の旨みが引き立つゴチソウ。
    つぶ貝、瀬戸内のタイラガイ。どちらもサクッとハリがあり旨みが口に広がっていく。アンモニア臭にも似た独特の香りがおいしい青柳に、北寄にホタテ。
    どれもがそれぞれ独特の旨みがあってウットリします。



    他にもあれやこれやとたのしむ。
    プチプチはぜて口の中をにぎやかにする子持ち昆布に、玉子をギッシリ抱いたシャコ。注文する時「ガレージ一丁」って寿司屋の符牒が宙を飛ぶ。
    脂の乗った鰻にねっとりとしたタコに白いか。ムチュンと口でとろけて甘みを広げて、生の甘エビも今は格別。
    夏は寿司のおいしい季節でございます。



    調子にのってあれこれ注文していたら、お皿が山を成していく。
    他にもしめ鯖、漬けマグロ、脂ののったサーモンなんかも次々たいらげ、お腹がたのしく満たされる。
    〆に巻物。
    赤身で鉄火を作ってもらい、一緒に穴きゅう…、甘辛のつめをたらしてもらってむっちり、ねっとり、シャキシャキといろんな食感たのしみ味わう。



    汁を一緒にと、今日のおすすめ。
    ひとつは鱧のお吸い物。むっちりとした鱧は今の季節のオゴチソウ。そういや、母が大好きで、昔はみんなで京都旅行を夏する言い訳にしていたりした。
    それから赤出汁。焼きナスを具材にしたものと、それがなかなか粋な工夫で、酸味もおいしい赤味噌の風味がキリッと、夏のお腹をあっためる。
    よく食べました…、たのしくお腹が満たされた。


    関連ランキング:回転寿司 | 新宿駅新宿西口駅都庁前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    大人スイカジュースの夜 HOME 涼し気な夏、熱い夏
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]