忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    午前中は家で仕事をすることにした…、それで家でご飯を作る。
    魔法の冷凍冷蔵庫の中に転がっているマフィンブレッド…、二枚に開いて、フライパンで表の面を焼きつつ解凍。上の面を触ってほんのりあったかになってきたらばひっくり返し焦げた香りがしてきたら、再びヒックリ返してチーズを一枚。
    チーズがトロンととろけてきたら火を止ねてフレッシュバジルと生ハムをペロンとおいて、ホースラディッシュソースをプチュン。そして蓋して出来上がり。



    モッチリとしたマフィンの生地と、表面カサカサ、トウモロコシの胚芽が口の中でちらかる食感。
    一度凍らせコンガリ焼くと、ムチムチ加減が一層強くなってくれて、そこにネットリ、生ハムの脂の食感、うま味が混じってなかなか旨い。
    フレッシュバジルの鮮やかな香りとホースラディッシュの辛さと風味が、ピリッと鼻をくすぐって夜のお腹が明るくたのしく満たされる。
    冷蔵庫の在庫整理がほんの少々進む朝。

    それからランチも近所でします。



    ベトナム料理のティンフック。
    夜はゆったり、静かなコトが多いお店で、厨房の中で腕をふるって料理を作る女主人も、料理を作り終えたら客席ホールにでてきて、たのしい話でもてなしをする。
    のんびりとした、まるで彼女の家でご飯を食べてるみたいな感じもステキ。
    けれど昼は印象一変、近所で働く人たちが時間差攻撃で次々やってくるのでどんな時間に来ても結構混んでる。
    スーツで仕事をする人が少ないエリアで、だからとても伸びやかで、自由なムードがあるのもステキ…、今日もほどよく一杯で、厨房の中で次々料理ができる気配がするのも先味、おいしそう。



    定番料理がいくつかあって、それはずっと変わらずランチのメニューに載ってる。
    それ以外には、その日の素材でメニューが変わって、たまにビックリするような料理が提供されたりする。
    今日は「ガパオライス」がメニューにあって、一緒に行った友人がどうにもこれを食べてみたいっていうので、たのむ。
    鶏ひき肉とピーマン、玉ねぎ、パプリカを炒めて作ったそぼろのような上具がどっさり、下のご飯がまるで見えないサービス精神旺盛ぶりにちょっとビックリ。
    タイのガパオライスとはまるで違った内容だけど、これがなかなか旨かった。
    青唐辛子がタップリはいって、それがビリリと辛くって、けれど鶏挽き肉がフックラやさしい味わいだから、差し引き丁度いいあんばい。
    ナンプラーのコクある風味と味わいが、どっしりおいしく汗もかく。



    もう一品は、ココの定番料理のカレー。
    鳥カレーっていう、夜に来るとたまに売り切れていたりするおそらくこの店のナンバー・ワンの人気の料理。
    トマトの酸味がスッキリとして、鳥のスープのコクあるうま味がどっしりしてる。
    とろみはついていないスープな感じ。
    ニンジン、じゃがいも、それから玉ねぎ。
    鶏胸肉と手羽元がかならず一塊ずつ入ってくるのがいつもの流儀で、今日は沢山売れたのでしょう…、鍋の底にちらかっていた鶏の端材がタップリ入ってなんだか得した感じになった。
    バッサリとした胸肉もらって、ご飯の上に乗っけて潰す…、バッサリ鶏の繊維がほぐれて、それと一緒にパラパラ御飯を口に入れカレーをゴクリとスプーンですくって味わうと、ウレシイ汗が再びジワリとやってくる。
    いつも通りにおいしい食事…、店でるときにゴチソウサンって厨房の中を見ながらいったら、おかぁさんが飛び出してきた。
    また来るネ…、って言ってニコリと階段おりる、気持ちいい。


    関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    日本での食事って、
    本当にいろんなものが食べれて幸せですね♪
    しかも、本家のをアレンジして、
    さらにおいしくなってたりするし!
    キョーコさん / 2013/11/20(Wed) /
    日本の料理
    > キョーコさん
    日本人にとっておいしくする工夫。
    すばらしいですよね。
    イタリア料理や中国料理ですら、日本的においしくなる。
    異論を唱える人もいますけれど、ボクはそれでいいんだと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2013/11/21(Thu) /
    一汁三菜まいどのご飯 HOME タベルシアワセ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]