忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ランチのあとを甘いものでも食べて時間を過ごしましょう…、と、それで銀座ミキモトのデザートサロンで甘い時間をたのしむコトに。



    トムとジェリーのチーズみたいな形のビルの3階で、ミキモトパールのサロンらしく、パールがいたるところにモティーフとして使われている、キラキラ、華やいだインテリア。

    グラスにお皿、ナイフ、フォークにスプーンもキラキラ。
    提供されるスイーツもキラキラ、かなり瀟洒な雰囲気…、ビターな生チョコをタップリ充填したチョコシューにクレメダンジュ、フルーツトマトを使ったジェラートがキレイに並ぶ盛り合わせとか、蓮の花を模した季節の桃の一皿。
    空気をタップリ含ませ作ったくちどけ儚いアイスクリームに、ジュレにゼリーにコンポート…、それを薄く焼いたクッキー生地で包み込んだ目にもうるわしき美味であります。



    甘いモノってなんで気持ちを潤すんだろう。
    しかも見た目もうるわしく、それを味わう場所もキリリと背筋が伸びるたのしい緊張感に満たされたリュクスな空間であるようなとき。
    自然と会話がすすんで気持ちが豊かになってく。
    女性はそういう場所を知ってて、男はそういう場所を無縁に生きる…、同じ人生を送るならどっちの暮らしがいいんだろうって、考えるのもばからしくなる。

    フレッシュミントとレモンとはちみつ、泡の細かい炭酸水を注いだ冷たい飲み物で左手のひらを冷やしつつ、たのしい時間をユッタリ過ごす。


    関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅



    そして仕事で、それから四谷三丁目…、南昌飯店で夜としました。
    旅でしばらく四ツ谷の街を離れてて、だから家の近所のお店で食事をしたい気持ちで一杯…、それになにより、ココの元気なおかぁさんの顔をみたくて来ます。



    ちょっと早めの時間というのもあったんでしょう、お店は静か…、ボクらがお店に入るのを見つけたおかぁさんが店の奥から飛び出してきて、ひさしぶりネ!とテーブルすすめる。
    ビールをもらって、まずは炒めた空芯菜。
    名前の通り芯が空洞の緑の葉っぱを、にんにく醤油と唐辛子、そして油で味整える中華料理ならではの火力でおいしくなる料理。
    噛むとシャキッと、そしてユックリとろみがでてきてお腹よろこぶ。
    ワカサギに香味の粉をまとわせ揚げて、それを香味野菜やパン粉、それから辛子油と一緒に乾煎り…、香りと辛みで覆ったおつまみ料理を食べる。



    あんかけ料理を無性に食べたくなってこれ。
    野菜と豚肉、それから湯通しして余分な水気を吐き出させた絹ごし豆腐にカタクリまぶして揚げたモノを一緒に炒めて、醤油あんかけでまとめた料理。
    フックラとした豆腐の食感、ムッチリ豚肉、それからシャキシャキ野菜たち。
    食べてるうちにご飯が食べたくなる味わいで、それで夜の定食たのんで食べる…、日替わりで用意されてて、今日のメインは回鍋肉。



    湯通しをしてシャキッと歯ごたえ残したまんま、甘みと艶を手に入れたキャベツに豚肉…、甘くて焦げた風味をもった味噌で炒めて味整えてる。
    豚肉よりも、キャベツやピーマン、キクラゲ、ネギと野菜の方がタップリあって野菜を食べて体を中からキレイにしましょう運動をしているボクにはありがたい。
    サラダにスープ、ご飯に杏仁豆腐がついてひと揃えにて、お腹もたのしく満たされる。

    お店をあとにする時分には、酒盛り気分のにこやかな、おじさんたちのグループ客が、ワサワサ次々やってきてお店の中はニギヤカになる。

    「あなたたちが来てくれるとお客さんがあとからどんどんやってくるのよ…、福の神だわ、ありがとう」って、そんなふうに言われるコトが誉れであります、またきます。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    サンドイッチで朝を呼ぶ! HOME 銀座の路地のグラマシー
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]