忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼食終えて、ちょっと打ち合わせ。

    ffish.jpgどこでしようか…、とそれで近所のマクドナルドに行ってみる。
    ランチタイムは終わっても、かなりの混雑。
    ふたり分の席を見つけて場所をとり、それで注文。
    たしか、チキンマクナゲットが100円プロモーションをやっていたはず。
    それで、ナゲットくださいな…、って言ったらなんと、今日は品切れ。
    それにナゲットのプロモーションは昨日で終わって今日からフィレオフィッシュが100円ですよ…、と。
    なるほどそうか。
    100円セールが大成功だったのでしょう。
    在庫を無くしてしまうほど売れて売れてしょうがなかった?
    マクドナルドのほどの会社が予知できず、食材補充が追いつかないほど売れるって、一体どういう状態なんだろうって思ったりした。
    チェーン店としてはちと恥ずかしい…。

    代わりに今日からフィレオフィッシュが100円になる。
    欠品おこさぬ前に買っておきましょう…、と買って二人で分けあい食べた。
    フックラとしたバンズと、カラッと乾いたフライ。
    そういえば、フィレオフィッシュの原料はスケトウダラやメルルーサ、あるいはホキという魚。
    ホキは乱獲たたって絶滅危惧種の一つでもあるって言われてる。
    会社やお店の在庫じゃなくて、地球規模で在庫がなくなる日が来るかもネ…、って思ったりする、なやましい。

    szsalade.jpgそのあと、ひとつ打ち合わせ。
    仕事を終えて、ちょっと友人と情報交換。
    サイゼリアにて…。

    ドリンクバーの飲み物であれこれ話をしていたら、ちょっと小腹が空いた気がする。
    実は午後の仕事の一つが、試食だったりしたので本当はお腹はすいてなかったはず。
    でも飲食店の空気を吸うと何か食べなきゃって強迫観念に襲われる(笑)。

    野菜を食べたい。
    それで小エビのボイルサラダをたのんで食べた。
    ここのこのサラダはなぜだかおいしい。
    プルプルのエビ。
    シャキシャキレタスとちょっと甘めでコクのあるドレッシングの相性抜群。
    レタスの歯ざわりがエビのプルプル感を強調させる。
    それと同時に、そのプルプルがレタスのシャキシャキを引き立てるという見事に洗練された協調関係にウットリとする。
    オキニイリ。
    写真を撮って、画像を次々、モニターに出し今日の今まで振り返る。
    そしたらなんと、昼に撮ったサラダ天丼の画像にとっても似ていてビックリ。
    なんだかちょっとオモシロイ。

    zutto.jpg家に変える前にちょっと小腹を満たそう…。
    そう思って、荒木町をブラブラとする。
    目当ての店は、臨時休業でふられてしまう。
    荒木町の夜はとても魅力的。
    小料理ややら、レストランやらあるいはバーとどこも腰を落ち着けてシットリ楽しむお店ばかりで、でも今日に限ってそんな気持ちにはなれなかった。
    てっとりばやく食事をすませて、家に帰って撮りだめといたテレビをみなくちゃ…。
    それでササッと油そばのお店を選んだ。

    Chabuya Zutto Branch」って言う店。
    江戸川橋のちゃぶ屋が作った油そばの専門店で、先日、プレオープンのときに試食をしたお店。
    その後、なぜだか小さなブレークに見舞われて何度か来たけどいつも満席。
    今日はちょっと早めの時間というコトもありすんなり入る。
    もともとイタリアンレストランだった場所を居抜きで使ってる。
    だからラーメン屋さん的じゃないインテリア。
    お店の人も、洋食屋さん的ユニフォームにて、一層、「非ラーメン屋的」なる雰囲気、醸し出す。
    だからか女性が一人でフラッとやってきて、そばをすすってニッコリ帰る。
    オモシロイなぁ…、って思ったりする。

    3202c364.jpegオイスターソースベースのそばを選んで食べる。
    他にも塩味の麺があるけど、ここのソースのコッテリ味が忘れられずにそれでコレ。
    角ばった麺。
    太さはほどよく、けれど口に入れると不思議と存在感がかなり強い。
    四角い形状。
    ゴリゴリとした噛みごたえ。
    小麦の香りと麺そのものに力強さがあるからでしょう。
    口に入れたときに感じる情報量がかなり多くて、その食感に負けぬくらいに味の情報も相当なモノ。
    甘い醤油の味わい、風味。
    牡蠣の油のうま味と香り。
    とても上等な植物油が麺とソースをつなぎあわせて、口をスルンとなめらかにする。
    皮ごと焼いた塩叉焼。
    噛むとジュワッと油が滲み、ネギにナッツに胡麻の食感、プチプチホツホツこれまたにぎやか。
    油そばと言いはするけど、油っぽくはまるでなく、ペペロンチーノが油がメインのパスタでありつつさわやかで、口当たりの良いパスタであるのと同じような感じがします。
    もしかしたらば、「油そば」という名前ゆえに損をしているかもしれないなぁ…、と思いさえする、オキニイリ。
    夜になったら、寒くなる。


    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    築地 HOME FUJIYAMA天丼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]