忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さて金曜日…、ニッコリしながら紅とんに。



    ちょっとメンバーが変わりましたか…、中国系の女性スタッフが一生懸命がんばっている。
    ただここにやってきてまだ日がそれほどたってはいないのでしょう…、いささか不慣れなところがあって常連のお客様の方がお店のメニューやシステムのコトを知っていたりする。
    知らないコトを指摘されても悪びれず、勉強になりましたって笑顔で返せる…、日本語を母国語にせぬ人の特権のようにも感じる。
    何においても一生懸命であるってステキなコトであります。

    あれやこれやと料理を取ります…、まずはいつもの定番あれこれ。



    串で差して油に通した揚げウィンナさん…、赤いウィンナを素揚げにしてる。
    赤ウィンナーをケチャップ炒めにするのもおいしい。
    けれどこうして油で揚げると、中の水分が吐出され細かな穴が無数に開いてそこから油が入って中までおいしくしていく。
    できればこれにケチャップまとわせ炒めてくれると本当においしくなるんだろうけど、芥子をタップリ乗っけるようにほどこし食べる。大人味。
    大葉の葉っぱを挟んだアジの串揚げフライ。
    牡蠣フライは季節のモノというよりも、おそらく冷凍モノなんでしょう…、とは言え牡蠣の風味やとろりと中からうま味がにじみだしてくるところもおいしい。
    生のキャベツをバリバリかじって、パクリパクリと味わい食べる。



    ステンレスの四角い器に入ってくるのが串揚げ屋台のようでたのしく、二度漬け禁止のソースの代わりに中濃ソースで食べるところが東京的。
    拍子木にしたチーズを餃子の皮でくるんで揚げたもの。簡単だけど絶対おいしいボクもときたま作ってお酒のあてにするモノ。
    季節の変わり目というコトもあり新商品がいくつかあって、例えば長茄子。
    油で揚げて出汁に浸した揚げ出し風で、シットリとした大根おろしと鰹節をタップリのっけて一緒に食べると、口の中がみずみずしくなる。
    肉詰めピーマンっていうのがあって、これは食べなきゃとたのんで食べた。

    けれどピーマンの中に詰めたひき肉に粗切り軟骨がタップリはいってて、ゴリゴリ食感邪魔するのです。
    これが苦手で半分食べてギブアップ。ちょっと残念もったいない。



    それにしてもブルドッグソースの容器…、蓋の下に貼られた白いラベルに「つまっています」と書かれてる。
    おそらくいろんな素材のおいしさや風味に栄養が、このソースの中には「ギッシリ詰まってる」んだというコトなんだろうと思うのだけど、この状況でみると口が詰まってて、出すのに難儀するかもしれぬって注意書きのように見えてしまう。
    なんだか滑稽…、オモシロく笑ってグビリと酒をたのしむ、今日の夜。

    ところでモレスキンが開始したステキなサービス。

    Book / Bring Ideas to Life from FiftyThree on Vimeo.


    Fifty Three社のiOS向けスケッチアプリに「Paper」とのコラボレーション。
    そのPaperで描いたデジタルスケッチを、Moleskine製のスケッチブックに製本するサービスで、その名も「Book」。
    iPadにアプリをダウンロードして、そこにスケッチやアイディアをかき、印刷ボタンをクリックするだけ

    サービスの利用は至って簡単。iPadに「Paper」アプリをダウンロードし、スケッチやアイデア等を描きます。描いたものの中からMoleskine製のスケッチブックに使用するものを選択し、印刷ボタンをクリックするだけ。
    15ページのオリジナルブックで、40ドルという値段が高いか安いかは、どう使うかの問題なんでしょう…、すごく気になる。オモシロイ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    赤いウィンナー
    赤いウィンナーは
    とても魅力的なんですが
    まだ食べたことがないんですぅ~

    サカキサン
    赤いウィンナーは
    どんな味がするんデスカ?
    つんつんさん / 2013/10/12(Sat) /
    うーん
    > つんつんさん
    赤ウィンナーは赤ウィンナーの味。
    フッカリとした食感がちょっと独特だけど、やっぱりまず、試してみないとわからないんじゃないかと思いますよ。
    サカキシンイチロウさん / 2013/10/12(Sat) /
    アサ HOME オストレア
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]