忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を近所の南昌飯店…、ご近所さんを大切にするがテーマのようなこの週末。



    それにしてもこの界隈…、随分、にぎやかになったようです。これといって大きな商業施設があるでなくけれど近隣に住む人達が増えたというのがその一因。
    それからおもちゃ博物館ができて定着したのでしょうネ…、子供連れのファミリー客が昼間はとても目立って増えた。
    街としてにぎわいがでるってコトはステキなコトです。お店の人も元気で明るい。
    ほうれん草を桜えびと一緒に炒めたモノをもらって、シャキシャキカリカリ、野菜の旨味でお腹の入り口開かせる。



    そして定食…、2種類あった主菜の中から、揚げた豆腐と海鮮素材の炒め煮をえらんでたのむ。
    トロミのついたあんをまとった揚げた豆腐にエビに小柱。ニンジン、玉ねぎ、キクラゲと具材多彩で醤油の風味とキリッとお酢が旨味、風味をひきしめる。
    玉子スープに唐揚げ乗った野菜サラダにたっぷりご飯。
    デザート代わりに杏仁豆腐がついてくるのがサービス精神旺盛で、これでたったの750円というのに頭がさがる。



    麺とチャーハンのセットがあって、麺は毎日日替わりとなる。今日はマーボーラーメン…、とろみのついた麻婆豆腐が丼一杯にひろがって、スープに蓋してずっとあったかが持続する。
    麺は太めでゴリッとしてて、お腹を満たすにほどよいおいしさ。
    グリーンピースとネギと玉子を具材にし、ご飯の一粒一粒をパラッパラっに仕上げたチャーハンは、中華料理屋さんならではのプロの出来栄え。
    このセットにもサラダと杏仁豆腐がついて、お腹がたのしく満たされる。

    夜は軽く…、冷蔵庫の中の食材整理を兼ねてドライカレーを作って食べる。



    まずは最初に玉子を焼いた。そのフライパンでベーコンと玉ねぎ刻んで炒め、ベーコンの脂が滲んできた頃合いでご飯を入れてお玉で押しつつ焼いていく。
    ご飯がパラリとなってきたらば塩と胡椒で下味を入れ、玉子を戻して野菜のフュメで味整える。
    アスパラガスとピーマン、それからツナ缶いれてカレー粉パラリで出来上がり。
    具沢山にてほんの少しのご飯がボリュームたっぷりの料理になった。
    アスパラガスのコツコツとした食感たのしく、カレーの香りが食欲さそう。お風呂に入って明日の準備をいたしましょ。

    つれづれにまかせて借りたフランス映画…、「タイピスト」っていうタイトルの普通の少女が世界一のタイピストを目指して奮闘するというモノがたり。
    こういうドラマは当たり外れが激しくて、どうかなぁ、と思って借りて大当たり。



    フランス映画らしいウィットに富んでて絵もおしゃれ。主演の女の子がどことなくオードリー・ヘプバーンのような雰囲気を漂わせてて、にもかかわらずスポ根ドラマ…、しかもコメディーロマンスという盛り沢山なストーリー。
    前半は、エースをねらえ!の岡ひろみと宗方仁の物語。ところが後半はあしたのジョーのようになり、つまり見事なまでに漫画な世界ではあるのだけれど、それ故くやしいほどにハマってしまった、このワタクシめ。
    乙女でござる(笑)。
    終盤何度ももらい涙をしてしまう場面もありながら、最後はスキッと爽快感に包まれる。「アメリカ人はビジネスを、フランス人は愛を」という、最後のセリフにフランス映画の粋とプライド感じてニッコリ。おすすめ映画でございます。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    フレッシュネスのシュリンプバーガー HOME 具だくさんなり朝パスタ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]