忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    60
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    肉匠酒場で肉をつまみに飲んでたら、なんだかスゴくお腹がすいてきた感じ。



    試食続きの旅の果て、多分、胃袋が大きくなってしまったのでしょう。あるいは満腹を感じる頭の部分がバカになっちゃったのかも(笑)。
    それで〆をなにか食べたい。
    お店を出て、右側みたら「餃子の老舗」なる魅惑的な看板チカチカ、光っているのが目について、そうだボクは餃子が食べたかったんだ…、と大いに勘違いをしつつお店の中に飛び込む。
    お酒を飲んでメートルあげてるゴキゲンさんの顔をみたらば食欲わいた!



    激辛ラーメンって言うのが季節のイチオシだという。
    なるほど街も蒸し暑く、蒸し暑いならホット(熱い)でホット(辛い)なモノで体に元気をつけよう…、とそれをたのんでセットをつける。
    餃子三個にミニチャーハン。
    厨房の中でジャジャっとご飯が焼ける音。
    それに続いて餃子がジリジリ焼ける音までおいかけてきて、たちまち整い、やってきたのがこのひと揃え。あぁ、食べ過ぎだ…、って思って笑う。



    まずは餃子をパクリと1個。
    ココの餃子は野菜がメインのポッテリ餃子。緑のあんが皮から透けて、餃子全体がほのかに緑に染まって見える。
    皮はパリッとこんがりやけて、焦げてはいない部分はスルンとすべるなめらか。餃子自体に味がしっかりついていて、そのまま食べても野菜の旨味で十分旨い。
    餃子のタレで食べるのでなく、お酢に胡椒をたっぷり入れて、トプっと浸して食べると油がさっぱり旨味に変わって旨い。
    たった三個じゃ足りないほどの、オキニイリにてバクバク食べる。



    さて激辛ラーメン。麺を箸で持ち上げる。
    途端にスープの中に混じったカプサイシンが湯気と一緒に噴き出し額がビリッと辛い。食べる前から顔が辛さを感じる辛さ。
    緊張しながら一口食べれば、ボンッと口の中が爆発。
    頭のてっぺんから汗が噴き出し、止まらない。止まらないけどこれがおいしく、しかも野菜や具材がタップリ。
    スープを作る前に豚肉、野菜にキクラゲ、シイタケ、それから刻んだかまぼこ。多彩な具材を油で炒めそこにスープに唐辛子。鍋の中ですべての味が渾然一体となっているからの濃厚な味。止まらないから、止まらない。



    口休めにと、友人がたのんだ「ニクニラモヤシ」の炒め物。
    東京の中国料理のお店で「肉」って言えばほぼ間違いなくそれは豚肉。これも豚バラ肉がタップリ。ニラにモヤシにキクラゲが、パリパリ、シャキシャキ、コリコリ旨い。
    素材そのものの食感を台無しにせず、こうして味をしっかり作る。
    スゴイなぁ…、って感心します。中国料理は火の料理。



    その火がおいしくしてくれる料理の代表が炒飯で、ココの炒飯…、パラっとパラパラ。しかもご飯の芯まで味が入ってる。
    そうだこれを、激辛スープにつけたらどんな味になるんだろうって。
    レンゲですくってスープにトプっ。ハフっと食べたら、なんとも旨くてビックリします。
    炒飯の油の旨味が辛味をやさしくさせるのでしょう。
    口がスープまみれになるのに、ご飯はパラリと炒飯らしき食感をずっととどめているのもステキ。気がすみました。
    家に帰って風呂に入ろう。汗まみれ。


    関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅



    ところでGoPro。買いはしたけどなかなか使わず、これと言った使い方も思い浮かばずなんだか宝の持ち腐れ…、って思っていたら、なるほどGoProっていうのはこういうモノなんだなぁ…、って思った動画。



    ヘッドマウントにGoProつけて野球を見てたらボールが飛んで着ちゃいました…、って偶然というにはあまりに見事なシーン。
    そもそも素手でボールをとれるというコト自体が驚きなのに、それがこんなにキレイに撮れた。取れたところが撮れたというのが面白くって、GoProって撮ろうと思っちゃいけないのかもって、思いもしました。オモシロイ。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スパム HOME セガフレ、丸信、夜のコト
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]