忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    塚田農園というチェーンストア…、最近、上場を果たしてメディアなんかへの露出もにぎやか、恥ずかしながら未体験にてやってきました。



    新宿歌舞伎町の入り口にあるお店でかなりのにぎやかさ。
    平日の早めの時間というのにかなりのお客様が入っててしかも予約がかなり入っているという…、2時間限定になりますがと、大テーブルの片隅もらう。
    まるで雑誌のような装丁のメニューを開くと、情報だらけ。
    生産者の写真やら、使っている調味料のメーカーだったりの情報が記事のように埋め込まれていて、合間に料理が紹介されてる…、ってそんな感覚。
    そういえば、エレベーターの中の表示が「宮崎県日南市」となっていてお店の名前がなかったくらい、宮崎県を売り物にする。
    知事や市長が挨拶文を書いているというのもなんだか不思議…、どっちがタダ乗りしてるんだろうって、いろんなリスクがあるはずなのに…。



    お通し代わりにキャベツとキュウリ。
    どちらも鮮度抜群で出来合いの訳の分かんない料理がでるよりいいかと思う。
    一緒についてやってくる味噌の中には九州由来の12種類の食材が入っているって説明を、大きな声でするから耳が痛くなる…、しかもマニュアル通りのいいようで暫く座っていると口上覚えてしまった(笑)。

    ネギにしらすをドッサリのっけたおつまみ料理が、気がきいていておいしくて、ネギの辛味と油の風味、それからしらすが旨みをにじます。
    自分で作ってご飯の上にのっけて食べたらおいしいだろうと思ったりする。



    チキン南蛮をたのんで食べる…、東京でなかなかおいしいチキン南蛮に出会えぬものでそれで期待をして食べてみた。
    旨いじゃないの!…、なかなかの出来。
    フックラとした鶏の食感、衣がぽってり柔らかでそれが存分に甘酢のタレを吸い込んでいる。
    そこにタップリほどこしたタルタルソースもなめらかで、若干ゆるめのみずみずしさが宮崎らしさをプンプンさせる…、悪く無いです、旨いです。



    それから宮崎名物の鶏の炭焼き…、網で作った四角いカゴに鶏肉を入れコロコロ転がしながら炭の直火で焼き上げる。
    鶏の脂が炭の上にしみ落ちて、それが煙となって鶏肉覆って焼ける。
    だからツヤツヤとした肉が黒々色づいていて香り独特、食欲そそる。
    これもほどほどおいしくて、けれど残念、鶏がフックラしすぎてる…、これは硬くてゴリゴリとした親鳥の肉をおいしく食べる料理で、その噛みごたえがないのであります。
    噛んで味わうからこそ酒をおいしく飲める…、かたわらに添えられていた柚子胡椒がビリッと辛くてさわやかで本物なのにちょっと残念、モッタイナイ。



    牛ホルモンを揚げて甘辛ダレで味わう料理であったり、鯖をごまみそ和えにしたのとか料理は何をとってもシッカリ味がついていて、お酒をねだる居酒屋料理。
    なのにお酒がなかなかやってこないのが、居酒屋としての本分忘れてしまっているのか、他にもいろいろ残念なとこが見受けられます。
    威勢のいいおにいさんたちが、バカみたいに大きな声で、いらっしゃいませ、ありがとうございましたと挨拶をする。
    なのに笑顔の分量少なくて、たまに笑うも目が笑わない。
    どこか投げやり感が漂うけだるい雰囲気で、おそらく話題のお店だからもてなす努力をしなくてもお客様が来ちゃって流行るからなんでしょう。
    人の努力を感じぬなんだかやるせなさ。
    ただ、この店の料理以上にシッカリしていてしかも気軽に味わえる宮崎料理のお店が他に見当たらないって、その現実にもっと気持ちがやるせなくなる。
    よき勉強をいたします。

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    グリーン HOME ブルックリン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]