忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ロイヤルホストで昼をとります。

    2ffb6200.jpegファミリーレストラン。
    本当に今、大変なところにあるのでしょう。
    特にかつての御三家チェーン。
    それぞれ差別化に一生懸命で、中でもロイヤルホストはその本業が洋風ファミリーレストランのロイヤルホスト。
    だからどこにも逃げ場所がなくって試行錯誤で一生懸命。
    必死なあまりカフェっぽい料理を導入してみたり、一時期安売りの方に揺れたりもした。
    けれどそれらは彼らにとって苦手な領域。
    日常的なゴチソウを提供するコト。
    そのゴチソウを「値打ちのあるモノ」にするために上等なサービスと上質な空間と一緒に提供するというのが、ロイヤルホストがお客様にずっと約束してきたこと。
    それを今、思い出しつつ再現しようとしているように思えるのです。

    例えば現在、ロイヤルホストでアンガスビーフのフェアが行われている。
    かつてロイヤルホストの最盛期。
    日本で言うところの黒毛和牛のような位置づけの、アメリカの高級ブランドのアンガスビーフを看板食材にしていたことがある。
    その復刻版的商品で、これは食べてみねばと思ってやってくる。
    かなり冒険的な価格であります。
    8オンスと11オンスの2種類が用意されてて、11オンスは単品価格で3000円オーバーという値段。
    ファミリーレストランの商品価格をはるかに上回る値段の料理を、通常のオペレーションの中で提供できるというのがまだ厨房の中に技術と情熱が残っているという証でしょう。
    99e30f04.jpeg注文を受けたウェイトレスが頭を下げて「どうもありがとうございます」とひときわ丁寧にお礼をいうので、良く売れますか?と聞いてみた。
    とても良く売れるというわけではありませんが、このご注文をいただくと厨房の中がよろこぶんです…、と。
    面倒くさい料理です…、ただ焼くだけじゃなく、熟成させた牛肉を表面ガリッと強めに焼いてアルミホイルで包んで休ませて、中のうま味を閉じ込める。
    休ませるコトで芯まで熱が入って肉の味わい、風味が口の中でこそおいしく広がるようになるのですネ。

    たしかに見事な味わいです。
    d268f3d1.jpegジューシーというワケじゃない、むしろガッシリ、口に入れた時の食感は硬くて若干乾いた感じ…、ところが噛むとジュワリと中から肉の脂にうま味がやさしく広がって、顎がおいしい。
    これぞアメリカのステーキって味。
    肉でお腹を一杯にさせるコトに適した料理で、ウットリします。
    サイドにポッテリとしたマッシュポテトとキュッキュと歯茎を痒くするようなインゲン豆の茹でたもの…、ホースラディッシュもシッカリ辛くてあるべきものが全部ある。

    9e5d69a6.jpegソースはグレービーを煮詰めてジャックダニエルの風味をくわえたモノでこれまた、アメリカ的なる風味に味わい。
    旨いです。
    丁寧に作られているというのが伝わる。
    値段以上の確かな価値を感じる一品…、感心します。

    売りたい料理を売れるというコト。
    なんてシアワセって思います。
    ロイヤルホストは厨房のスタッフこそが宝物で、過去何十年もにわたって洋食料理の味の真髄を徹底的に叩き込まれた伝統がある。
    だからずっとおいしく仕方を知っていた。
    なのに、そのおいしく仕方を発揮できる料理に恵まれていなかった。
    お客様の意見ばかりを気にするあまり、自分たちが本来つくるべき料理を作り損なう。
    それこそ悲劇。
    その本質に立ち戻って、もっと頑張って欲しいなぁ…、ってニッコリ思う。

    デザートにヨーグルトジャーマニーを自分に奢る。
    なんだかとても気持ちよくって…。
    ドッシリとしたパフェグラス…、昔ながらのこの充実感。
    バニラアイスクリームにブルーベリーヨーグルトのシャーベット、ポッテリプレインヨーグルトにベリーソースにフルーツタップリ。
    甘くて酸っぱく、体の疲れがとれてくようなステキなゴチソウ。
    鼻歌交じりに、店を出る。
     

    拍手[13回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ハッピーのお裾分け
    なんか、久しぶりにロイホの記事から、ハッピーのお裾分けをいただいた気がします(^-^)
    ほんとにお気に入りのお店が、ほんとにいい方向に向かっている実感とサカキさんの幸せが溢れてますよね!
    読んでて、私も心暖かくなりました(^-^)

    機会があれば、食べてみますね>アンガスビーフ
    りょーさん / 2013/02/08(Fri) /
    うれしいですよね
    > りょーさん
    ずっとロイヤルホストに来る度、落ち込むことが多かったのですけれど、今回はステキをちょうだいしました。
    うれしいですよね。
    この調子で、もっと頑張っていただきたいと思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2013/02/08(Fri) /
    美味し〜
    いつも拝見しております。
    ロイホのステーキの記事をみて、週末に絶対食べようときめてました。先ほど食べ終わって余韻に浸ってます。とっても美味しい〜!!
    こういうステーキ、なかなかないですよね。
    かわみつさん / 2013/02/09(Sat) /
    よかったです
    > かわみつさん
    気に入っていただけてうれしいです。
    肉を沢山食べるためのステーキ。
    肉でお腹を満たすためのステーキってなかなか日本ではないのですよね。
    これはかなりのできばえだと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2013/02/09(Sat) /
    エリーゼあらためカツレツたけだ HOME メープル漬けのビスケット
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]