忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昨日のコト…、ちょっと早めに軽く夕食をしておきましょうと、それでロイヤルホストに来ました。
    最近、結構がんばっている…、しかもそのがんばりのほとんどすべてが「かつての黄金時代」の品位の高い料理作りを思い出しつつ、おいしい料理を作ろうと一生懸命。
    ad103f08.jpegそれでなんだか応援しようと思って最近、たまに来ている。
    軽食商品をいくつかたのむ…、ボロネーゼのスパゲティーにかつサンド。
    スパゲティーはかつて「本当は食べたいけれど、ファミレスでは絶対食べたくない料理」の代表的なモノのひとつと言われてた。
    手間をかけずに料理の素人でも作れるようにと工夫した、結果、お世辞にもおいしくはないスパゲティーがファミレスパスタの典型だって言われてて、ロイヤルホストのパスタも一時期、そんな寂しいモノでした。

    874afb3e.jpegけれど去年、スパゲティーをおいしくしようと、麺を太い熟成麺にかえてレシピも作りなおした。
    茹でる時間が少々かかる。
    ソースもしっかりパスタと煽って、オリーブオイルと一緒にまとわりつかせないと味がのらない。
    茹でてソースをジャジャっとかけたら出来上がり…、なんて手抜きはできぬ麺。
    それを敢えて使って、おいしいパスタ作りに果敢に挑戦したのです。
    さすがにお店によって商品の出来にバラつきはある。
    けれどしっかりとしたお店で食べると、これがおいしい。
    歯ごたえしっかりした麺で、ムッチリとした豊かな食感が慣れると不思議に癖になる。

    それからロースカツを使ったサンドイッチを食べたらビックリ。
    こりゃ、かなりの完成度。
    トーストブレッド…、カサカサ、細かなパン粉の食感見事でパンや肉の厚さやソースの分量が、すべてキチンとバランスとって口の中へとやってくる。
    サンドイッチもかつてファミレスの鬼門と言われた行程複雑な料理のひとつで、こういう料理がしっかりおいしくできるようになったという、今のロイヤルホストにニッコリ。
    ただ、ミックスグリルをたのんでみると、ハンバーグやチキンソテの肉の状態、ソーセージのサイズに品質がまだまだかつての良い状態には手が届かない。
    もうひと息かと思ってそれでも、今のファミリーレストランの中では秀逸、また来よう。

    そして今朝…、ナポリタンを作って食べる。

    cf982137.jpeg頭の中にボンヤリとある、理想的なるナポリタンを作りましょう…、と。
    うれしいコトに玉ねぎ、ピーマン。
    ソーセージハムの買いおきがある。
    当然、ケチャップはいつも冷蔵庫の中に常備されていて、ただパスタだけが太麺じゃなくディチェコのスパゲティーニ…、そのハンディキャップを克服するため、一工夫。

    まずは具材を準備する。
    玉ねぎとピーマンは串切りにして、ハムは拍子木。
    まずは鍋でオリーブオイルにニンニクを入れ玉ねぎとハムをこんがり炒める。
    玉ねぎがしんなりしてきたら火を止めそこにピーマン入れる。
    別の鍋でケチャップを軽くいためてオレガノくわえる。
    そしたら麺を12分の指定時間の1分前で茹で上げ、ボウルにとって蓋して1分蒸らす。
    この1分で茹でおき麺のようなムッチリした食感が麺にくわわる。
    フライパンにバターを溶かして、そこで蒸らした麺をジャジャっと炒めて水気をしっかり絞り出させる。
    これで奥歯を歯茎に沈めるほどの歯ごたえが麺にくわわり食べごたえが出てくるのです。
    おいしい工夫。
    あとは具材とソースをあわせ、鍋肌にほんの少しの醤油を垂らして風味をつけて、溶けるチーズをくわえてあおり、ネットリとしたトロミがついたら出来上がり。
    このテラテラとしたテカリがすべてを物語る、コッテリとして歯ごたえ痛快…、昭和的なる喫茶店のナポリタンを一層おいしくさせた味わい、もうたまらない。
    土曜日とはいえこれから仕事…、がんばる元気をもらってニッコリ、でかけます。

    仕事の前にコーヒーを飲む…、ルノアール。
    524b0664.jpegこのチェーンのスゴいところが、いまだに水出しコーヒーを店舗レベルで作り続けているところ。
    一時期流行って、いろんなお店が水出しコーヒーマシンを導入したけれど、思ったようには売れなくて結局やめてしまうコトになる…、だって時間がかかる上に売れなかったらみんなロスになってしまうのが水出しコーヒー。
    やさしくなめらかな飲み心地…、コーヒー特有の苦味がスキッとやさしくて酸味を感じぬゴクゴク飲んでも胸が重たくならないところがなんともウレシイ。
    銀座のドンパの水出しニッキコーヒーを飲みたくなっちゃう…、今度いこう!
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさんのナポリタンを超えるナポリタンは今のところありません!
    キョーコさん / 2013/05/11(Sat) /
    進化
    > キョーコさん
    あのときのナポリタンから、また進化しております!
    サカキシンイチロウさん / 2013/05/11(Sat) /
    プレミアム HOME エスプレッソと
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]