忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、ひさしぶりに天狗に来たくて新宿西口のビルの中にあるお店に来ます。
    690b5b7e.jpeg早めの時間…、窓から眺める新宿の空はまだまだ明るくてなのにお店の中はにぎやか。
    土曜日の夕方というコトもあるのでしょうネ…、8割方が埋まっててしかもかなりシニアな雰囲気、白髪のおじさま、おばさまのグループ客が半分以上を占めていて、平均年齢推定60歳って感じの客層。
    みんな自然なオシャレをしてて、お酒を飲んでニコニコしてる。
    お店の人と話をしたり、冗談言い合い笑い合ったりと新宿という都会にあって、とてものどかであたたかく、チェーン店のくせしてなんだか昔ながらの居酒屋みたいな雰囲気、風情があるのがステキ、ニッコリします。

    c186f394.jpeg今日は魚を食べに来た。
    ココ数日間、かなりの勢いで肉ばっかりを食べてきてて、それで魚を食べたいなぁ…、と思って思いつく選択肢がいくつかしかなくそのひとつ。
    魚を安く、しかも気軽に…は、この東京でかなり贅沢。
    昔は肉が贅沢だったのに今は逆。

    サバの一夜干しを焼いてもらった。
    身厚で脂がのっていて、ツヤツヤしている。
    身離れもよく、軽く干された分だけ余分な水気がなくなり味わい濃厚。
    ひと口食べると、魚を食べてる!って充実感にニッコリします。
    あぁ、これが今日は食べたかったんだ…、って気持ちも満足。

    今の季節はマグロが売り物。
    刺し身や握りに混じって、マグロの串かつっていうのがあって、それをたのんでみたらばこれが大正解。
    ネギとマグロの赤身をさした串をパン粉でフライにし、おろしポン酢をのっけて食べるという趣向にて、ムッチリとした赤身の食感、酸味を帯びたうま味が揚がったパン粉と一緒に口にちらかる…、魚というより鶏のささ身をたべてるみたいな味、食感に驚いた。

    昼、とんかつ屋でイカのフライを選んで食べ損なったアジのフライを注文し、醤油をかけてハフハフ食べると、これまたおいしく今日は魚の夜となる。

    e2320e7a.jpeg旬の素材や野菜の料理が豊富に揃って、そういうところも大人のお客様からの支持を受けてるところでしょうか。
    昔、ボクがまだ子供大人だった頃のこと。
    世はカフェバーやダイニングレストランが花ざかり。
    ボクに外食産業のいろんなコトを教えてくれた師匠がボクに、「ああした新しい店はいつかは無くなる、けれど天狗のような店はなくなりはしないんですよ」と。
    そうは思えぬボクに師匠は「天狗のよさがわかるようになったらサカキ君も立派な大人」と言われたコトがあったのだけど、立派にボクは大人になった。

    やるべきことをシッカリし、新しいだけのことはなるべくセぬように居酒屋らしさを一生懸命守ったお店。
    とはいえちょっと創作的なる料理もあって例えば、キャベツのオーブン焼きってコレ。
    ペペロンチーノ味のオイルをかけてキャベツをオーブンの中で焼いたモノで、キャベツが甘くてシャキシャキ旨い。
    「NOBU」ってニューヨーク的なる和食のお店名物料理「キャベツのステーキ」をリスペクトしたような料理で、ここの野菜料理の中では唯一無二のオキニイリ。
    季節のタケノコを薄切りにして、出汁で煮込んだモノをカラッと揚げた料理や、そら豆をさやごと焼いたモノなど、酒の肴にピッタリの野菜の料理もあれやこれやと。

    キャベツと桜えびをお好み焼き風に焼いた料理が今の季節のおすすめにある…、とんぺい焼きのようなものかとたのんでみたら、たしかにそんな料理がきます。
    7e6cc087.jpegちょっと小さめ、お腹にたまらぬ程度の分量で箸でさわると桜えびのキレイなサクラ色したエビがコロンと転がりでてくる。
    粉より玉子の割合が多い生地なのでありましょう、キレイな黄色。
    口に含むとキャベツのシャキシャキした食感に混じってサクサク、何か固いものが奥歯で潰れて崩れてく…、揚げた桜えびがタップリはいっているのかなぁ…、と。
    中を開いてみてみたら、天かすがタップリ入ってて生地にシッカリ埋まってる。
    ベトナム料理のバインセオのような構造。
    桜えび自体の数はそんなに多くはなくて、けれどタップリ、エビが入っているようなおいしい勘違いをさせてくれるようなたのしいレシピ…、感心します。
    b0152643.jpeg最近ここが始めた釜飯…、今までココは〆の料理が貧弱だった。
    それを釜飯で埋めようという考えなのでありましょうか?…、家で気軽に作れぬ料理が飲食店にあるべき料理。
    そういう意味で釜飯っていうのはなかなか優れた料理で、たのむとなんと固形燃料をテーブルの上で燃やして仕上げる仕組みでござる。
    20分ほど燃えていますから、炎が消えてから1分蒸らして召し上がれと、言われる通りに火をつけて時間を測ってみたらばキッチリ、20分ちょっと燃え続けてた。
    最近の固形燃料ってスゴイんですね。
    蓋を開けるとタケノコとホタルイカが上を飾って、しゃもじでひっくり返して底を見るとそこにはオコゲがキレイに出来ている。
    出汁の風味がシッカリしてて、居酒屋の〆というには勿体ないほど…、これなら食堂使いもできるのかもねと思ったりした、がんばっている、オキニイリ。



    関連ランキング:居酒屋 | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夏祭り HOME カサカサゴロモのかけかつ丼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]