忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜を天狗。あの居酒屋の天狗でござる。



    新宿駅の周辺に何店もある中でも一番のオキニイリの店。西口横のビルの中にあるお店を選ぶ。
    どうオキニイリかといえばシニアなお客様がとても多くて、時間帯によってはボクが一番年下って状態になるところ。
    お店の人の接客も、どこかやさしくユッタリしてて気持ち落ち着くいいお店。

    因みに本日。ひとりで黙々と飲んで食べてるサラリーマンのおじさんがいて、こういう使い方もあるんだなんてちょっとビックリ。



    生牡蠣食べたく、たのんで食べる。
    次亜鉛酸ナトリウムあたりで滅菌しているのでしょうけれど、チェーン店で堂々と牡蠣を生で食べさせる。その心意気にニッコリします。
    みればほとんどのテーブルの人が牡蠣を食べてる。焼いたり、蒸したり、生で食べたり、半ば牡蠣小屋みたいな様相呈してなんだかオモシロイ。
    ネットリ奥歯にまとわりつくようなお腹の部分と、ツルンと滑るような周りのひらひら部分。食感にぎやか、オゴチソウ。



    ところでこの店。
    かつてジョッキに赤い天狗のマークがついてた。
    ところが今では無印ジョッキになったんだなぁ…、って思ってしげしげ、見つめていたらなんと天狗のレリーフがある。
    色をつけると洗っている間に剥がれてしまう。
    だから無色のレリーフにしたのかもしれないけれど、これは贅沢。感心します。



    野菜の料理をふたつほど。
    とうもろこしのかき揚げは、ふっくらとした衣に包まれプチプチ爆ぜるコーンの食感たのしくて、コーンの甘みと衣の塩味で、なにもつけずにそのまま旨い。
    ネギと水菜、スライスオニオンを塩ダレでもみ、そこに揚げたちりめんじゃこをタップリのっけたサラダはシャキシャキ。
    ネギの辛味がたのしくて、食べてるうちにお腹がすいてくるような味。



    秋刀魚の塩焼きは、身はふっくらと、腹までおいしく感心します。
    味噌漬けチーズやサイコロステーキはここの定番料理でどちらも安定の味。
    ただどうだろう…。
    最近、メニューがあまり変わらず、それはそれで「いつも同じ」の安心材料。けれど何度もきていると、ちょっと退屈。
    期待感を裏切らないよう、それでも変わっていくことはむつかしいのネ…、と思ったりする。さぁ、帰る。


    関連ランキング:居酒屋 | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お好み焼きからマキアート HOME 移動の始まり、移動の終わり
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]