忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ひさしぶりにあのバフェの朝。

    353a5baa.jpeg「茶空楽」っていうレストラン。
    神田司町にある神田グランドセントラルホテルってビジネスホテルのコーヒーショップ。
    とは言え外から気軽に入れる構造で、お茶がテーマのオーガニックカフェという、ホテルの中のお店としてはちょっと変わった立ち位置にある。
    乳白色と抹茶色という、多分、ここのメイン商品のお茶ドリンクの色合いなんでしょう。
    壁、天井に床までそうした色で塗られて、ちょっと独特。
    ロンドンのオーチャードあたりにありそうなクラブみたいな雰囲気で、音楽もそう。
    朝からちょっとトランシーな音が流れるオキニイリ。
    テナントとして入ってるホテル唯一の飲食施設という性格からでしょう…、朝はバフェをやっている。
    贅沢な料理はないけれど、オーガニックカフェという性格上、ほどよく体によさそうなモノがシッカリ揃って一時期かなり重宝してた。
    半年ぶりほどになりますか?
    やってきました、おはようさん。

    df7a2baa.jpegうーん、しばらく来ぬうちにちょっとさみしくなっていました。
    料理の数がちょっと減ったかな?
    レタス、サラダ菜、スライスオニオン。
    季節の野菜の茹でたものやら煮た料理やら。
    あるいはお浸し、ポテトサラダと野菜の部分はかなりしっかり踏みとどまってる。
    けれど魚や卵料理がちょっとおざなり。
    もともとホテルの宿泊客のサービス用にという部分もあったのでしょう。
    ところが最近、東京のビジネスホテルの稼働率はかなり落ちてる。
    そのため、かつてのようにふんだんに料理を並べてもてなすことが、むつかしくなってしまったんでしょう。
    ちょっと寂しい。
    閑散としたカウンターの上で「食べて!」と声を上げてる素材をいくつか。
    メインが豆腐と納豆になる。
    ココの豆腐は箸でつまんで持ち上げても、少々上から落としても、決して壊れぬ頑丈な出来。
    豆の匂いが濃厚で、調味料要らずでおいしく食べるコトができるモノ。
    大粒の黒豆、大豆、赤豆とさまざまな豆を混ぜて作った納豆もココの名物。
    それにオクラやスイートコーン。きんぴらゴボウを合わせてとって、気づけば野菜以外の料理、素材がのらぬベジタリアンな一皿になる。

    844cac07.jpeg玄米ご飯に味噌汁でまずはモグモグ顎を動かす。
    ちょっとお腹がモノ足りず、それでパンでも焼こうかなぁ…、と。
    かつてココで焼いていた胚芽とクルミの入ったパンはもうなくて、切ったバゲット。
    中から端の硬い部分を選んで焼いて、マーマレードでサクッと食べる。
    一緒にプレインヨーグルト。
    動物由来のモノといえばコノ乳製品だけという、なんだからしくない朝食にこれもいいかと、ニコリとなった。
    ココの女性スタッフはみんな何故だか独特の雰囲気、ムードを持っている。
    今日のレジでニコッと微笑む案内係の女の人は、どこかcharaなイメージで、ここのお店の空気にあってる。
    そんなところは昔ながらで、まぁ、これもよし…、っていう感じ。

    ここまできたら会社まで歩いて行こうと、テクリテクリと北に向かったその途中。
    志乃多寿司の本店の前を通りかかって、そうだ、ココでお昼を買おう。
    お稲荷さんと、かんぴょう巻きの盛り合わせを買う。

    shinoda.jpgここのお寿司はかなりの好物。
    だからいろんなところで買ってはいたけど、本店買いはこれがはじめて。
    ステキな空間。
    暖簾をくぐるとキレイに磨き上げられたガラスのケース。
    商品サンプルがズラリ並んで、その内側では職人さんがテキパキ、寿司を仕上げてく。
    その職人さんに直に「なになに、お願いいたします」ってたのめるステキ。
    しかもその注文にニコッとしながら「ありがとうございます」って頭をさげてもらえるシアワセ。
    この本店で無くては買えぬ押し寿司だったり茶巾だったりも揃ってて、ちょっと贔屓にしなくっちゃ…、ってしたたか思う。
    ビニール袋をプラプラ下げて、ますます北に向かっていくと、おやまぁ、フルーツパーラーの「近江屋」さんも朝からやってる。
    こっちも来なくちゃ…、って思った次第。
    お昼の仕事をこなしつつ、手づかみにする志乃多のお寿司。
    シットリとしたお稲荷さんに、海苔とご飯がピトッと寄り添い一体化したかんぴょう巻きと、どれを食べてもみずみずしくてウットリとなる。
    なるほどこうしてお土産にしておいしい日本の料理はみんな、どこかに潤い保っているのネ。
    シットリと煮たお揚げでご飯をくるむ知恵。
    酢飯を海苔でくるんで乾かぬようにした上、中に煮込んだかんぴょうを入れシットリ感を忘れぬようにと。
    なんてやさしい料理なんだろう…、って思ったりした。
    指を匂うとお揚げの香り…、なんだか得した気持ちになって仕事をします、水曜日。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    志乃多寿司~!
    子供の頃、志乃多寿司の卵で巻いた太巻きが大好きでした。
    いつも同じ職人さんが作ってくれて、今でもおじさんの顔を覚えています。
    ここのお寿司、なつかしいですし やさしい味だったなあって思います。
    やさしい味って、食べ飽きなくはないですか?

    神田グランドセントラルホテル。
    宿泊プラン、お得なお値段なんですね。
    このレストランもステキ。
    東京の状況が全くわからなくなっていますが、行きたいなあ・・・って思いました。
    ねえねえさん / 2010/07/01(Thu) /
    やさしい味
    > ねえねえさん
    やさしい味のお料理って、確かに一度は食べ飽きるんです。
    でもいつか思い出す。
    そして戻っていくように思うんですね。
    刺激的になれてしまうと、物足りなさを感じるけれど、でもまた絶対もどってく。
    そんなステキがあるように思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/01(Thu) /
    無題
    最近は、ビジネスホテルでバイキングって減ってきているような気がします。
    焼きたてパン無料!+ドリンクバーみたいなところが多くなって寂しいです。
    そういえば、先日スマステーションで「あけびの実」がとりあげられていました。
    夜は天ぷらや焼き魚もあるようで、夜のバイキングも行きたくなりました♪
    あっくんさん / 2010/07/01(Thu) /
    そうなんですね。
    > あっくんさん
    おやおや、そうなんですね。
    週末の昼や夜は今でも予約がとれないことがあるのに、これでまたしばらくは大混雑ですね、アケビの実。
    ここの夜は本当にコストパフォーマンスがたかいですよ。
    サカキシンイチロウさん / 2010/07/01(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    オムレツご飯でグレースの朝 HOME 南国的なる今日のあれこれ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]