忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    料理作りに必要な、ちょっとした買い物をしに大久保の韓国広場。
    ついでに昼でも食べていきましょう。

    2d5d78dc.jpegそれで「カントンの思い出」にやってくる。
    夜は鍋にサムギョプサル。
    それにマッコリという、今の大久保で一番元気があるであろう居酒屋的なる韓国料理店。
    昼はビビンパや麺を中心にunder1000円という、気軽な値段でお腹いっぱいをたのしめる。
    それで満席。
    どこかのテーブルが開けば必ず新しいお客様がやってきて、そのテーブルを埋めていく。
    行列ができるほどではないけれど、決して空きのテーブルができないという長続きする繁盛店の条件満たす見事なお店。
    それにしても大久保。
    ドンキホーテの周辺の大きな道や路地という路地。
    どこも人で溢れかえってて、にぎやかなることお祭りのごと。
    しかも韓流おばさまだけでなく、若いカップル、大ファミリーといろんな人たちがぞろぞろ歩く。
    小さな韓国という風情。

    009beaa5.jpegメインの料理をひとつたのんで、それに追加でラーメンだとかうどんだとかをセットで付けることができる。
    例えば「辛ラーメン」が250円。
    韓国のインスタント袋麺ですな。
    使い込んだアルミの鍋でグツグツ煮込んで、細切れ野菜とおでんをバサッ。
    玉子をポトンと落としただけの料理と呼ぶにはあまり簡単すぎる料理でだけれど、おいしい。
    これがメインでこれでお腹いっぱいになりなさい…、ってそう言われたら哀しくなるけどスープ代わりと思えば、これもまたよし。
    やって来たときにはまだまだちょっと固めの麺の仕上がり。
    ホジホジっとしたのをズルズルしてるとそのうちそれが、ヌルンと完全に熱が入ってなめらかになる。
    その食感の変化もご馳走。
    かなりきつめの辛味と旨味が、とてもジャンクで癖になる。

    91e7c6db.jpegメインを麺にしたときは、これまた追加で「キンパ」をたのむコトができる。
    韓国風の巻きご飯。
    酢飯じゃなくて普通のご飯を使っているので、巻き寿司じゃなく巻きご飯。
    ソーセージだったりナムルにおでんと、中の具材のどれもがしっかり味がついてるモノばかり。
    海苔も味がついている。
    ごま油の風味もかりておいしくなってく。
    ビビンパを海苔で包んでたべてるみたいな、そんな感覚。
    日本の巻き寿司よりもちょっと固めにギッチリ巻かれて、ご飯同士がくっついている。
    歯ごたえだからちょっと頑丈。
    口の中でばらけることなく、最後の最後まですべてが一緒になくなっていく。
    キンパならでは…、これも好き。

    メインでとって感心したのが「牛スジ石焼ご飯」っていうこれ。

    90134fb7.jpeg石焼の釜。
    ご飯にクタクタになるまで煮込んだ牛筋タップリ。
    それにジャジャン麺の味噌をあわせた、なるほどレシピ。
    牛スジだけではご飯に味をのせるまでには至らない。
    他に味を加えなくっちゃいけないところを、ジャジャン麺の甘辛い味噌。
    しかも中に透き通るまで炒めたタマネギが角切りで一杯はいった、スベスベ味噌を合わせるというこのおもしろさ。
    最近、韓国ではご飯にジャジャン麺の味噌をかけた「ジャジャン飯」なる料理がかなり流行ってるらしくて、それのなぞり。
    しかもそれを贅沢にしたたのしいご馳走。
    グルグルかき混ぜ、お焦げを作り、牛スジの脂の風味ととても力強い肉の旨味がとけ込んだ熱々ご飯をハフハフ食べる。
    食べてるうちに、どんどん味噌の水気がとんで肉の風味と混じりあいまるでビーフシチューご飯のようになってく、面白い。

    韓国料理の世界はどんどん、たのしい料理を作り出してる。
    それに比べて洋食世界の最近ちょっとおとなしいこと。
    例えば韓国料理と洋食。
    そのいいとこどりで、今までなかった、けれどわかり易いおいしさのある料理ができるんじゃないのかなぁ…、って、そんなコトを思ったりした。

    そして夜。

    52bead08.jpeg自宅でおかずをいくつか作る。
    豚ロース肉の薄切りを、切らずにそのまま下味ほどこし小麦粉はたき、カリッと油で焼き上げる。
    焼いてる間に出て来た脂をキレイに拭き取り、すき焼きの割り下用のタレを少々。
    お酒に醤油で味を整え、生姜をタップリすり込んだちょっと甘めの生姜焼き風タレをからめて、仕上げたメイン。
    それに甘い卵焼き。
    ほうれん草を洗って塩水にちょっとはなって味を入れ、それをそのままフライパンで焼き上げたもの。
    一緒に魚肉ソーセージ。
    バターで照りと風味を加え、それが今日の晩ご飯。

    夜になるとかなり寒くなってくる。
    お風呂をためて今日はユックリつかりましょうか。
    今年もあと2ヶ月ちょっととなりました。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    私も昨日、ランチ食べに行きましたよ。牛すじのビビンバ食べましたよ。もしかして・・・入口近くのテーブルで食事されていませんでしたか?
    繭香さん / 2009/10/26(Mon) /
    そうです!
    > 繭香さん
    そうです、そこで食べてた太った中年おじさん二人組です。
    同じ空間で食事をたのしんでいたなんて、なんだか奇遇ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/26(Mon) /
    おぉ~!!
    ちょうど、外で席が空くのを待っていて、座って待っていたんですよ。
    窓ガラス越しにお店の中をのぞいたいたときに偶然視界に♪

    いつの日かサカキさんとご一緒できるチャンスが巡ってきますように。福岡に来られる際はお声おかけください。




    繭香さん / 2009/10/26(Mon) /
    あらあら
    > 繭香さん
    なんたる偶然。
    ここまでの接近遭遇ってまたスゴいことですね。
    ぜひ、ご一緒できる機会をたのしみにしておりますです。
    サカキシンイチロウさん / 2009/10/26(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    雨がふるふる弁天庵 HOME ロックンロール
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]