忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を冷たいパスタではじめる…、ここ最近の日曜定番。
    今日はなかなかに状態の良いからすみを、メインの素材にしてやろう…、と,それでちょっと工夫をします。
    からすみの味をパスタにまとわせるのは少々難儀。

    karasumi.jpgなにかと一緒にこびりつかせてやろうとそれで、ブロッコリを良く茹でる。
    茎の部分は取り除き、花の部分をヘラで抑えてピュレ状にする。
    それと一緒に刻んだ白ネギをよく焼いて、甘みをだして塩と胡椒をほどこしそこに潰したからすみ。
    粗熱とって冷蔵庫の中でさまして味の基本の部分を作る。

    イカそうめんを白出汁につけ下味つける。
    茹でたズワイの脚肉ほぐして具材の準備を終えたらパスタを2分とちょっと。
    茹でて水でザブザブ洗う。
    ギリッと麺がしまってきたら、ブロッコリとからすみ、ネギのピュレと合わせて手でもんでいく。
    グイグイ揉んで、パスタの表面に味をまとわせお皿にもって、ナイフで削いで薄切りにしたからすみちらして出来上がり。
    金沢産のかなりコッテリ濃厚味で塩もビリっときいたからすみがネットリ、口の中へとやってくる。
    干した魚卵独特の海のくさみがブロッコリの緑の香りでほどよく中和.
    しかもホロホロ、ブロッコリが口の中に転がる感じが全部からすみみたいに思えて、なんともゴージャス。
    ネギの甘味に香ばしさ、ムチムチとしたイカの食感、カニのフックラ、冷たいパスタがゴリゴリ歯ごたえ主張して、贅沢な朝、オゴチソウ。

    ところで昨日の夜のコト…、「西尾さん」で飲んで食べ、夜に〆を家で作った。
    pd.jpg前夜に作ったパエリアが残っていたのを使ってドリア。
    耐熱食器にパエリアを入れ、使わずおいたタコの頭を細かく切ってミートソースとチーズで蓋してオーブンの中でこんがり焼いた。
    もともとゆるめに炊けていたパエリアご飯がミートソースと一緒になって、トロトロ、まるでご飯の粒まで挽肉みたいな食感になる…、ソースだらけのラザニアみたいな風合いで焦げたチーズがガリガリジュワリと風味豊かで、そこだけピザを食べてるみたいな気持ちがしてくるオモシロさにて、夜のお腹が満たされる。

    そして今日の昼のコト。

    44f72c00.jpeg雨があがってちょっとお外へ。
    週末のヤボ用すませて四谷三丁目にもどってきます。
    家に帰る前に昼をと、それで「新記」に。
    香港麺の専門店。

    麺を食べたいと思ってそれで。
    どんな麺にしようかと、あれこれ選択肢を考える。
    冷たいパスタは今朝食べた。
    喜多方ラーメンの店では確か、冷たいラーメンをやっているはず。
    冷やし中華じゃない冷たい麺。
    駅の近くの弁天庵のざるそばもいい。
    尾張屋の冷たいゴマダレのきしめんも今日みたいな日には捨てがたく、けれど雨のお陰で蒸すけど暑いわけじゃない。
    それでバッサリした香港麺。
    冷たさで食欲引き出すのでなくて、麺の食感の持つ食べ心地にて今日の湿気を闘いましょう!
    ザクザクとした歯ごたえが、蒸し暑さに打ち勝つ元気をくれそうで、それで新記の香港麺の汁なし麺をたのんで食べる。

    プリプリとしたエビのすり身がタップリ入った茹でワンタン。
    魚のすり身のフィッシュボールに、すり身を混ぜて作った豆腐を揚げたモノ…、それに茹でた青梗菜にネギを散らした麺にオイスターソースと鶏のうま味のスープをかける。
    8e46d010.jpeg自家製のラー油をタップリのっけてグルンと、上から下へとかきまぜてズルンズルンと噛んで味わう。
    ザクザク歯ぎれる麺の食感が、ひと噛みごとに食欲くれる。
    セットで排骨飯をもらった…、排骨と書いてそれが豚バラ肉をザックリ揚げた料理を意味するときと、骨付き豚肉を骨付きのまま蒸した料理を指すことがある。
    どちらもおいしく、どちらもご飯のお供にピッタリ。
    ココのは蒸して仕上げるタイプでそれをドッサリご飯の上にのっけて蒸したときに滲んだ豚の脂と一緒にハフハフ…、キレイにできた鶏がらスープと一緒にお腹におさめて笑う。
    おいしいモノを食べたあとには、自然と笑顔が出るものです。



    関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

     

    拍手[6回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    冷蔵庫の在庫整理の今日の夜 HOME 西尾さん
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]