忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    明日が祝日…、午前中はユックリできるというコトで、ぼんやり夜更かし。
    そしたらなんだかお腹が空いた(笑)。
    何か作って食べようとうどんを茹でる…、半生麺のさぬきうどんで高松にある「池上製麺所」のライセンスになるうどんであります。
    袋にかかれた「るみばあちゃん」はうどん打ち名人の名物ばあちゃん。
    グーグルの検索ボックスに「るみ」と入力すると、その段階でいきなり「るみばあちゃん」と変換候補がでてくるってことは本当に有名になっちゃったんでしょう。
    「るみばあちゃんのおうどん」と表記があるけど、おうどんの「お」は、るみばあちゃんに対するリスペクトを表現するため付いているってボクは思った。



    タップリのお湯で13分。
    ときおり麺を箸でさばいて茹で上げて冷たいお水でザブザブ洗うと、クッタリとした麺がシャキッとひきしまり、芯が通ったようになる。
    お椀の中に讃岐の生醤油…、出汁の旨みが入った醤油をタップリいれて、水を切ったうどんを入れて、グルングルンと手でかき混ぜる。
    茹でたばかりの麺が何かを飲み込みたくて、うずうずしているところに醤油が触れたからでしょう…、ゴクゴク飲んでうどんがたちまち色づいていく。
    大根おろしをタップリと大根汁と一緒にのせて、すだちを搾ってズルンと食べる。
    半生麺の独特の硬めの食感、噛むと塩味、小麦の旨味が広がる麺に生醤油風味の大根おろしがからんで旨い…、ジアスターゼ効果で食べてもお腹がすぐにすいてきそうな危険な味わい、オキニイリ。

    そして祝日、朝にパスタを作ってはじめる。



    まだまだ冷たいパスタがおいしい時期でもあって、生のパスタを茹でて氷でキリッとしめる。
    具材はピーナツオイルになじませたトマトにパプリカ、軽くグリルした帆立の柱。
    茹でたパスタをボウルにいれて、イカの塩辛とピーナツオイルを一緒にグイグイ揉み込みそれを下味にする。
    具材をくわえて、フレッシュバジルを千切ってざっくり混ぜあわしたら、お皿に移して出来上がり。
    シコシコ歯ごたえたくましく、キリッとしめた生のパスタならではの粘りをもたぬ食感と、多彩な具材の味わいたのしい風味豊かな朝のゴチソウ。
    野菜をタップリ食べたような感じがするのもアリガタイ。

    タリーズにて待ち合わせ…、ついでにお茶とアサイーを飲む。
    最初はアサイーヨーグルトとしてやってきて、それがいつしかヨーグルトドリンクじゃなくて豆乳で割るようになりアサイーソイベリーというのが定番化していたのだけど、なんと来たらば「ヨーグルトアサイー」というメニューがあった。
    おやおや、なつかしいじゃない…、と思ってたのむ。



    そしたらこれ…、ぽってりタイプの飲むヨーグルトを下に沈めて上にアサイーってレシピでござった。
    だからストローを突っ込んでそのまま飲むと、ぽってりとしたヨーグルトの味しかしないの…、だから混ぜる。
    混ぜるんだけど、比重の違う物体がなかなか交じり合わない上に氷がタップリ入っててそれがバラバラ飛び出してくる…、ごめんなさいネ、テーブルの上に氷が飛び出し濡らしてしまう。
    それにしてもアサイーって今ではかなりいろんなところで見かけるようになったけど、チェーンストアとして最初に取り組んだのってたしかタリーズだったような気がする…、本家の味か(笑)、さぁ、仕事。

    ところで…。

    今の時代に都会にあって「食べる」というコトの現実を考えさせてくれる動画。
    本来、カラスを追いやる目的で作られたのに、カラスに使われ、化学工場のような食品工場のメンテナンスをしているカカシ。
    「Natural」とは程遠い食品を「Natural」と書かれていれば安心し、ただただ人に食品を供給するため育てられている家畜のコトを誰も知らずに食事をしている。
    目覚めたカカシが看板だけの「Natural」から決別するという話。



    最近、よく見る話のように思えるけれど、実はこれ。
    「Chipotle」って言う、アメリカで最近、注目を集めているブリトー専門のメキシコ料理のチェーンが作ったモノなんです。
    http://www.chipotle.com/en-US/Default.aspx?type=default
    しかもこのカカシを主人公にしたiPhone、iPad向けのゲームアプリまで作ってる。
    野菜をおいしく食べる提案…、地球にやさしく体にやさしいビジネスを心がけているんだという企業理念をこんな形で表現するって、ステキだなぁって思います。

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    パニーノに蕎麦 HOME おやつにおやつに晩ご飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]