忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年はじめてのお寿司を食べる…、渋谷の街の天下寿司。
    c9927a6a.jpg昨年後半に出会って、たちまちとりこになった店。
    120円均一という安さのクセして、ネタは確実、お店の人も気持よくなにより人肌にこだわったというスッキリとしたうま味を持ったシャリがおいしく、お腹いっぱいになるたのしみがある。
    ちょうど渋谷で午後から軽く打ち合わせ…、それでランチ開始のちょっとあとという時間帯にてやってきたらばもう10人ほどがニコニコしながら寿司を食べてる。
    漬けのマグロに茹でたエビ…、どちらも定番、安定している。
    イカは少々、塩がきつくてスベスベし過ぎでまぁ、しょうがない。
    けれど赤貝、あるいはウニは普通の寿司屋でも通用するようなクオリティーにて、ちょっとサイズが小さいだけで、こうした安く仕方もステキ。

    a7432d96.jpgそれから巻物。
    ココの名物に「カンピョウわさび」って細巻きがあるんですよ…、とここのコメントで教えてもらって先日、かんぴょう巻きにわさびをつけて食べてみた。
    それはそれでおいしんだけど、メニューに実はあるんだと。

    そうも言われて、それで今日。
    たまたまボクの向かい側にいた人が「カンピョウわさび一本ネ」って注文をする。
    お店の人は「カンワサ1枚!」。
    ありゃありゃ、メニューに書かれてはいないけど、やっぱりあるんだ。
    それでたのんで食べてみる。

    うん、おいしいです。
    コッテリとしたカラメルっぽいカンピョウの甘辛い味にわさびがビリッと辛味を添える。
    クセになります…、オゴチソウ。
    それからかっぱをたのんでカリカリ。
    キュウリの青い香りとみずみずしさに、お腹がシャキッとひきしまる。

    ところで先日、大間のマグロがバカみたいな値段で売れたってニュースをみました。
    土地付き一戸建てがゆうゆう一軒買える値段で、香港の寿司屋なんかに一番高いマグロを買わせてなるものか…、って競争心と宣伝効果を考えた下品な値段。
    被災地の東北に元気を上げたいからって、笑いながら買った会社の社長が言ってた。
    けれどそれなら東北に揚がるマグロ全部をちょっとづつ高い値段で買うって保証をしてあげるなら、もっと沢山の人を支援することができるのにネ。
    大人ビジネスの道具になったマグロは死んでも浮かばれまい…、って思ったりした、なやましい。

    スタバでちょっとひとやすみ。

    edeee605.jpg新春ことほぐ日本のお茶をいただくことにいたします。
    ほうじ茶ラテを豆乳で!

    で、これがおいしい。
    小豆抹茶もそうだった。
    日本のお茶には豆乳があう。
    ほうじ茶みたいにひねてくぐもる暗い香りの飲み物ですら明るい緑の香りがしてくる。
    ミルクで割ると、乳脂肪分とお茶がちょっと喧嘩をするのでしょうか。
    砂糖で無理やり両方をつながないと口の中でバラバラになる。
    けれど豆乳。
    お茶との相性が良くてほんのり甘い程度で十分、お茶と混じり合う。
    豆乳は泡があんまりたたなくて時間がたつとプチプチ、泡が壊れて気泡がでてくる…、それだけ我慢してやれば、かなりのおいしさ。
    クセになる。

    ただ、他のお店でもそうなんだけどセルフ系のコーヒー屋さんのティー商品。
    ティーバッグが中に入ってやってくる。
    それをどこに出してあげればいいものか…、といつも迷って結局、ずっとカップの中に沈めてしまう。
    すると渋くなっていくのです。
    それもかなしい程に容赦なく。
    あわてて立ってトラッシュボックスまで歩いていって、ティーバッグだけをポトンと捨てて戻ってくるようなコトになる。
    ちょっと配慮がほしいかなぁ…、って思ったりする、まぁ、しょうがない。

    194c963e.jpgおやつの時間というコトもあり、お菓子をひとつ。
    実はスティックに刺された小さなお菓子。
    ポップシリーズの中からひとつ。
    キャラメルアップルっていうのをたのんで試したかった。
    けど、言い方が悪かったんでしょう…、やってきたのはキャラメルコーン。
    しかも「温めますか?」っていう質問をぼんやり聞いて、ええって言ってしまって後戻りができなくなって、それでコレ。

    かなり大きい。
    しかも温められたキャラメルの香りと艶が強烈で匂いだけでお腹が膨れてしまいそう。
    ボソボソしてはいるのだけれど、口に入れるとトロンととろけてクリーミーになってくおいしいお菓子ではある。
    けれどこれをスコーンと呼ぶのに、いまだボクには抵抗がある。

    イギリス生まれのスコーンにマフィン。
    アメリカにやってきた途端にまるで違った進化を遂げる。
    進化がすべてすぐれた方向を目指して行くかと言うと決してそんなコトはなく、ワタクシ的には進化の前の原種の方が好きだったりする。
    特にマフィン。
    アメリカ的なるマフィンってあれは、カップケーキじゃございませんか?
    しかも本家のマフィンのコトを、イングリッシュマフィンと呼んで、自分たちのマフィンのコトをアメリカンマフィンとは呼ばぬ傲慢。
    まぁ、ラグビーフットボールやアソシエーションフットボールを向こうにまわして、あからさまなる戦争ゲームにフットボールと名前をつけてしまえる人たち。
    ちと、厄介。
    コレを食べるのだったらドリップコーヒーたのめばよかったのになぁ…、って思いながらも気づけば完食…、さてひと駅分歩いてカロリー消費に務めることにしましょう…、行ってきます。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    はじめまして! マフィンと言えば
    はじめまして! いつも面白く拝読しております(おいしい店とのつきあい方も)
    今日のエントリーを読んで、アガサ・クリスティの「バートラム・ホテルにて」の冒頭を思い出しました。
    イギリスの老婦人がロンドンの古いホテルのティールームで「ほんもの」のマフィンを食べながら、アメリカの「マフィンなるもの」を「干しブドウなんか入れたオヤツ用のケーキ、あんなもの」とくさすシーンがあるんですね。
    古きイギリスのきりりとしたオールドレディと、日本のするどくて優しい素敵な完成をお持ちのサカキさんが同じことを仰っているのが、とても面白かったので、ついつい…
    さとっぷさん / 2012/01/06(Fri) /
    なんとたのしい
    > さとっぷさん
    アガサ・クリスティもそう書いてらっしゃる…。
    なんてたのもしいコトでしょうか。
    イギリスのマフィンやスコーンはジャムやマーマレードを味わうためにあるモノなんだと思いますよね。
    そしてアメリカのそれらは、それ自体を味わうためのたしかにお菓子。
    文化が違うと、その進化の方向もまるで違ったものになっちゃうという事なのでありましょう。

    はじめまして。
    コメントどうもありがとうございます。
    またステキでたのしい書き込み、お待ちしております。
    サカキシンイチロウさん / 2012/01/06(Fri) /
    カンピョウわさび
    試して頂けたんですね!
    しかも「オゴチソウ」のお墨付きまで頂いて…ご紹介した方としても嬉しいです。
    (お店の関係者じゃないですよw)
    ここの巻物はどれも美味しいので、春になったら巻物だけで持ち帰りの折を仕立てて貰い、花見にでも行こうかと思ってます。
    タカハシケムヂさん / 2012/01/07(Sat) /
    巻物
    > タカハシケムヂさん
    たしかにココのシャリと海苔の相性がいいように感じます。
    カチッと巻かれた具合もよくて、隣の人が食べていたカリフォルニアロールが気になってしょうがなかったです。
    かんぴょうわさび。
    クセになるなかなかのできばえ…、教えていただいてどうもありがとうございました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/01/07(Sat) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    筑前風の居酒屋の夜 HOME 初ライン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]