忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    松山から電車に乗って、ガタゴト、高松。
    東京に帰る途中で、仕事半分、母を訪ねる。
    高松駅の程近く。
    海を眺める風通しのよい気持ちいい部屋。
    前の家から運び出してきた家具がキッチリ納まっていて、場所は変われどまるで昔の部屋に戻ってきたような、そんな気持ちになれてニッコリ。
    ほっとする。

    料理を作ってもらいます。

    957fb28b.jpeg瀬戸内素材の煮付け、あれこれ。

    ソラマメ。
    鯛の子、それから山菜。
    山で採ってきたという細いフキ。
    繊維のひとつひとつがとても細やか。
    なのにシャキッとハリがあり、香りさわやか、小さい癖して味がある。
    それからお揚げと野のわらび。
    噛むとヌルンとぬめりがでてきて、春の滋養をじんわり感じる。

    牛のカツレツ。

    d9bac527.jpeg赤身の強いロース肉を、しかも脂を全部きれいに取っ払い包丁の背でタンタン叩く。
    ボロッとほぐれる寸前くらいまで肉の繊維をほぐしたモノに、細かなパン粉をビッシリつける。
    植物油でカラッと揚げた、うちのカツレツ。
    分厚く揚げるとどうしても、衣が油を余分に吸い込む。
    だからお肉は薄作り。
    最近、母。
    コレステロール値が高いとお医者様に叱られたらしく、だからこうした揚げ物はひさしぶりなの…、ってうれしげに食べる笑顔がかわいらしい。

    はまちの塩焼きに、お味噌汁。

    35f0cea1.jpegこっちに来て、何がうれしいって売ってる魚がみんな活きてるというところ。
    魚屋さんに、これ、お刺身で食べられる?って聞いたら、うちの魚はみんな活きてるよ…、って言われるのよね…、って。
    しかも安い。
    魚と野菜の安さと良さは驚くばかり。
    逆に油や粉や牛乳が、高いのにはびっくりするの…、と。
    大量消費で安くなるもの、ならぬもの…、ということなのでありましょう。

    刺身で食べれる魚を焼いて、塩と生姜で食べるしあわせ。
    シットリとした身の風合い。
    旨みの影にそっと潜んだ、ほのかな酸味が活きてた魚の名残りを伝える、たしかにおいしい瀬戸内魚。

    それにしても母が作るお汁はなぜだかおいしい。
    ご飯をお替り。
    ごちそうさま。
    讃岐のてんぷら。
    それからおかずをタップリもらって、家を出る。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    高松
    サカキさんのおかあさんの住んでるトコの近くに
    もう25年前位ですが住んでました。
    あの頃、もっと食材とかに興味持ってたら、もっと楽しい食生活できたのに…って
    今日の文章読んでて今更ながらに思っちゃいました。

    確かに、定食屋にしても安くて美味しいとこあったなぁ。
    近所にある小料理屋の煮魚のランチ
    (新鮮なヤツを目の前でさばいて5分くらいさーっと煮ただけのやつ)
    が美味しくてよく通ってました。
    まりおさん / 2009/05/16(Sat) /
    高松ご飯
    > まりおさん
    ボクの母。
    高松に帰ってしばらく、うどんがあまりにおいしくてそればっかり食べてたら、太ってお医者様にしかられた…、って言っていました。
    安いものがおいしい。
    おいしいものが安い。
    そんな田舎はステキですね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/16(Sat) /
    良いですね~。
    お母様が作ったごはんを食べられて良かったですね。きっと普段東京で食べるどんなものよりも「あ…美味しいな。落ち着くなー。」って思うんじゃないですか…?
    りりこさん / 2009/05/17(Sun) /
    食べすぎちゃいますね。
    > りりこさん
    「おいしい」っていうんじゃなく、「たのしく」って、いくらでも食べられちゃいました。
    かなり食べすぎ。
    でもすっきりおなかの中にストンと納まっていくご馳走でした。
    何より、母が元気そうなのが一番のご馳走でした。
    サカキシンイチロウさん / 2009/05/17(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    朝からかき揚げ、雨上がり HOME 松山・朝餉・海、近し
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]