忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    玉子を焼きます。

    c3b2ac46.jpeg具材はハムとピーマンだけ。
    どちらも小さな正方形にきざんでおいて、油をひかぬフライパンでから煎りします。
    火を通すのが目的じゃなく、中の水分、吐き出させ甘みを風味を出すために、カラッと炒ってそこにバターをポタンと落とす。
    ユルンと溶ける、そのタイミングにて溶いた玉子をジャジャッと入れる。
    端から徐々に火が通ってく。
    かたまりはじめたところをはがして、中に移して揺すると再び端がユックリかたまっていく。
    何度も何度もその行程を繰り返すうち、玉子がよれて紐のようにかたまってくる。
    このタイミングで手首のスナップきかせて鍋を揺すると、オムレツ型になってくる。

    …、はずなんだけど、どうしてもボク。
    具材を沢山いれすぎて、いつも破裂させてしまう。
    今日もそう。
    ハムとピーマンの卵とじと、ハムオムレツの間の子みたいなモノになる。
    これを出来損ないと感じてしまうと朝が哀しい。
    具だくさん過ぎ贅沢オムレツと受け容れて、朝をたのしむコトにする。
    良く焼きトーストをサイドに添えて、フワッと玉子の食感と、カサカサとしたトーストブレッドの乾いた食感、同時にたのしむ。
    色鮮やかな朝になる。

    ところで先日、ひさしぶりに食事を一緒にした友人に、こんなステキをもらいます。

    a790d5b9.jpegエルメスのキーチェーン。
    イノシシのモチーフがとてもかわいいアクセサリーで、お店で偶然これをみかけて、確かサカキさん、亥年だったはずって買ってみたのって、渡してくれた。
    1960年という生まれ年は子年なのでありますけれど、誕生日自体は節分前。
    だから暦の上では一年前の亥年生まれ。
    思慮深くって知性ですべてを片づけるネズミの性格。
    猪突猛進にして情熱的なイノシシ的な性格のその両方の間をいったりきたりする、ボクはたしかにハイブリッドな存在かなぁって、とても拙い自己分析(笑)。
    ボクが苦労をしていたときに、とても心配をおかけした。
    今でもこうして気づかって、あれこれ声をかけてくれるのがうれしい限り。
    それにしてもコレ。
    笑って見えたり、怒って見えたりするのが不思議。
    見る人の気持ちで顔の表情が違って見えるモノなのでしょう…、いつも笑顔でいられますよう、お守りがわりにさせてもらいます…、ありがたい。

    不思議な動画を一本、貼ります。

    「Tell No One」っていうロンドンをベースにしたアートユニットの作品で、ずっと「止めた時間を重ね合わせる」表現方法を創作活動のメインにすえてる。
    この「Seaweed」って作品は現段階で、その完成形。
    「海藻(=seaweed)」ってタイトルの通り、人の手が次々かさなり海藻のような形状を作り出してく。
    止まった時間。
    止まった腕と手。
    ところが目を凝らしてよく見てみると、止まって貼り付く手と腕がユラユラ、水の中で揺れるかのように動いてる。
    心地よい音楽もまたステキ。

    Seaweed from Tell No One on Vimeo.


    それにしても最近、映像世界の試みっておどろくほどに多様で多彩。
    簡単に画像、動画が撮れるようになり、編集するためのツールが次々開発されて、昔だったら相当な労力とコストを必要としたうコトが、すんなり出来てしまう今。
    いい作品を作るのに必要なのは、イマジネーション>パッション>予算…、ってコトになったからなんでしょう。
    人のイマジネーションの数だけこうしたアートができてくる。
    ステキなコトと思います。
    こんな作品をみるたびに、ボクも作ってみようかなぁ…、って思いはするけどハードル高し。
    ボクはまだまだ見るサイド。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    nanoナノ…。 HOME びっくりドンキーイケブクロ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]