忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと会社を抜けだして、資料を取りに四ツ谷に向かう。

    bentoobt.jpgその途中。
    昼食の時間にはまだまだ早く、けれど今日の事務所仕事は忙しい。
    下手をしたら昼を食べそびれるコトもあるかもしれないなぁ…。
    そうだ、おむすび買って、会社のランチに備えようと。
    いつも朝ごはんを食べてるお店のテイクアウト専用の売り場に来ます、おむす人。

    ちょっと早めの昼の時間帯。
    お店はブンブン、モーター音を発するがごとの大忙し。
    いつもやってくる朝の時間もいそがしそうではあるけれど、お店の中の人同士でニコニコおしゃべりできるくらいの忙しさ。
    ところが昼はみんな無口で真剣な顔。
    握り手3人、オカズの揚げ手が1人揃って、一生懸命、お弁当パックを作ってる。
    注文受けてからつくっていては、ランチタイムに間に合わない。
    だから事前にむすんだおむすびを、パックに詰めてズラッと並べる。
    ちょうどボクが行ったときにはその出来立てが一度にズバッと完成し、よりどりみどりで一個を選ぶ。
    手にとったらばまだほかほかで、なんだかスゴくうれしくなった。

    4f473f82.jpgおむすびが2個。
    それにオカズがだし巻き卵とソーセージ。
    ここのだし巻き卵は甘い。
    プチュンとしてて、みずみずしくて口の中が潤うゴチソウ。
    まるでプリンのような味わい。
    片手でつまめる塩味プリン…、そんな感じのオキニイリ。

    それから揚げたウィンナさん。
    不思議なものでお店で食べるより、時間がたって冷めて食べる方がおいしく感じる。
    油が落ちてさっぱりとした食感になる。
    カサカサとした表面と、プチュンと歯切れるたしかな歯ごたえ。
    これでタコさんみたいになってたら、ほぼ完璧なチープだけれどココロ弾むようなたのしい味わい。

    2個のおむすび。
    ひとつは辛子明太子。
    プチプチ弾ける魚卵がゴチソウ。
    もうひとつはちょっと変わった具材にしました…、「葉唐辛子」でございます。
    大人になるまで知らなかった。
    ピリッと辛い大人の具材。
    ちょっとひねた風味がひろがり、噛めば噛むほど醤油のコクある味が広がり海苔の風味をひきたてる。
    キチッと固めに仕上がったお米がパラッと口にちらかり、蒸気をタップリ含んだ海苔がまるで佃煮みたいになってく…、お腹にズッシリたまる満足。
    さてさて仕事をいたします。

    夕方、会社のみんなと食事。

    2d0440ac.jpg水道橋の駅の近く。
    目立たぬ場所にある「太湖飯店」という中国料理のお店に来ます。
    ランチはかなり混雑してて、けれど夜は商売ッ気がないんだかどうなんだか、やっているのかどうか分からぬ控え目で、常連さんだけの会員制レストランみたいな、密かな雰囲気。
    それが結構、好きだったりする。
    昔から、ずっと贔屓で、会社で何か大きなイベントの準備をして、残業帰りにみんなでご飯を食べにいこうよと、よく選んでた。
    そこに今日。

    お酒を飲むとゴキゲンになる人達と、一緒にやってきて、それでまずは前菜をいただきましょう…、と。
    宴会気分に盛り上がる。

    クラゲに蒸し鶏、それに豆腐の醤油漬け。
    コリコリ、カリカリしたクラゲ。
    クラゲはフッカリした食感の方が上等なんだよと言われるけれど、これは好き好き。
    奥歯を叩くようなカリッとした食感のクラゲも旨い…、悪くない。
    乾燥させた豆腐を中国醤油に漬け込む、見た目はまるで肉のように見えて実はフッカリ、キュッキュと歯が痒くなるほどの歯ごたえたのしい前菜。
    湯葉と高野豆腐の中間みたいなスベスベしてて、フッカリ歯ごたえたのしい素材の力強さにニッコリします…、何よりお酒がグイグイすすんでいくのがたのしい。

    93a2ac0b.jpgそれから料理をあれやこれやと。
    ココの店。
    昼はいつも満席で行列までができる人気のお店のひとつで、だから大衆的なる料理がキチンとおいしい。
    エビチリよりも酢豚やマーボー豆腐のような大衆料理。
    ご飯のオカズにピッタリするような濃い味仕立ての料理が旨い。

    例えば鶏とカシューナッツというこの料理。
    普通は油と唐辛子。
    少しの酸味でキリッと味を引きしめてサラッと仕上げる、お酒が進むスッキリ料理。
    ところがココの。
    甘辛味噌でコッテリ味。
    フックラとした鶏のぶつ切り肉にナッツの歯ごたえクシャッとご飯のオカズにピッタリに仕上がってる。
    まぁ、これで飲む生ビールや焼酎お湯割りなんていうのも結構、旨い。
    不思議なコトに紹興酒だけはちょっと合わない気がしてしまう…、それがなんだかオモシロイ。

    他にもあれこれ…、一品料理をたのんでみはするけれど「旨い!」と素直に思える料理は例えば餃子。
    あるいは春巻、つまりどんな店にもあってけれど高級な店であればあるほど片手間料理になっちゃうモノがシッカリしていてウレシイ。
    特に春巻はパリッと揚がった皮も上出来、トロンと甘いとろみのついた具材もタップリ。
    ハフハフ舌を焼かぬよう慎重に、みんな静かに神妙な顔して食べる姿のたのしい。
    taiko.jpg塩味でトロンととろみがついたスープが上等で、しかもシッカリした味わいのエビの汁そば。
    お酒や仕事に疲れたお腹を、やさしくそっとなでまわし、胃袋ユルっと癒してくれる濃厚スープがまたゴチソウ。
    実はこの店で、ボクが一番好きな料理があんかけ焼きそば。
    細い茹でた麺を油でカリッと揚げるように焼く…、だから基本的にはプルンと焼きそばでところどころが挙げ焼きそばのようになっててその食感の変化がたのしい。
    醤油の風味が香ばしくって甘辛味のあんかけのタレも麺にからんでなんとも旨い。
    ここでこうして食事をすると、昔のコトをいろいろたのしく思い出す…、しかもたのしい思い出ばかりで、これがおいしい料理が持ってる不思議な力と思ってしまう、また明日。



    関連ランキング:中華料理 | 水道橋駅九段下駅神保町駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    550円の弁天庵 HOME ツナで味わういつものライン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]