忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    スターバックスで冷たい飲み物…、マンゴーパッションティーフラペチーノをショートサイズで作ってもらう。

    frappuccino.jpg冷たい飲み物がウレシイ季節になりました。
    それも普通に冷たいんじゃなく、容赦なくカチンと冷たい飲み物が。
    アイスデザートでもアイスクリームのようなほどよく冷たいモノは冬に食べておいしくて、これから夏に向かってはかき氷のような冷たさがウレシク感じる。
    今の季節はその中間。
    ジェラートっぽさがある飲み物が本当においしい。
    例えばフラペチーノがそんな飲み物。
    特にマンゴーパッションティーフラペチーノはサラッと喉越し爽やかで、お茶の風味と軽い渋みがフルーティーな味をキリッとひきしめる、今においしいオゴチソウ。

    それにしても、フラペチーノはなんでフラペチーノと日本で呼ばれるようになったんだろう。
    英語で綴るとFrappuccino。
    そのまま発音すればフラパチーノ。
    ローマ字読みにすればフラップチーノが相当ででもどれもよそよそしい感じがするのね。
    この飲み物が持っている、シャリシャリとした食感。
    冷たさ。
    そして甘い癖して重たくないとこ。
    溶けかけのかき氷みたいなところが、フラッペを連想させて、それでフラッペチーノ転じて、フラッペチーノになったんでしょう。
    スタバが来るまで誰も知らなかったこの名前が、たちまち浸透したのは、真新しいのに耳障りのいいネーミングによるとこ、大じゃないかと思ったりした。

    824dfb48.jpegそれにしても今日はクラクラするほど暑かった。
    午後から土砂降りになるかもしれないっていうのでゴム底の靴を履き、わりとしっかりとした装いで表に出たので汗をかく、かく。
    夜を家で料理を作る。

    家に帰る途中でデパ地下。
    新鮮なホルモンが肉屋にあってそれを買う。
    ツヤツヤしていてぷっくらしてて見るからに新鮮そうで買ってキャベツと一緒に炒めてみます。
    あらかじめホルモンがまとっていた甘辛タレに麺つゆをちょっとだけ足し、まずはホルモンからこんがり焼いてそこにキャベツをくわえて合わせる。
    フライパンの上でブリンと弾けるように焼かれていくさまが、あぁ、こりゃおいしいぞと予感させ脂の香りが甘くて食欲誘う。
    キャベツが脂をすって甘くなってくれるのもうれしくって、昼間の汗で流れでた体の栄養補う感じ。

    それから野菜…、ざく切りキャベツとキュウリを塩もみ。
    白出汁と輪切りの赤唐辛子をくわえてそのまま暫く休ませ、搾ってお皿にもったモノ…、本当はココに鰹節をまぶしたかったところなんだけど、在庫ゼロにてそれは断念。
    キュッキュと歯茎が痒くなるようなキャベツの食感がたのしくて、タップリ作ってモリモリ食べる。
    03dedd2c.jpegそれからタケノコ…、出汁と醤油でサックリ煮たモノ。
    今年はなぜだかタケノコが安くて、けれどその分、小さいモノが多いかなぁ…、毎週買って煮付けて食べてる。
    食物繊維がザクザクおいしく、ほろ苦くって春の香りが鼻から抜ける…、こういう料理、こういう素材がおいしく感じるお年頃(笑)、それもステキと思う夜。

    アベノミクスがどうだらこうだらで日本の誇る円の価値が相対的に下がっていく…、それがいいからって株価が上がるそんな日本って、立派に自立した先進国とは呼べないんじゃないのかなぁって思うボクって変なのかしら。
    同じお金で買えるモノがどんどん少なくなっていくのを諸手を上げて喜ぶ人が、この世にこんなに多いというのにもビックリします。
    世界では5ドルでどのくらいのモノを買えるの?という動画がありました。



    ちょっと前ならもっと買えたかもしれないのにね…、半年後にはどれだけ買えているのかもわからないのがナヤマシイ。
    笑っちゃうのがお米のくだり。
    アメリカで3キロちょっと、中国だったら5キロオーバー、そして日本で1キロ弱で、しかもワザワザ「日本の人はお米を買うのに高いお金を払っています」とキャプションまでがご丁寧にも入るほど。
    同じクオリティーの米であるとは思えないけど、それでもあまりに異常な状況。
    にもかかわらず世界有数の安くておいしい料理を作ってガンバっている飲食店の人たちって大変だなぁと思います。
     

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    サンドイッチにペヤングの蕎麦 HOME ポンチ軒
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]